■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Laulu-08 の吸音材
下の画像は、吸音材の調整中のLaulu-08です。

laulu08吸音材


Laulu-08は、裏板を傾けており、定在波の発生を抑える設計ですので、
最初は、吸音材無しでもいけるかなと思いましたが、
結果的には、吸音材を少し入れた方が良いようです。

吸音材無しの状態では、音が活き活きとして、最初の印象は悪くないのですが、
長時間聴いていると、なんとなく癖が気になってきます。
この状態だと、吸音されないエンクロージャー内の響きが、
ダクトや振動板を通して漏れてくるようで、
微小信号が消され、細かいニュアンスが乏しくなる印象を受けました。

その反対に、吸音材が多すぎても、響きの少ないデッドな音になります。
雑味は少なくなりますが、明るさや軽やかさの無い、重く沈んだ響きになり、
聴いていて、なんとなく物足りない感じになります。

吸音材の調節は、聴感上は明らかに違いを感じても、
測定すると違いが出ることが少ないので、微妙に難しいところです。

裏板を傾斜させているので、平行面のみに吸音材を貼れば良いかなと思いましたが、
試しに裏板に貼ってみると、明らかに音が違うとか、
ぱっと聴いた感じは良くても、長時間聴いていると、
「ウ~ン、これは ちょっと」という感じになったり・・・

吸音材の量は、結局のところ、個人の好みというところに帰結するのですが、
最終的には、上の画像のような感じになりそうです。
天板、側板の片方の一部、裏板の一部、底板の一部。

この量ですと、微小信号も潰れずに再生されるようで、
吸音材無しの状態に比べて、音に雑味が少なく、
音像にスーッと奥行きが出てくるような印象です。
もう少し、調整するかもしれませんが、
この程度が、癖を感じないぎりぎりの量でしょうか・・・
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-08 | 12:30:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ