■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

S.M.S.L SA-S1+

SA-S1


たまには、スピーカー以外のオーディオネタなどを・・・と言うことで、
今回は中国製のデジタルアンプ、S.M.S.L社の SA-S1+(SA-S1+S-EX)です。

SA-S1+ に使われているチップは、
おそらく最も有名なデジタルアンプICである、TRIPATH社のTA2020 です。
このチップのファンは多いようで、ネットでも良く見かけますし、
口さがない某掲示板などでの評判も上々のようです。

いわゆる中華アンプは何個か持っているので、
このポピュラーなチップを使ったアンプを基準にして、
レビューなどを書いてみたいと思います。

しかし、TA2020 は人気があるとは言え、
どちらかと言うと、少し個性的な音かもしれません。
本当は、TA2021 あたりを基準にして、
比較記事を書いたほうが良いのかもしれませんが、
TA2020 のアンプの音は、聴いたことがある人が多いだろうなと言うことで、
とりあえず、最初は、TA2020 を使った、SA-S1+ のレビューです。

このTA2020というチップは、これを使った安価なアンプが、
ブラインドテストで、超高級アンプ(330万円)より、高い評価を得たということで、
半ば伝説化していることから、ネット上での高い評価は、
プラセボ効果によって、多少の影響を受けているかもしれません。

しかし、オーディオ機器というものは、こういうことが起こりやすいものではあります。
同系統の技術を使った機器なら、基本性能を1%上げると価格は2倍という世界ですし、
特に、アナログ機器とデジタル機器を比べた場合は、音質的な特徴の違いから、
比較条件によっては、ハイエンドがローエンドに負けるということも、十分ありえます。

例えば、SA-S1+ のように小さなアンプでも、通電直後の音と、
通電してから、半日後の音では、別のアンプなのでは?というほど音が違います。
この違いは、アンプに使われている電解コンデンサーなどが、
性能が安定するまでに、ある程度の時間を要することが原因なのではないかと思いますが、
特に、高級なアンプなどは、使われる電解コンデンサーの容量も非常に大きくなるので、
電源を入れてから、性能が安定するまでに、かなりの時間を要するのではないかと思います。
ですから、試聴テストの直前に、電源を入れてブラインドテストという条件では、
通電直後から、比較的クリアーで音の良い小型デジタルアンプに比べて、
高級大型アンプほど不利になるような気は、しないでもありません。

TA2020 が、いくら優れたチップだとしても、
デジタル機器の進化は早く、日進月歩で性能が良くなっていくものですから、
それに関する魅力的な物語が多くても、あまり特別視をするのはどうかと思います。
おそらく今は、もっと良いチップがあるだろうと思います。

このSA-S1+ というアンプは、価格的にはローエンドですが、
基本的な性能は十分で、これしか持ってなければ、
おそらく、これだけでも満足できる音質だろうと感じます。

音質的な特徴は、解像度が高く、ダイナミックレンジが広く、
いわゆる音離れの良い音で、華やかに、軽やかに、
キラキラと散乱するタイプの音です。

しかし、このアンプは、もしかしたらTA2020の特徴かもしれませんが、
少々音の解像度が高すぎるかもしれません。
音のエッジが、くっきり、はっきり、しているため、
ソースの録音状態が悪かったり、ビットレートが低かったりすると、
てきめんに中域や高域がデジタル臭くなり、
実用性が疑われるほど、ひどい音になります。
CDからリッピングしたソースでも、録音状態の良くないものは気持ちよく聴けませんし、
圧縮音源は320kbps程度でなければ、ギスギスしたデジタル臭い音になります。

ソースが良ければ、素晴らしい音で聴けますがすが、
その解像度の高さから、ソースを選ぶ傾向が、
普通以上に強いということが言えると思います。

しかし、まぁ、ソースが良ければ、よい音で鳴るということは、
基本的に、このアンプは、音が良いのであろうと言えると思います。
音の悪いアンプは、ソースが良くても、良い音では鳴らないでしょうから。

TA2020が好きな人は、おそらく、
この解像度が高く、エッジの立った音が好きなのかもしれませんが、
Korvaは、気持ちよく聴ける、良質のソースを探すのが面倒なので、
もう少しアナログっぽい、滑らかな音のほうが好みのようです。

欠点としては、上記の問題以外にも、低域が少し緩めかもしれません。
デジタルアンプは、電源で音が変わるという話を仄聞しますので、
もしかすると、この点は電源強化によって解消する可能性もあります。
このアンプには、12V,3.8Aの出力45.6Wの電源が付属していますが、
電源の電圧を12Vより高いものにすることで、
低音が良くなるという話もあるようですね。
(しかし、壊れる可能性があるので、お薦めはしません)
関連記事
スポンサーサイト


アンプ | 12:55:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ