■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-R08IIの音道について

torvi-r08ii内部


上の画像は新型Torvi-R08(Torvi-R08II)の内部の様子です。

旧型に比べて、180°の折り返しが一箇所 増えていますが、
なかなか美しい音道構成ではないでしょうか?
何をもって美しいと言えるのだ?と訊かれそうですが、
Korva的には、なんとなく気に入っています。

側板を仮留めの状態でf特を測ってみましたが、
低域はディップ無しの、フラットで綺麗な特性でした。

しかし、側板が仮留めなので、特定の周波数で、側板が「ビビビ」と唸り、
正確なf特が取れないので、f特図はここには載せませんが、
側板を接着して完成したら、そのうち、ホームページの方にまとめる予定です。

見てのとおり、Torvi-R08IIは開口部ダンプ無しです。
ローエンドは、開口部ダンプのあるTorvi-F08などに比べて伸びていないようですが、
低域が、開放感とダイナミックレンジの広さをもって伸び伸びと鳴り、
やはり、開口部の広いバックロードの、部屋の空気を揺らすような鳴り方は、
聴いていて、独特の気持ちよさがあります。

和太鼓などはバスレフでは「ドン、ドン」という感じで、
単にその周波数の音を発生しているという感じで鳴りますが、
バックロードでは「ドォンン、ドォンン、」という感じで、
和太鼓の革の震える様子を描写する感じで鳴り、
バスレフには無いアドバンテージを感じさせます。
関連記事
スポンサーサイト


Torvi-R08II | 14:56:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ