■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

開口部ダンプは地震が来ない

Torvi-F08


Torvi-F08 の調整が終わって、側板を接着しました。
やはり、側板を仮留めした状態とはホーンロードの掛かり方が違い、
エンクロージャーが分解しそうな、力感のある鳴りかたをします。
仮留めだと、やはり空気が抜けるんでしょうね。

このエンクロージャーは非常に完成度が高く出来たので、
もう1台作って、ペアにして聴いていますが、
もはや8cmの世界ではないですねぇ。

FF85WKも、スペックから受ける印象とは裏腹に、
中域のダイナミックレンジが広いようで、
バックロードに良く合います。
音離れが良く、音が部屋を埋め尽くすような感じです。

このサイズのバックロードとしては、ありえないような音が出てきます。
癖の無いボーカル、地鳴りのように押し寄せる低音・・・
ホーンロードのかかる帯域が、
ちょうど聴感的に、低音感を感じやすい帯域にあるのでしょうね。

ここら辺のチューニングが良くないと、
ローエンドが伸びても、低音スカスカと言う感じになりがちです。
最終的には、人の耳にどう聞こえるかが重要ですから。

しかし、開口部を狭めていないバックロードとは、
体感的な聞こえ方が少し違うような気もします。

開口部を大きく開いたバックロードは、
ボーカル帯域に少し癖が乗りますが、
部屋がホーンの延長として働くためか、
時々「あれ、また地震かな?」という感じに、
部屋の空気がブルブルと震える感じがしますが、
開口部ダンプをしたエンクロージャーは、
あまりそういう感じが無いようです。

開口部を狭めることで、
部屋の空気との連続性が下がるのかもしれません。

開口部をダンプすることで、癖が少なくなり、
システムとしての完成度も高めることが出来ますが、
失うものが、無くは無いようです。
まあ、何事も一長一短なので、当たり前と言えば当たり前ですが。
関連記事
スポンサーサイト


Torvi-F08 | 14:10:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ