■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

TangBandの W3-1319SA が良さそうな感じ

W3-1319SA Nuottikorva-S


長いこと気になっていたTangBandの W3-1319SA を買ってみました。
コーン紙に竹の繊維が混入され、アルミのフェイズプラグがキラリと光る、
特徴的な8cmフルレンジドライバーです。

まだエージングの途中ですが、自然な音質で、
特に気になるようなところはありません。

公表されている周波数特性は、ずいぶんハイエンドが伸びているようですが、
W3-1319SA をよく観察してみると、ボビンが紙ではなく、アルミか何かの金属ですね。

磁気回路が大きくずっしりと重いので、デッドマス効果も期待できそうです。

TangBandなのに、なぜダイキャストフレームではなく、
鉄板プレスなのだろうと疑問に感じていたのですが、
Fostexのドライバーの取り付け穴と同じ開口径で使えるので、
Fostex用のエンクロージャーで、共通に使えるための配慮なのかもしれません。

TangBandのフルレンジは、フレームの奥行きがあり、
低音が出やすい設計のようですが、実際に周波数特性を測定してみると、
ハイエンドもFostexのフルレンジより伸びていたりします。

Fostexのフルレンジは、中高音(ミッドハイ)が目立つので、
ハイエンドが伸びているように感じますが、
実際に測定すると、スペック上は32KHzまで出るFF85WKでも、それほど伸びていません。

Fostexには思い入れが強く、出来ればFostexのドライバーを使いたいのですが、
最近、Fostexの音作りに疑問を感じることが多いです。

TangBandのフルレンジは、人も耳が最も敏感なミッドハイの帯域がややおとなしく、
長時間聴いていても、耳が痛くならないし、低域もよく出るし、高域も意外に伸びています。
どうも、TangBandのエンジニアは、どういう音作りにすれば音楽性が高くなるかということが、
わかっているんじゃないかなぁと感じるのです。

W3-1319SA も低音がどうとか、高音がどうとか、
余計なことを考えずに、音楽に没入できる自然な音質です。

最近、Fostexの FF85WK が気に入っていて、よく使っているのですが、
神経質なことを言えば、時々、高域の質感が中域と違うのが気になったり、
人の声って、こんな質感じゃないよなぁと感じることがあります。

Fostexの音は、強調しなくてもよい所が強調されるので、
音が気になって、音楽に没入できないようなところがあると感じるのです。
どうも、音の細部が強調されすぎるようなとことがあるのではないかと・・・
音の細部を強調すると、音楽の持つ意味が、薄くなるような気がします。

音楽性の高さでは、Fostexより、TangBandかなぁと感じる今日この頃なのです。
理想の音のためには、8cmはTangBandに宗旨替えすべきかもしれません。
Fostexの8cmで、音楽性の高い音作りは、なかなか難しいものがあるなぁと・・・
関連記事
スポンサーサイト


フルレンジ | 22:32:15 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
私も最近‥
私も最近、このユニットをゲットしました。
最近はtangbandの8センチユニットにハマっていて、W3-883SJからW3-593SG、そして今回のW3-1319SAです。中低音が充実しているのは皆共通ですが、それぞれ音が違って面白いと思います。
2015-03-27 金 12:40:33 | URL | メントスコーラ [編集]
メントスコーラ様、コメントありがとうございます^^

TangBandのユニットは、比較的 低域が豊かで使いやすいですよね。
TangBandのメタルコーン以外のユニットは、どれも気に入っています。
最近は、竹繊維配合コーンのW3-1319SAを、
Harmoniaのメインとして使っていますが、
中域が端正で歪感のないHi-Fiサウンドが気に入っています。
高域が硬めなのが気になりますが、DACやアンプの問題かもしれません・・・
2015-03-27 金 16:08:12 | URL | Korva [編集]
そうですね、W3-1319SAの中音域はフラットでクセがない感じがします。中高音が少し強調気味で全体的に爽やかな音の印象を与えていると思いますが、多分こうゆうバランスなのではと思います。中低音は芯のある重さがジャズに合うと思いますが、かといって重々しくならずさっぱりした鳴りかたは竹繊維の効果なのでしょうか。

オクで落としたバックロードホーン箱を各所ダンプして無垢材のフロントバッフルを付け、ユニットの後ろに魂柱をはさんだり自分なりに改良して鳴らしています。
2015-03-27 金 17:09:45 | URL | mixiのメントスコーラです [編集]
メントスコーラさま、コメントありがとうございます^^

オークションでご落札いただいた方でしたか。
その節はありがとうございます。
フロントバッフルは、音色的に影響が大きい部分なので、
無垢材の貼り付けなどは効果的かも知れませんね。
改善策を色々と試すのも楽しいと思います。
2015-03-29 日 09:28:24 | URL | Korva [編集]
このW3-1319SAは、良いですね。音がほぐれて聴きやすい面とシャープで重い面と両方持ち合わせています。音場感も空気感もよく出ます。オーディオ的な音もあるけれど音楽的に落ち着いて聴けますね。
なお使ってるアンプはToppingのTP-60です.

W3-593は厚く明るく温かみがありコントラスト濃いめの表現がある種の音のコクを感じさせるような音だと思いました。中低音は例えれば小さな鉛の塊が飛び交うようなパンチがあります.

W3-881SJFは繊細、ハイスピードなパワフルさを感じる音でなめらかさとわずかな色気があってこちらはリアリティーのある感じで他の2機種と比べるとモニター調な方向だと思いました、あくまで私の感想ですが.
2015-03-29 日 15:57:12 | URL | メントスコーラ(mixi) [編集]
なるほど、勉強になります。

W3-593は、私も大好きで、非常に愛着のある音です。
多分、メントスコーラさまのは、最新バージョンのSGだと思いますが、
私も、これには興味があります。

W3-881SJFがモニター調というのは同感です。
パワフルさと繊細さを兼ね備えた良いユニットだと感じます。

アンプが、トロイダルトランス搭載のTP-60ということで、
私の環境より、音色の違いが分かりやすいかも知れませんね。
私の方は、スイッチング電源のアンプなので、
少し高域にザワザワ感があります。
2015-03-31 火 09:12:59 | URL | Korva [編集]
TP-60デジタルアンプでは出色の出来でお値段もそうは張らないですのでオススメだと思います.Amazonのレビューにディオバビロンと言うペンネームで投稿しました、良かったらご覧下さいませ.設置環境に思いのほか敏感なアンプですが、もう1つセッティングの面で電源ケーブルを任意に交換できるので幅を広げることができます.
W3-593SGはジャズ向きの音なのではないかと思います.何しろ中音に厚みと甘み温かみがありピアノも艶やかで肉厚感があってなかなかのものです.
2015-03-31 火 13:14:28 | URL | メントスコーラ(mixi) [編集]
Amazonのレビュー拝見しました。
TP-60はTV用のアンプとしてお使いなんですね。
音色の違いもよく描写するということで、なかなか良さそうな感じですね。
私の方は、今使っているアンプでもう少し遊んでから、
トロイダルトランスを搭載したアンプを考えてみます。
HPの方にアンプの記事も書きたいので・・・

メントスコーラ様のW3-593SGのご感想を聴くと、
私のW3-593SBと音色的にはよく似ているようですね。
同じ振動板を使った、鉄板プレスフレームのものも、
価格がリーズナブルでルックスも良いので、気になっていますが・・・
2015-04-02 木 14:11:01 | URL | Korva [編集]
tangbandの製品群は全く何か素晴らしいと思います。

変な言い方ですが一昔の日本の熱いオーディオ魂を感じるような(笑)

よって次に買うのもtangbandで確定です.

ToppingのTP60は相性のよいスピーカーとそうでないものがあるようで私の好きな音のYAMAHAのNS-10MTに繋げたら本領発揮でず湿気たような音になりました。
このスピーカーはサンスイのα607DRには合いました。

TP60、JBLの4312m2とONKYOのD200mk2リバプールともちろんtangbandのユニットには合いました。
2015-04-02 木 14:44:38 | URL | メントスコーラ(mixi) [編集]
私も、Tang Band は好きなメーカーです^^
最近は円安でそうでもないですが、比較的リーズナブルで、
作りもしっかりしていますし、音質的にもナチュラルなものが多いですね。

アンプとスピーカーの相性というのもあるようですね。
私は音色的には、真空管アンプなどが好きなのですが、
最近はスピーカーに注力しているので、
スピーカー以外の機器には、それほどこだわりがありません。
スピーカーが一段落ついたら、
そういうものにもこだわりが出てくると思います。
2015-04-06 月 10:12:46 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ