■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Uzu-10 ペアで試聴中

Uzu-10_20121218


Uzu-10 をペアにして試聴しています。

ドライバーは、TangBandのW4-930SGです。
このドライバーも かなり優秀で、FostexのFF105WKと良い勝負をしています。
FF105WKの方がエレガンで緻密、W4-930SGはややハイ上がりで元気な感じで、
バックロードホーンには、音色的に、W4-930SGの方が合う感じです。

W4-930SGは、フレームが理想的な形で、背面から見ていると惚れ惚れします。
しかし、FF105WKの巨大な磁気回路と比べると、W4-930SGの磁気回路は小さく、
これで上手くホーンをドライブできるのか?と言う感じですが、
磁石が強力なネオジムマグネットなので、磁気回路が小さくても、
駆動力ではFF105WKを上回っているような感じで、低域での力感やドライブ感が凄い・・・

特に、このドライバーを、以前作ったTorvi-S10に取り付けると、
低域の量感と伸びが凄く、軽くサブウーファーを鳴らしてるような、
息苦しくなるような圧迫感とエネルギー感があり、
これ以上、何を求めることがあるのか?と言うような再生音が得られますが、
残念ながら、Torvi-S10はボーカル帯域で少し癖(共鳴音)があります。
意地悪な聴き方をすると癖を感じるというレベルではなく、
普通に聴いていて癖を感じるレベルなので、
Torvi-S10の方は、残念ながら、成功作とは言えない感じですね。

Torvi-S10については、少しがっかりしたので、
ホームページのTorvi-S10のページも更新する気にならず、放置してますが・・・
もしかしたら、吸音材で少しは改善するかもしれませんが、期待はしてません。

ボーカルを聴かなければ素晴らしい音なのですが、
スピーカーは基本的に、ボーカル再生が駄目なものは駄目なのです。
人の聴覚は、楽器の音はそれがどのような音であっても、
その様な音の楽器なのだと認識しますが、
人の声に対する認識力はかなりシビアで、
どのような声であっても、その様な声の人なのだとは認識しません。
ですから、楽器の音が良くても、ボーカルを聴くまでは、
そのスピーカーの良し悪しというのは分からないのです。

Torvi-S10と比べて、Uzu-10の方は、裏板を接着した状態で聴いていますが、
幸い、ボーカル帯域に癖がなく、女性ボーカルも、男性ボーカルも問題ない感じです。
低域は、エンクロージャーが小さいと言うこともあり、
Torvi-S10程の量感はありませんが、帯域のバランスが良く、自然な感じです。
エージングも進んできた感じなので、次回あたりf特を測定してみます。
関連記事
スポンサーサイト


Uzu-10 | 12:47:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ