■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10cmフルレンジ用のバックロードホーンの構想
さて、前回の更新からずいぶん時間が経ってしまいましたが、
更新を怠っている間に、10cmフルレンジ用の
バックロードホーン、Torvi-S10 の構想を練っていました。

今回使用するドライバーは、
TangBand W4-930SG と、
Fostex FE103En です。

w4-930sg

fe103en

この2つのドライバーは、ネジ穴の位置が同じなので、
エンクロージャーの共用ができるのです。

W4-930SGの取り付け穴が、Φ96mmと少し大きめですが、
FE103Enでも問題ないはずです。

Korvaはコンパクトなものが好きなので、
8cmドライバー用のエンクロージャーばかり作っていましたが、
8cmフルレンジは、バックロードに使うには、
Fs も Qts も高すぎるのです。

あくまで個人的な意見ですが、
バックロードには、10cmか12cm辺りが、特性的にベストだと思います。

W4-930SG は、Fs が 70Hz 、Qts が 0.47
FE103En は、Fs が 83Hz 、Qts が 0.33

なかなか良い特性ですね。
特性からは、W4-930SG の方が、低音がよく出ることが伺えます。
FE103Enも、バックロード向けのドライバーではありませんが、
特性的には、バックロード用と言っても不思議ではない特性です。

今回制作するエンクロージャーは、
Torvi-S08II と同じタイプの、側面開口型を予定しています。
このタイプが一番好きなので、
とりあえずこのタイプから作ろうかなぁと。

しかし、側面開口型はFE103Enだと、測定上は低音不足になるかもしれません。
そのうち、Fostex用に前面開口型も作ろうと思っています。
Fostexは低音が不足しやすいので、前面開口型が本命ですね。

今回のエンクロージャーは、主にTangBand用で、
Fostexにも使えるという感じです。
関連記事
スポンサーサイト


Torvi-S10 | 12:14:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ