■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Laulu-E08 の周波数特性など
下のグラフは、調整中ですが、Laulu-E08 の周波数特性です。
測定に使用したドライバーは、Tang Band の W3-582SC です。

Laulu-E08_f特

低域がフラットで、良い特性だと思います。

バックロードのようなソリッドな質感はイマイチですが、
バランスが良くナチュラルで、耳当たりがよく聴きやすい音だと思います。

8cmで低域を伸ばすと、ミッドローが痩せて貧相な音になりがちですが、
Laulu-E08は、ミッドローが分厚くリッチな音で、8cmフルレンジという感じがしません。

ちなみに、下のグラフは第3ダクトを閉じて、
普通のダブルバスレフにした場合の周波数特性です。

Laulu-E08_DB_f特

ローエンドはかなり伸びますが、
ミッドローの量感が減り、150Hzにディップが出来ます。

聴感的には、EXバスレフに比べると、
低音が柔らかく、こもった感じになり、解像度も低下します。
音色的にも、ドライバーの振動板の音との乖離を感じます。

しかし、ダブルバスレフが駄目ということではなく、
ブーミーさが少なく、ゆったりとくつろげるような音で、
これはこれで、ありかなぁとも思います。

結局のところ、個人の好みということですが、
EXバスレフは、ダブルバスレフほど、ローエンドが伸びていませんが、
聴感的には、EXバスレフのほうが低域が豊かで、
音色的にも、ドライバーの振動板の音とのつながりが良く、
開放感があって自然な感じがします。

もう少しミッドローを減らして、ローエンドを伸ばすこともできますが、
8cmフルレンジらしくないミッドローのリッチな鳴りっぷりは、
このエンクロージャー独特の個性なので、
この辺で調整は打ち切りにしようかなぁという感じです。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-E08 | 11:09:54 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめteみた.【Laulu-E08 の周波数特性など】
下のグラフは、調整中ですが、Laulu-E08の周波数特性です。低域がフラットで、良い特性だと思います。バックロードのようなソリッドな質感はイマイチですが、バランスが良くナチュラル...
2012-04-25 Wed 11:31:50 | まとめwoネタ速suru

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。