■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

答えのしっぽをつかんだ感じ

Torvi-S08h


最近Torvi-S08を蜂の巣にして実験を繰り返していました。
側面や背面にも、色んな所に穴があいてます。

穴の場所や大きさを変えて、周波数を測定し、
ピークやディップが出来たら、その周波数のサイン波を再生し、
定在波の影響かどうかを確かめるために、部屋の中をうろうろして、
定在波の影響ではなく、実際に、ピークやディップが生じていれば、
また、穴の位置や大きさを変えて、周波数を測定し・・・以下ループ。

ということを、繰り返していたので、頭が痛くてズキズキしています。
でも、その甲斐があって、なんとなくですが、
8cmの直管バックロードホーンの最適な答えが見つかりそうな気がしています。

下のグラフは、先日お話した穴あきTorvi-R08の周波数特性です(SではなくRの方)。
ドライバーは、Fostex FF85WK です。
Torvi-R08hのf特

何かが間違っているのでは?と疑いたくなるような、
ちょっと ありえないような良い特性です。
しかも調整前。

Torvi-Rは、「やれば出来る子」だったのですねぇ。
聴感的には、少し、140Hz-210Hz辺りが、多い気がするので、
もう少し穴を小さくしたほうが良いようです。

最終的な設計が決まったら、
ホームページの設計図の方に、穴の位置と大きさを掲載したいと思います。
周波数特性だけではなく、音の方も良いので、
バックロードを作ってみたいという方には、お薦めです。
関連記事
スポンサーサイト


バックロードホーン | 09:53:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ