■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-C08 とりあえず完成

完成Torvi-C08

Torvi-C08 が完成しました。
裏板を接着し、ターミナルも取り付けました。
デザイン的には、まあまあ 良い感じではないでしょうか。

下のグラフは、Torvi-C08の最終的なf特です。
ドライバーは、Fostex FF85WK です。
Torvi-C08最終f特

まずまずの特性でしょうか・・・
Korva的には、290Hzのピークが気になります。
ここがもう少し低ければ、言うことはないのですが。

ところで、今回から周波数特性の測定の場所を変更しました。
定在波や反射音の影響を少なくするために、
部屋のドアを開けて、スピーカーをドアに向けて、かつ、
スピーカが、どの壁とも平行にならないように設置し、
マイクを、ドライバーの軸上正面1mの位置に置いて測定しています。

しかし、周波数特性の測定は、
マイクの位置を10cm動かしただけで特性が変わるので、頭の痛い問題です。
本来なら、無響音室で測定しなければ意味のないデータなのですが、
参考程度にはなるかなぁと・・・

部屋が散らかっていたので、かなり片付けて、
部屋の中心にあったテーブルも撤去したので、
部屋の特性自体も、かなり変わってると思います。
音響的には、部屋は散らかっていた方がいいのですが。

Torvi-C08は、最初に左右対称のデザインにしようと思って、
こういうデザインにしたわけですが、
その影響で、小穴の位置が計算上ベストな位置にありません。
本当は、もっとスロート寄りの位置が良いのですが、
ベストな設計で、かつデザインも良いというのは、なかなか難しいものです。

とりあえず、低域にディップは出来てないので、
一応コンセプト通りの結果が得られかなと思います。

関連記事
スポンサーサイト


Torvi-C08 | 20:06:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ