FC2ブログ
 
■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Tang Band W4-927SEF がとても良い
デュアル・バックロードホーンの Monolith-E10 用に、
10cmフルレンジ・ドライバー W4-927SEF を購入してみました。

w4-927


W4-927SEF は、Tnag Band による、10cm 口径の フルレンジ・ドライバー です。
フレーム は、ラウンド・フレームでルックスが好く、
黒く着色された ポリプロピレン (PP) のコーンと、金属製のフェイズ・プラグが、
精悍な印象を与えます。

フレムーは、アルミ製のダイキャストで 強度が高く、高級感があります。
振動版の背面もダンパー背面も、気流抵抗が少なくなるように広く開口しており、
構造的にも、非常に優れたものだと考えられます。

このドライバーは、やや攻撃的なルックスに見えることから、
ポップスやジャズに合いそうな、元気な音が出そうな印象を与えますが、
実際の再生音は、「個性が無いのが個性」とでも言えそうな、
癖や色付けの少ない、モニター・ライク な音がします。

このドライバーを最も特徴的づける外観は、
滑り止め付きの鉄板の模様のように見える、
おそらく コーンの剛性を高めるために設けられた、
ルックス的に あまり美しくはない「リブ」ですが、
このリブは、このドライバーの音質的な美点には、
非常に貢献しているものと思われます。

PPコーンは、小口径ドライバーの振動版としては、
音質的・音色的に非常に優れたものだと感じますが、
ある程度の口径になると、強度的な問題が生じるのか、
音から、ぱりっとした「張り」のようなものが失われます。
その対策として、リブ加工が施されているのだろうと考えられます。
とは言っても、10cm程度の口径なら、PPコーンであっても、
振動版を厚くすれば必要な強度を得られるはずですが、
その場合は、ハイ上がりの特性にはなりにくいはずです。
ちなみに、W4-927SEF の mms は不明ですが、
同じコーンを使用し、磁気回路が違う、W4-927SC というドライバーの mms は、
3.45g と非常に軽くなっており、やはり、振動版が薄く強度が低いことから、
リブを形成することによって、必要な強度を得ているのだと考えられます。

人によっては嫌悪感を感じそうなルックスの この振動版は、
音質的に非常に優れたものであることは、聴感上は明かで、
軽やかさと重厚さ、ダイナミックさと静けさ、温かさとクールさなど、
両立の難しい、音の矛盾した要素が、融通無碍に表現され、
ある種の万能さを感じさせます。

この音は、PPの柔らかさと内部損失の大きさ、
リブ加工によって得られる強度の高さ、そして、その強度によって実現できる薄さと軽さ、
つまり、「薄さ、軽さ、柔らかさ」と「強さ」という矛盾した要素の両立によって、
もたらされるものだと感じます。

小口径フルレンジ・ドライバーの振動版として、
リブ加工などの補強を施した、薄くて軽量な PPコーン というのは、
最終的な解答の一つになりえるものだと感じます。

しかし、樹脂製品は、不純物の混入などが影響するのかもしれませんが、
経験的に、品質によって寿命の長さが極端に違います。
この製品は中国製であることから、寿命の長さについては、若干の不安が残ります。
例えば、日本製の樹脂製品と比べると、
10倍程度の寿命の差があることも、特に珍しくはありません。

私は、このドライバーの ややハイ上がりの周波数特性が、
バック・ロード・ホーン(BLH) に適合しそうだと思い購入したのですが、
実際に、BLH との相性は良いようです。

しかし、ハイ上がりとは言っても、ポリプロピレンの材質的な特徴なのか、
耳が痛くなるような、ヒステリックで激しい音は出ませんし、
聴感上は、本当にハイ上がりなのか疑わしくなるような、
全域に渡ってフラット感のある、素直な再生音です。

そして、周波数特性上の、聴感的に目立つピークや
音色的な雑味や、共振性の付帯音など、音楽への没入を妨げる要素が少なく、
このドライバーは、音楽を聴くためのツールとして優れたものだと感じます。

PPコーンは、比較的 内部損失が大きいためか、ペーパー・コーンなどに比べると、
微小信号の再現性や繊細さの表現に劣るように感じますが、
その分、神経質な音色にならず、落ち着きと深みのある音色が得られます。
この辺りは、一長一短で、好みやソース、用途などにより、評価が分かれるものなので、
どちらが優れているかの判断は難しいでしょう。

そして、神経質な音色になりにくいということは、
BLH に適合するような、ハイ上がり気味の特性にした場合、
他の材質の振動版に比べて、ヒステリックな音になりにくく、
音色的な瑕疵が生じにくいということでもあることから、
PPコーンというのは 意外と、BLH 向きの振動版かもしれません。

それぞれの帯域を見ていくと、中域は、ほぼ完璧といってよく、
音色的な色付けの少ない、非常に正確な音を再生します。
かなり意地悪な聴き方をしても、瑕疵らしい瑕疵は見当たらず、
この個性的なコーンの完成度の高さを感じさせます。

ボーカルの再生は、PPという材質に由来する音色的な優しさや温かさがありながらも、
ハイ上がりの特性に由来する、快活さや爽やかさ、透明感も兼ね備えており、
矛盾した音の要素を、このドライバーは、上手く両立できています。
W4-927SEF は 10cm 口径であることから、
8cm口径では少し細く人工的になりがちな男性ボーカルも、自然な太さを備えていますし、
女性ボーカルも、特性的・音色的な相性が良く、非常に優れています。
一般的にハイ上がりの周波数特性は特性は、
冷たく人工的なボーカル再生をもたらしますが、
W4-927SEF は、クリアーかつナチュラル なボーカル再生を実現しており、
ボーカル再生という点において、このドライバーは、最良の物の一つだと感じます。

ボーカル再生に限って言えば、PPコーンから再生されるボーカルは、
ペーパー・コーンで感じる、かさつき感などの雑味、
または、メタル・コーンで感じる、共振性の付帯音などが少ないためか、
いかにも機械から再生されている音という印象が少なく、
現時点で ポリプロピレン は、人の声と最も相性の良い素材だろうと、私は感じています。

低域は、筋肉質で硬く、躍動感があり、
軽い振動系を強力なモーターで駆動することよって得られるタイプの、
ダイナミック・レンジの広さを感じさせる低音です。
磁気回路は、10cmドライバーとしては 比較的 大きく、
ボイス・コイル径も 25mmと、10cmドライバーとしては大きめなので、
かなり大きな BLH エンクロージャー でも 軽々と駆動し、
なかなか凄みのある低音を再生してくれます。
おそらく、コーンに設けられたリブも、コーンの強度を高めることによって、
低音の硬さや力感の向上に貢献しているものと思われます。

Tang Band のフルレンジ・ドライバーは、どのドライバーのスペックを見ても、
20kHz を超える、可聴域外の音を再生する気が無いのか、
比較的 大きなボイスコイルを採用する傾向があるように感じますが、
そうすることで、モーターの駆動力を向上させることができることから、
小口径ながら、力強い低音が期待できます。
この辺りの判断は、音作りにおける、Tang Band のバランス感覚の良さを感じさせます。

しかし、大きなボイス・コイルを使った場合、
原理的には高域特性が悪くなるはずですが、
W4-927SEF は、ボビンが露出した構造であること、
そして、おそらく振動系の質量が小さいことから、
高域の不足も免れており、前述のように、
ハイ上がり気味の周波数特性になっています。

コーンの背面を見てみると、
コーンの中心部にダンピング剤が塗布されていますが、
これは、高域の量を抑え、ハイ上がりになり過ぎないように、
という意図があるのかもしれません。

振動版は、センター・キャップを持たない 一枚のコーンなので、
高域の音色も中域と共通していおり、フルレンジ・ドライバーの高域としては、
雑味や煩さが少なく、音色的にもニュートラルです。
何度も同じことを言ってしまいますが、特性的にはハイ上がりなのにも関わらず、
軽薄さや、ヒステリックさ、はしゃいだ印象などは無く、
落ち着きのある自然な高域だと感じます。

しかし、アルミ製のボビンが露出した構造であるためか、
高域に少し金属的な硬さがあり、時々、子音が鋭く響くことがありますが、
中域と高域の音色的な繋がりに、違和感は殆ど無く、
特に問題にするほどのことではありません。

そして、この「子音が時々鋭く響く」という僅かな欠点のみが、
このドライバーの、重箱の隅をつつくようにして探して感じることのできる、
ほとんど言いがかりに近いレベルの欠点ですが、
聴く人の好みによっては、これはむしろ、音色的な好ましさだと感じることもあるはずです。
なぜなら、高域に潜む少しの鋭さは、音のエッジが立ちにくいPPコーンの音に、
必要なエッジを立てることができる要素でもあるからです。

フルレンジ・ドライバーというものは、機械としては、作るのは比較的 簡単で、
しかし、完成度を高めるのが非常に難しいタイプの機械だと思いますが、
この W4-927SEF は、稀に見る完成度の高さを有しており、
10cmフルレンジ・ドライバーとしては、おそらく、最も完成度の高いものの一つだと感じます。
そして、このドライバーに比肩する完成度を備えた10cmフルレンジドライバーは、
それほど多くはないだろうと思います。
再生機器は原理的に、完璧を達成することはできないので、
このレベルの完成度であれば、10cmフルレンジ・ドライバーとして、
実質的に完璧だと言ってよいかもしれません。

名器といわれるものは、ある種の個性を備えたものが多いと感じますが、
個性らしい個性が無いこのドライバーも、完成度の高さということでは、
名機だと言って差し支えの無い逸品だと感じます。

Tang Band にはセンスの良い設計者が居るのか、新興のメーカーなのに、
比較的 短い期間で、よく このような完成度の高い製品を創れるものだと感心します。
もっとも、これは単に、
Korva の耳と このドライバーの音の相性が良いだけかもしれませんが・・・

関連記事
スポンサーサイト





フルレンジ | 12:03:17 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
うわあ、スゴイ。と言いつつどこがスゴイのかが分かりません。
それと記事を読ませていただきましたが正直言ってよく理解できませんでした。
分かったのはKorvaさんが音響技術に造詣が深いこと。それと音の違いがよく聞き分けられるんだなってことでした。
恐らく趣味の範疇でしょうが、これはもう玄人はだしですね。
みっともないコメントになりました。申し訳ありません。







2019-01-26 土 20:01:59 | URL | ミドリノマッキー [編集]
ミドリノマッキーさん、コメントありがとうございます^^

良い製品は応援したくなるので、
長々とレビューを書いてしまいましたが、
分野の違う方には解りにくい記事に、
コメントを下さり、ありがとうございます^^

うちの金魚も元気なので、
金魚の記事なども、そのうち書きたいです。
2019-01-27 日 12:08:21 | URL | Korva [編集]
音響機器のことはよくわかりませんが、
フルレンジドライバー見て、前回の記事の朝顔思い出してしまいました。
朝顔といえば、昔の蓄音機のスピーカーって朝顔に似てますよねー。

ブログ無事更新されててよかったです。
厳しい寒さが続いてますが、Korvaさんも風邪には気をつけてくださいねぇ。
2019-01-27 日 23:32:09 | URL | ponch [編集]
ponch さん、コメントありがとうございます^^
分野が違う記事はコメントしにくいですよね。

確かに、朝顔は蓄音機のホーンに似てますね。
朝顔の花のカーブがホーンに似ているのが、
好きな理由の一つかも知れません。
昔「大人の科学」という雑誌の付録で、
蓄音機を作ったことがあるのですが、
電気的な増幅無しで、
結構な音量が出るのに驚きました。

ponchさんも風邪には気をつけてくださいね^^
2019-01-28 月 11:30:07 | URL | Korva [編集]
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたしますヾ^-^) ♪
今年最初のKorvaさんの記事は
1度目に読んで感じたのは「難しい ヾ(;´▽`)ヾ」(笑)。
お二人の方のコメントにいろいろ共感したり
「そういえば金魚は元気かな?」とか
「蓄音機を造った....!?」などと思ったあと
コメントが書けそうになくて一旦おいとましました …^^;

2度目に読ませていただいたら「けっこう楽しい♪」。
ご興味のあるものを、人間を評する感じで
豊かに表現する繊細な感受性とか表現力にびっくりしました。
生物ではないものにも、性格や性質といったものを
人は感じるところがあると思います。
そういった感覚には共感を覚えるからでしょうか、
専門的なことは変わらず難解だったのに
2度目はとても楽しく読んでいました。

音について表現するいろいろな言葉があるんですね。
モニター・ライクとかハイ上がりとか
意味が分かりたい単語を気づけば辞書で引いたりしてました。
蓄音機の、ラッパみたいな形のうねうねしたホーンは
確かに朝顔の花の形にとてもよく似ていますね!
2019-01-29 火 20:00:53 | URL | HeartLiberty [編集]
HeartLiberty さん、今年もよろしくお願いします<(_ _)>

ご興味の範囲外だと思いますが、
わざわざ読んでいただき、丁寧なコメントまで下さり、
ありがとうございます。

蓄音機と言っても、ただ組み立てるだけのキットですよ(笑)
「大人の科学」と言う雑誌があって、
毎号、色々と面白いキットの付録が付いているので、
昔、時々買っていました。

そう言えば、スピーカーの世界には、
ご自分で蓄音機のホーンっぽいスピーカーなどを
作っている猛者もいて、感心させられます。
物作りの世界を見ていると、
そうではないと信じたい人も多いようですが、
日本人の創造性は傑出していると感じます。

文才には自信がありませんが、
私の拙いレビューを褒めていただいて、
ありがとうございます^^
2019-01-30 水 14:47:37 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する