■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
月待の滝は日本一!


先日パートナーのSormiと茨城県の大子町にある「月待の滝」に行ってきました。
ネットで前もって得た知識によると、滝の落差がわずか17mしかないので、
あまり期待してませんでしたが、実際に見てみると、これがなかなか素晴らしい滝なのです。
何と言うか、こじんまりして繊細で優しい佇まいなのです。

同じ県内の日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」に比べても、
Korvaは月待の滝の方が好きです。
これは知られざる名勝です。

この滝は、気軽に滝の裏側に入ることができるので、
落ちてくる水を通して景色を眺めるというちょっと変わった体験もできます。
爽やかな気分になれるし、結構楽しいですよ。
近くに住んでいる方は、一度は行ってみる価値があると思います。

滝の傍らにあるお蕎麦屋さんの店主さんの独断と偏見のランキングによれば、
月待の滝は「日本一やさしい滝」の第一位なのです。
しかし、このランキングの採点項目は
意図的に月待の滝に有利になるように設定されているような(汗
しかも「私の滝自体の好み度」という項目は月見の滝が満点だし・・・
彼は本当にこの滝を愛しているのだなぁ、うんうん。

しかし、これは、ある重要な示唆を含んでいますねぇ。
つまり何かを評価するには、評価基準を設けるわけですが、
どんな評価基準を設けるかによって、
そのものに対する評価は全く違ったものになるということです。

落差わずか17mの滝でも、その店主さんのランキングでは1位になれるように、
どんなものでも、それに有利な評価基準を設ければ1位になれるわけです。

自分に対する評価なんかも同じことで、
それが低い場合は、自分に不利な評価基準を
それが高い場合は、自分に有利な評価基準を信じているわけですね。

つまり、自分が変わらなくても、自分に対する評価基準を変えるだけで、
自分に対する評価を変える事ができるということです。

自分に対する評価が低い人は、自分に対する評価基準に
正当な根拠なり理由があるかどうか一度チェックしてみるといいかも。
その基準は、単なる偏見や根拠の無い馬鹿げた先入観かもしれませんからね。
関連記事
スポンサーサイト


お散歩 | 14:56:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。