■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-R08の途中経過

Torvi-R08h


穴あきTorvi-R08の途中経過です。
最初の180°の折り返しに三角材が入っています。
しかし、穴あきTorvi-R08の開発なので、
三角材は入れずに、音道はノーマルのままにしておくべきでしたね。
多分 特性的にはそれほど違いは無いと思いますが。

小穴の位置は、ホーンの開口部の少し上のあたりです。
穴の大きさは31mmΦですが、もう少し小さくするかもしれません。
最初に小さい穴を開けていれば、穴を大きくすることは後からでも出来るのに、
何を考えているのでしょうか?Korvaはよくこのようなイージーミスをしでかします。

この小穴の大きさをコルクなどで調整しながら、
色んなソースを聴いて実験していました。
結論から言えば、小穴の大きさも、この大きさで特に問題が無いようです。

あるソースで、どうしてもブーミーさが取れないので、
小穴に詰め物をして、どんどん小さくしていっても、まだブーミーで、
このエンクロージャー自体に問題か在るのかなぁと意気消沈して、
試しにLaulu-08で聴いたら、やっぱりブーミー、
ヘッドホンで聴いてもやっぱりブーミー、ソース自体がブーミーでしたね。
はい、よくあることです・・・

そういえば、以前、どこをどういじっても、
スピーカーの音が一切変わらないという事態にうろたえていたら、
別のスピーカーが鳴っていたということがありました。
まぁ、たまにあることです・・・

小穴の大きさは、周波数特性的には、31mmΦが最もフラットでベストな感じですが、
聴感的には、もう少し小さくてもいいかなぁという感じです。
どっちにしても、こっちが良くて、こっちは駄目、という程の違いはありません。

小穴の位置は、ホームページ上の設計図のターミナルを取り付ける位置にあるので、
設計図も変更しなければなりません。
関連記事
スポンサーサイト


Torvi-R08 | 14:57:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ