■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Uzu-10 の試聴

uzu-10試聴


Uzu-10 を組み立てて、Fostex FF105WK を取り付けて、試聴してます。
裏板はまだ仮留めの状態です。

いやぁ、これは、なかなか良いのではないでしょうか。
Uzu-10を聴いていると、胸が熱くなり、満たされるような感じになってきます。
音楽を聴く道具としては、音楽性の高さを感じさせる、良いエンクロージャーのようです。

低域は自然な厚みがあり、ローエンドはなぜか、35Hz辺りまでグリップするようです。
ホーンの途中の小穴は、スロートからホーン長/1.3の位置に開けましたが、
リスニングポイントではディップの発生も感じられず、この位置で特に問題ないようです。

小穴を開口部寄りにして、小穴から出てくる音の周波数が下がったせいか、
開口部から出てくる音と、音色的な違和感が少なくなって、
開口部からの音と、小穴からの音を聞き分けることはできないようです。
8cm用のバックロードだと、なんとなく分かりましたが。

中域も特に癖らしい癖が無く、素直な再生音です。
なんとなく雰囲気が、デュアル・バックロードホーンのKorkeaに似てる感じもします。
しかし、まだ裏板が仮留めなので、接着すると特性が変わるかもしれません。
仮留めのときは無かったピークが、接着すると出てくるということがよくあります。

FF105WKも良い仕事をしている感じですね。
まだ7KHzのピークが耳にツーンと来ますが、全体としては、ナチュラルサウンドで、
8cmのFF85WKと同じかそれ以上に、完成度が高いドライバーだと感じます。

しかし、ウレタンエッジだと、エッジの寿命が短いので、
なんとなく、ドライバーに思い入れを持つことを、軽く拒まれているような感じがします。
「スピーカーは20年ほど鳴らすと良い音になってくるよ」というのを、
ネットのどこかで見た記憶がありますが、ウレタンエッジだと無理ですねぇ・・・
関連記事
スポンサーサイト


Uzu-10 | 12:07:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ