■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

EXバスレフの開発
以前、実験箱を作って効果を確かめただけで、
ほったらかしていたEXバスレフの汎用エンクロージャーを開発します。

EX-バスレフ模式図

今回開発するエンクロージャーは仕切り板を斜めにして、
エンクロージャー内の定在波の発生を抑制する構造です。

仕切り板を斜めにすることで、
接着しなくても、かっちり固定することができるので、
実験段階で、第一空気室と第二空気室の容積の比率を
変えることができるというメリットもあります。

実験箱では、これを最初に接着したので、
容積の比率を変えるとどう音が変化するのか
確かめることができませんでしたので、
今回はそれも確かめたいと思います。

今回使用するドライバーは、Tang Band の W3-582SC です。

W3-582SC

このフルレンジドライバーは、
色んな意味で中庸でバランスが良いです。
音色もニュートラルで癖が無く、
低音も高音も出るし、能率もそこそこ高くて、
細かい音も結構出るのに、ミッドハイがおとなしくて耳が痛くならない。

Fostex FE-83系のように名器だと言える実力だと思いますが、
話題にならないのは、中庸すぎて個性が無いと言うことでしょうか?
しかし、再生機器に個性を求めない人には、
これは良い選択肢だと思います。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-E08 | 11:32:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ