■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Torvi-C08 の途中経過

torvi-c08内部整流板あり


Torvi-C08 の最後のコーナーに、整流板を付けました。
これで、全てのコーナーに三角材や整流板が入ったことになります。

三角材や整流板の効果ですが、
やはり、これを入れると、癖が少なくなり、素直で聴きやすい音になるようです。

下のグラフは整流板ありの周波数特性です。

torvi-c08f特整流板あり

むむむ・・・、200Hz に、小さいディップが出来ていますねぇ。
しかし、200Hzのサイン波を再生すると、ちゃんと再生されます。
測定するときのマイクの位置の問題かもしれませんが・・・。

細かく見ていくと、
250Hz-1800Hz はフラットで、低域や高域に比べると、少し音圧が高いです。
まぁ、中域の能率が高いのはバックロードの特徴でもありますが。
音楽情報は、ほとんど中域に集中していますから、
中域に大きなピークやディップが無く、フラットで癖が無いのは美点だと言えます。
低域と高域は、中域に比べると、少し音圧が低くなっていますが、意外にフラットな特性です。
10kHzのピークは、FF85Wkの癖です。
低域は60Hzまでフラット、再生限界は45Hzあたりでしょうか。

低域は、やや量感が控えめな感じですが、
部屋の壁やコーナーに寄せると、量感やスケール感がぐっとアップしますので、
クラシックなどを聴くときは、そういう使い方が良いようです。
関連記事
スポンサーサイト


Torvi-C08 | 14:15:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ