■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Fostex FF105WK について

ff105wk


今開発中のバックロードホーン Uzu-10 には、
Fostex の10cmフルレンジドライバー・FF105WKをマウントして聴いているのですが・・・
うーむ・・・、このFF105WKは、なかなかどうして、相当なものなのではないかという気がします。

まだまだエージング中で100時間も慣らしていませんが、
すでに、同じシリーズのFF85WKと比べても、よりナチュラルな音色になっています。

FF105WKを聞く前は、ピークが7kHzにあることから、
10kHzにピークがあるFF85WKに比べると、
より耳につきやすい帯域にピークがあるFF105WKの方が癖が強いのでは?
と予想していましたが、実際はFF105WKの方が癖が無く、ボーカルの子音もより自然で、
金属製のセンターキャップという感じがほとんどしない程です。

このFF105WKの完成度は相当なものですね。
FF105WKに比べると、数ある8cmフルレンジの存在意義が霞んでしまいます。
雑味や歪み感が少なく音が静かなのに、情報量が多く、f特もワイドで、
中域のダイナミックレンジも広い感じがします。

やや重い振動板ですが、情報量はむしろ、8cmフルレンジより多いように感じます。
おそらく、共振の少ないリッジドームが良い仕事をしているのでしょうか?
かっちりとした音の響きは、やはり金属製センターキャップならではという感じですが、
金属製振動板に良くある、シンシン、キンキン、シリシリ、シュリシュリ、
という音がほとんどせず、この付帯音の少なさが音の静かさとなっているのでしょう。
2層のパルプコーンにリッジドームのアルミ製センターキャップを組み合わせた
この振動板の完成度と音楽性の高さは素晴らしい・・・

一時期はTang Band に心が傾きかけましたが、
このフルレンジドライバーの素晴らしい音を聴き、
俄然、心がFostexに引き戻されました。
さすが、我らがFostex、なかなかやりおる・・・
関連記事
スポンサーサイト


フルレンジ | 12:49:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ