■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

妄想スピーカー、SDBR
SDBR

上の画像は、今、妄想中のスピーカー、
SDBR(Staggered Double Bass reflex)、スタガード・ダブル・バスレフ、です。
見てのとおり、ダブルバスレフの第一空気室の部分がスタガード・バスレフになっています。

普通のスタガード・バスレフだと、
高い方のfd以下の周波数で、エネルギーのロスがありますが、
これをダブルバスレフにすることで、高い方のfd以下の周波数でも、
エネルギーを有効に使うことができ、かなりローエンドを伸ばすことができます。

しかし、普通のダブルバスレフだと、ディップが1箇所しか生じませんが、
SDBRの場合、ディップは浅くなると思いますが、2箇所に生じる可能性があります。
まぁ、作ってみるまでは分かりませんが・・・

小口径フルレンジが好きな人は、大体、8cmフルレンジを数種類持っていることが多いので、
それを有効活用できないかなぁと思って考えたものです。
8cmフルレンジを片方2発使うと、振動板面積が大体、12cmドライバー程度になります。
12cmドライバーというのは、大きすぎず小さすぎず、低音も高音もそこそこ出て、
音楽を聴く上でも、特性的に、とてもバランスの良い大きさだと思います。

問題点としては、8cmを2発使うと、高域での相互干渉によって、
ハイ落ちになるかもしれませんが、高音が足りなければ、
プラスツイーターにすれば、特に問題も無いでしょう。
しかし、Korvaの場合、ツイーターを足すと、
コンデンサーの容量をどんなに小さくしても、
音色的な違和感を感じて、なかなか上手くいきませんが・・・

そういう場合は、ハイ上がりのものと組み合わせるとか、
又は、相互干渉を防ぐために、二つのうち1つをハイ下がりのものにする手もあります。

癖の強いメタルコーンと、癖の無いPPコーンとを組み合わせて、音色的な癖を減らすとか、
紙コーンとPPコーンの組み合わせだと、かなり自然な音色になるかもしれませんし、
色々と面白そうなことが出来そうなエンクロージャーではあります。
関連記事
スポンサーサイト


妄想スピーカー | 11:55:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ