■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-F08 途中経過
Torvi-F08の途中経過です。

Torvi-F08内部


上の画像は音道の様子です。

今回は90度のコーナーでの板の組み方を少し変えています。
画像でも90度のコーナーのところで、板が少し出っ張っているのが分かると思います。
こうすることで、わずかですが、ホーンが延長され、
ホーンのダンピングも良くなるのではないか?と考えたのです。
(一度押し出された空気が戻るときの抵抗が増えるので)
この組み方が上手く行けば、90度のコーナーが多いスパイラルホーンでも使えそうです。

音道は8本の直管から構成されています。
このサイズにしては多いほうですね。
180度の折り返しを、3箇所までにしたかったので、
少し変わった音道構成になっています。

小穴の位置をフロントバッフルに持ってこなくてよいのであれば、
もっとエレガントな音道構成があるのですが、
今回のコンセプトでは、ドライバー、開口部、小穴、が、
全て同じ面にある必要があるので、こんな感じになりました。

その影響で、空気室の形がL字形になっていますが、
これが吉と出るか凶と出るか、心配なところです。

Torvi-F08


上の画像は、側板をクランプでとめた様子です。
今回は、デザインを好くしたかったので、設計に時間がかかりましたが、
結構よい感じに出来たのではないかと思います。

ホーンの開口部が絞られていますが、
これは、開口部ダンプの実験をしたところ、
結果がなかなか良さそうな感じだったので、今回取り入れてみました。
音質的な理由の他に、デザインを好くしたいという意図もありますが。

後は、ドライバーとターミナルと内部配線を取り付ければ音出しができます。
上手く鳴ってくれるとよいのですが・・・
関連記事
スポンサーサイト


Torvi-F08 | 10:19:25 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
Torvi-F08の音道
ヨネです。
音道の仕組みが、興味深く、面白いですね!
音道をダンプする試みや、音道の一部を狭めて見るなどについては、
あまり積極的な前例が無いので期待しております。

この音道の設計は
私の頭じゃ、複雑過ぎて…
ウニに成りそうです。
2012-04-02 月 09:53:25 | URL | ヨネ [編集]
ヨネさん、コメントありがとうございます^^
この音道は苦肉の策と言う感じなので
あまり褒められたものではないと思います。
本当は部材も少なくして、シンプルに行きたいのですが、
こんな感じになってしまいました^^;

ヨネさんの方もFE163En-S専用バックロードホーンが
なにやら巨大で凄そうですね!
完成を楽しみにしております。
2012-04-02 月 16:56:15 | URL | Korva [編集]
Korvaさん、こんばんは!

FE163En-Sの部材(板)のカットが本日完了しました。

組み立てに結構な時間を要す、本格的な大型バックロードホーンですが気長に頑張りますね。

ただニス塗装などをしないので仕上げは、楽です(^O^)
2012-04-02 月 19:08:48 | URL | ヨネ [編集]
そうですね。
物作りは気長にやるのが良いですね。
私も完成を急いで何度失敗したことか・・・
FE163En-S専用バックロードホーン製作過程も、
気長に拝見させていただきます^^
2012-04-02 月 19:34:04 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ