■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Uzu-10 微妙にマイナーチェンジ

uzu-10_20130306


また、10cmフルレンジ用のバックロードホーン、Uzu-10 を作っています。

以前 作ったUzu-10 は、現在メインスピーカーとして活躍しています。
Uzu-10 は、穴開きバックロードホーン(HBLH)として作ったのですが、
HBLHとしての特性より、普通のBLHとして使ったほうが特性が良いので、
小穴を閉じて、普通のBLHとして使っています。

しかし、Uzu-10 は、HBLH として低域のディップを埋めるつもりだったので、
純粋なBLHとしては、設計的にベストではないので、
設計を少し変更して、また、もう1ペア作っているというわけです。

純粋なBLHとして、ディップを小さくするには、
ディップが生じる帯域で、ホーンロード(負荷)を強くかけることができれば、
その帯域での振動板の振幅が抑えられるので、
ホーンからの出力が増える反面、振動板からの出力が減り、
逆相の音によって相殺されることで生じるディップを小さくできます。

具体的な変更点は、空気室容積を僅かに小さく、
スロート面積を僅かに大きくしています。
まぁ、ほとんど同じなので、音的にも、ほとんど同じかもしれませんが・・・

Uzu-10 の音道は、約170cmですが、
これくらいのショートホーンの方が、ディップを小さくすると言う点では、
ロングホーンより有利かもしれません。
と言うのは、ショートホーンのほうが、ディップが生じる帯域の周波数が高くなるので、
fsの影響が減り、その帯域での振動板の振幅も小さくなるからです。

今使っている Uzu-10 は、
エージングが進んできて、ますます良い音で鳴っています。
あまり、BLHという方式を意識させないナチュラルな音質です。
意外にローエンドも伸び、堂々とした鳴りっぷりで、
音楽を楽しむ上で、不満を感じる点はほとんどありません。

これより、少しでも音が良くなれば大成功ですが、
なかなか難しいかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト


Uzu-10 | 11:06:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ