■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アドベント・カレンダー
先日、2ヶ月以上 入院していた妻が、無事に退院することができました。

妻の事に関しては、
日頃から、精神的な面で、
自分の上位互換的なもの、ハイアー・セルフ的なものを感じて、
Korva が勝手に尊敬している Ariane さんにご相談をさせていただいていましたが、
Ariane さんご本人だけではなく、ご主人様や お母様にまでお世話になってしまい、
心から深く感謝しております <(_ _)>

今回のことでは、Ariane さんにご相談すべきだと強く感じて、
そうさせていただいたのですが、
偶然にも (本当は偶然ではないのでしょうが・・・)、
ご主人様が、妻の症状に非常に詳しい方で、
Ariane さんと共に、簡潔で的確なご助言を沢山 下さったことで、
絶望に陥りそうになりながらも、
何とか、1つの山を乗り越えることが出来ました。

advent_calendar


そして、妻の退院に際して、
Ariane さんから、退院祝いとして、アドベント・カレンダーをいただきました。
温かいお心遣いを、本当に有難うございます。

Korva は基本的に、お洒落なものには疎いので、
このアドベント・カレンダーというものを初めて知ったのですが、
クリスマスの日まで、1日ずつ窓を開けていって、
そこに入っているチョコレートなどのお菓子を
取り出せるようになっているもののようです。

妻はチョコレートが大好きなので、
毎日 窓を開けるのを楽しみにしています。
今日は、24日なので、24日の窓を開けてみましたが、
ひときわ大きい、熊(テディベア)のチョコレートが入っていました。

advent_calendar2.


一つの窓に、小さいチョコレートが2つ入っていた日に、
Korva も、1つもらって食べてみましたが、
このチョコレートは、ドイツ製の良い品ということもあり、
口溶けが非常に滑らかで、とても美味しかったです ^^



関連記事
未分類 | 14:04:02 | トラックバック(0) | コメント(10)
秋海棠
昨年、結婚15周年の記念に、妻と塩原温泉に行ったとき、
小さい秋海棠の苗を買ってきました。

shuukaidou1


この苗を家の花壇に植えたのですが、
冬には枯れてしまったので、
絶えてしまったのかなと思っていたところ、
春には、また芽を出して、
秋には、美しく可愛い花を咲かせてくれました。

shuukaidou2


記念として買った花は、
なぜか上手く育たないことが多く、
花と共に思い出まで消えるようで寂しく感じますが、
この秋海棠は、上手く根付いてくれたかもしれません。

妻は昔、ある人に、
スミレのような人と言われたことがあるそうですが、
私は、秋海棠の花の雰囲気が なんとなく、
妻に似ていると思うのです。



---

いつもご覧いただき、ありがとうございます<(_ _)>

今、妻の体調が非常に悪く、
私も自由に使える時間が限られてくるので、
しばらく、ブログなどは、お休みするかもしれません。



関連記事
自然 | 09:45:13 | トラックバック(0) | コメント(6)
Monolith-E08
ずっと作りたくて、なかなか作れずにいた Monolith-E08 を、やっと作りました。

monolith-e08_20170916


今、エージング中ですが、音に厚みがあり、開放的に朗々と鳴ります。
ボーカルは、小口径らしくない厚みと艶やかさとエレガントさがあります。
低音も、解像度が高く、音階も明確で、反応も素早い感じです。
チェロなどは、弓が弦を引っかくゴリゴリした硬い質感も、リアルに表現します。

Monolith-E08 は Extended Dual BLH で、Monolith-E08A と同じ構造ですが、
Monolith-E08A は、Alpair-6p 専用エンクロージャーで、
Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーです。

Alpair-6p は、非常に優れた8cmフルレンジ・ドライバーですが、
8cmフルレンジとしては、ドライバーを取り付ける穴(バッフル・ホール)が大きいことから、
スパイラルBLH などでは空気室も大きくなってしまうため、
BLH としては理想的な設計ができない場合があり、
Monolith-E08A も、少し大きめの空気室を持っていました。

その様なことから、Monolith-E08A は、
ミッド・ローの帯域が少し薄めかなと感じることがありましたが、
癖がなく、聴き疲れしにくく、クラシックなどには好適な音でもあるので、
まぁ、これはこれで良いかという感じで、使っておりました。

しかし、今回の Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーということもあり、
ドライバーに由来する制限もなかったので、何の妥協点もなく設計できました。

BLH は構造的に複雑なため、
理想的な設計と、ルックスの良さを両立するのが難しいのですが、
今回の Monolith-E08 では、これを完全に両立できたかなと思います。

Monolith-E08 は、
音の良さ、理想的な設計、デザインの良さ、
この三つを高いレベルで纏めることができていると思いますし、
Korva の考える 「 理想的な BLH 」 というものを、
やっと形にすることができたかなと感じています。



Monolith-E08 | 13:39:57 | トラックバック(0) | コメント(5)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。