■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Uzu-10 製作開始

uzu-10_バッフル


10cmドライバー用のバックロードホーン、Uzu-10 を作り始めました。

上の画像はバッフルです。
見てのとおり、10cmドライバー用のバックロードとしては、非常にコンパクトです。
こんなに小さなエンクロージャーで、十分な低音が出るの?と言われそうですが、
Uzu-10は、サブロク板1枚で2台作れるという、板取の効率を優先して設計したので、
このように、10cm用としては小さなサイズになりました。

それに、全てのコーナーが、90度のコーナーで構成されるスパイラルホーンは、
低音の量感に乏しいという話もあり、エンクロージャーの小ささと相まって、
低音スカスカの失敗作になるのではないかという危惧もあったりします。

長岡鉄男氏によれば、スパイラルホーンは音が良いという評価で、
彼自身も、FE-103用のスパイラルホーンを、
モニタースピーカーとして、一時期、使っていました。

しかし、長岡氏が言うには、
スパイラルホーンは、製作過程でミスすることが多く、
どのようにすればミスが無くせるかが、今後の課題だ、
という風に、どこかに書いていたような記憶があります。

ネットを見てみると、スパイラルホーンを作ってみて、
全く駄目だったという方もいますし、成功したと言う方もいます。
駄目だったという方は、制作上のミスがある可能性もありますし、
スパイラルホーンが原理的に、低音が出にくいということであれば、
成功例があるのが不思議ではあります。

ブログ「趣味の小部屋」様のところで、
90度の折り返しと、180度の折り返しについて、
非常に興味深い考察を読み、目からうろこが落ちそうになりましたが、
良く考えてみると、空気の粗密の並ぶ方向と音波の進行方向の関係は、常に一定ですから、
コーナーで音の進行方向が変わると、粗密の並ぶ方向も変わります。
と言うか、空気の粗密の並ぶ方向が、すなわち音の進行方向なので、
粗密の並ぶ方向が変わらずに、音の進行方向のみが変わるということは起こらないはずです。

そして、音速を秒速340mとすると、100Hzでは、1波長は3.4mということになり、
1波長における、空気の粗の部分と密の部分の長さは、それぞれ1.7mと言うことになります。
このくらい波長が長くなると、コーナーでの音の挙動も、
音波の進行というよりは、気圧の移動と言う感じになるだろうと思います。

もし、90度のコーナーよりも、180度のコーナーの方が、
低音が出やすいという現象があるなら、
それは、180度のコーナーの方が、管の連続性が低くなることで、
分断された管として機能しやすくなるので、より多くの共鳴周波数を持った共鳴管として、
機能しやすくなるからではないかとKorvaは考えています。
つまり、180度の折り返しでは、スムーズに音が進行できないので、
そこまでの長さのホーンや共鳴管として、部分的に機能することで、
低音の量感が増えるのではないか?ということです。

これは、あくまでKorva個人の考えなので、
「趣味の小部屋」様の考察の方がより真実に近いかもしれません。
まぁ、どっちが正しくて、どっちが間違いかと言う話ではありませんし、
色々な考え方があるほうが楽いし、素晴らしいことだと思います。
と言うか、「正しい考え方」という考え方自体、少々気持ち悪く、Korvaは嫌いですが・・・
関連記事
スポンサーサイト


Uzu-10 | 13:05:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ