■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

気になる音、気にならない音

w3-315d


W3-315D というTangBandの8cmフルレンジドライバーがあります。
ダイキャストのラウンドフレームで高級感があり、ルックスも好く、
バックロードホーンのTorvi-S08IIによく似合います。

w3-315d_r


背面を見てみると、磁気回路がデカイ!
W3-315D はおそらく、バックロード用のドライバーなんでしょうね。
この強力なモーターでホーンをグイグイとドライブし、
丈夫なメタルコーンと相まって、ソリッドな低音を再生します。

センターポールには、ボビン内の圧力を逃がすベント穴もあって、
フルレンジドライバーの構造としては、ほとんど理想的なものです。
フレームはダイキャストで美しく、眺めているだけでも楽しい一品ですが、
このドライバーの唯一の欠点は、音が悪い・・・それも非常に・・・
悪いと言うと語弊がありますが、
とにかく、音が自己の存在を主張しまくり、音楽に集中できない。

メタルコーンなので付帯音が多く、賑やかというか雑というか、
Fieve Audio のHSC機能を、中域で強烈に効かせたような、
音全体に、ホワイトノイズのベールがうっすらとかかったような音です。

内部損失の小さなメタルコーンは、バックロードホーン用の
能率の高いドライバーにはあわないのではないでしょうかね。
評判の良いメタルコーンは大体能率が低いようです。

W3-315D とは対照的な音が、まっくろくろすけの W3-583SE ですね。

w3-583se

このドライバーは、本当に自己を主張しません。
癖がなくバランスが良く、気になるところがほとんどありません。
これしか持ってなければ、これだけで満足して、
音楽を楽しんでいるんだろうなぁという感じの、素直なドライバーです。
関連記事
スポンサーサイト


フルレンジ | 10:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ