FC2ブログ
 
■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

わが家の金魚たち
1ヶ月ほど前から、金魚を2匹 飼い始めました。

tank20180502


水槽は、10年以上前に買った、テトラの「メダカ飼育セット」です。
このセットは、今も販売されていますが、
外掛けフィルターがモデル・チェンジしています。
この外掛けフィルターは、改造して使っていますが、
今のところ上手く機能しているようで、水はピカピカです。

このメダカ飼育セットは、
妻とお弁当を持って、「里川」という川を見に行ったとき、
妻が「メダカの稚魚がいる」と言って掬った魚を飼う為に、
急遽 購入したものだと記憶しています。

しかし、この稚魚たちは、実はメダカではなく、
ウグイか何かだったのですが、1匹を残して、すぐに死んでしまいました。
最後の1匹は、メダカの餌を食べながら、結構 長く生きて、
私たちを楽しませてくれたのですが、
3cmくらいに育った頃、蓋とフィルターの隙間から飛び出したのか、
水槽の横で干からびて死んでいるのを発見しました。
ウグイのような活発な魚を、この小さい水槽で飼うのは、
無理があったのでしょうか・・・

tank20180502b


水槽の後ろに外掛けフィルターがあるので見にくいですが、
水槽内のレイアウトです。
金魚の隠れ家と、人工の水草と人工の流木が置いてあります。

wakin20180502


金魚たちは、いつもは活発に泳ぎまわっていますが、
撮影しようとすると、なぜか隠れて出てきてくれません。

金魚の種類は、普通の「和金」です。
よく大型魚の餌として売られているような、
いわゆる「小赤」という金魚なので、
興味を引くような、美しい柄のようなものはありませんが、
いつも見ていると、個体差も判別できるようになりますし、
段々と愛着が湧いてきて、可愛く思えてきます。

Korva の好きな「星の王子さま」にも、
同じようなことが書かれていますが、
「価値のあるものが大切なのではなく、
 大切にするものが価値のあるものになる」 のだと思います。
一般的には、ほとんど価値の無いものが、
共に時間をすごしたり、手間をかけて面倒を見たりしているうちに、
自分にとって、かけがえの無いものになっていく過程というものが、
Korva はなんとも言えずに好きなのです。

minishikuramen20280502


これは3年ほど前に、100円ショップのダイソーで買った ミニ・シクラメン です。
最初は本当に小さな株でしたが、今は大きく育ち、沢山の花を咲かせて、
目を楽しませてくれるようになりました。

スポンサーサイト


アクアリウム | 10:58:21 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
最近は金魚飼ってるんですねー。
金魚は水換えとか意外と手がかかりますよねー。
最近のダイソーはシクラメンも売ってるんですねー。
小さいシクラメンが大きく育ったら嬉しいですよねー(*´∇`*)

今年に入ってから更新が無かったので、
このままブログ辞めちゃうのかなーと思ってましたが、
更新があってよかったです。
自分も中学生のときに見た夢の話を描いたので、
よかったら見に来てください。
2018-05-03 木 14:28:43 | URL | ponch [編集]
ponch さん、コメントありがとうございます^^
その節は素敵なイラストを描いていただき、本当にありがとうございました。

金魚は人に慣れる魚なので、
人が近づくと餌をほしがる様子が可愛いですよ。

ダイソーは、サボテンや観葉植物などの小さな苗が売っていますよ。
手間や時間などを考えると、最初から大きな株を買うほうが良いような気もしますが、
小さい苗を大きな株に育てるのは楽しいです。

最近は少し精神的に余裕ができてきたので、
またぼちぼちブログを書けるようになればよいなと思います。
2018-05-04 金 11:07:11 | URL | Korva [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-05-08 火 23:01:40 | | [編集]
ずいぶんステキな空間がお家の中に出来上がりましたね!
そんなに昔に買われた水槽で
奥さまとご一緒に楽しまれ始めた金魚たちとの時間。
お写真を通してでさえ、和んでしまう風景です。
金魚とメダカを飼ったことがありますが、
いっしょに暮らしていると
なんとも言えない愛着が出てきますよね。

お宅に来ることになったこのシクラメン、美しいですね。
活き活きと元気そうです。

“一般的に” 価値があるとされているもの...。
ほとんど価値がないとされているもの...。
その判断が “一般的” ではないと指摘されることを思うと、

「価値のあるものが大切なのではなく、
 大切にするものが価値のあるものになる」


という言葉にKorvaさんが込められたメッセージを
適切に捕らえることが出来ていないかも・・・。
Korvaさんが「価値がある」と思っていないものは、
価値が本当にないのかなあ・・・と。 

Korvaさん自身がおつらい精神状態の間に、
Korvaさんと同じ家に暮らすシクラメンたちは
こんなにも元気に、スクスク育ったのですね ❀(*´◡`*)❀
2018-05-09 水 06:44:39 | URL | HeartLiberty [編集]
鍵コメさん、コメントありがとうございます^^

鍵コメさんも、金魚を飼っていらしたのですね。
20cm以上に成長したとは大したものですね。
生き物に死なれると、どうしても「死なせてしまった」という
感覚が生じるので、辛いですよね・・・

鍵コメさんのブログは、いつも共感しながら拝見しております。
今度そちらにコメントさせていただきたいと思います。
2018-05-09 水 11:41:31 | URL | Korva [編集]
HeartLiberty さん、コメントありがとうございます^^

HeartLibertyさんも、金魚やメダカを飼っていたことがあるのですね。
こういう小さな生き物というのは、本当に可愛いですね。
私もメダカを飼っていたことがありましたが、
屋外の鉢で育てていたので、寒くなると全滅しました。
知識が無かったので可哀想な事をしました。

価値について、HeartLibertyさんの言わんとすることは、
何となく解りますが、(結果的に私と同じことを言っていると思いますが)
価値というのは、対象そのものに備わっているのではなく、
対象を見る人の心の中に存在するもので、
美に似た性質があると思います。

本当にあらゆるものに価値があると感じると、
ゴミを捨てることもできなくなるので、
結果的にゴミ屋敷に住んでいる人のようになります。
人間らしい健全な生活をするためには、
価値の軽重の区別は必要になると思います。
全てのものに尊い価値があると言うことはできますが、
実際にそう感じて、そう行動する人は、いないと思います。

記事の金魚についても、金魚店が全ての金魚に同じ価値を感じて、
小赤をランチュウと同じような高い値段で売っても、
客の方は、その店では小赤を買わないと思います。
しかし、そういう小赤でも、大切に育てているうちに、
自分にとって、特別なものになってくるということです。
2018-05-10 木 11:42:48 | URL | Korva [編集]
訪問いただき有難うございます。うちでも金魚飼ってます。
可愛くて可愛くて仕方ありません。 Korvaさんの気持ちがよく分かります。
でも今回はつらい思いをしました。
金魚君の産んだ卵を処分してしまったのです。でも孵ってからはなおのこと不憫ですからね。
人間の勝手を詫びつつ、残った金魚君たちを精いっぱい可愛がっていこうと思っています。
金魚の話題に誘われてつまらないことを書いてしまいました。
よろしかったらまた寄らせてください。
2018-05-11 金 21:22:56 | URL | ミドリノマッキー [編集]
ミドリノマッキー さん、ご訪問とコメントをありがとうございます^^

ミドリノマッキーさんは、金魚の池をお持ちなのですね。
池の掃除の記事を拝見しました。
金魚は和金とコメットでしょうか。
大切に育てていらっしゃるようですね^^
そう言えば、子供の頃、友達の家の庭に金魚の池がありましたが、
いつも空っぽで、池には落ち葉が積もっていたので、
魚が好きな私は、いつももったいないなぁと思っていました。

金魚の卵の処分も可哀想ですが、
孵化してからだと、もっと可哀想なので仕方ないですよね・・・
私も昔、金魚の里親探しではないですが、引越しをすることになり、
屋外の鉢で飼っていた、7~8cmくらいに育った金魚をどうするかで、
頭を悩ましたことがあります。
そのときは、金魚を買ったお店に掛け合って、
何とか引き取ってもらったので、事なきを得て、死なせずにすみました。
2018-05-12 土 11:14:02 | URL | Korva [編集]
「価値」についてのKorvaさんのご説明、
とても分かりやすかったです。
よそ様に分かるような言葉で
伝えられないどかしいさがあるときというのは、
“(なぜそんな気持ちになるのかということを)
自分自身、ちゃんとは分かっていない”
ということに気付かせて頂いたようでした。
どうもありがとうございました ❀(*´◡`*)❀
2018-05-21 月 06:41:20 | URL | HeartLiberty [編集]
HeartLiberty さん、コメントありがとうございます^^
私の勝手な意見ですが、
ご理解いただき、ありがとうございます。
2018-05-22 火 22:07:32 | URL | Korva [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-02 土 11:10:47 | | [編集]
鍵コメさん、コメントありがとうございます^^

お元気そうで何よりです。
心配していたので良かったです^^

そして、妻の心配をしていただき、ありがとうございます。
お陰さまで、私ともども、元気で過ごしています。

権威と権力のお話は、私も似たようなことを考えます。
みんなが大切に思うことで、自然に生じる権威による統治がおこなわれるとき、
その統治は美しいものになるというのは全く同感です。
そして、その様な統治が行われるとき、国というのは、
一つの家族のようになるのだと思います。
そして、昔の日本人の立派さというのは、
その様な国の形を自然なものと捉えていたことや、
権威のある立場の人達が、ノブレス・オブリージュを
当たり前のように備えていたことに起因しているように感じます。
左派は特定(自分)の立場に囚われた見方に固執するので、
国というシステムや権威のある立場の人の、悪い面ばかりに注目して、
良い面を見ようとはしませんね。
個人として実現できないものを、システムとしては簡単に実現できるのですが、
彼らは、個人というものに囚われるので、
システムを個人を抑圧するものだと見なして敵視するわけです。
たとえば、平和を実現するためには、
それを実現するためのインフラやシステムが必要になりますが、
彼らはそういうものを非常に憎みますね。
彼らの、このようなものの見方が、日本古来のものではなく、
外国の政治論の受け売りだというのは同感です。
右派は同族愛護的で日本や日本人が好きですが、
左派は同族嫌悪的で、日本や日本人が嫌いなので、
外国のものを(日本のものより劣っていても)有難がるのでしょうか・・・
死後は似たものばかりが集まって暮らすという証言が多いですが、
同族嫌悪的な人が集まる場所というのは、
天国にはなり得なさそうです(笑)
2018-06-03 日 09:47:32 | URL | Korva [編集]
こんにちは^^
金魚さん達の空間
毎日見ておられると
かわいさも増してこられることでしょう。

自分が大切にしているものは
よりいっそう価値のあるものとして
感じるようになりますよね。

価値とは、客観的に存在するというよりは
そのものを観察する人間との関係性によって
生じるものだろうと思っております。

ミニ・シクラメンちゃんたちや
金魚ちゃんたち、少しでも
元気に長生きしてほしいものですね(^^)

2018-08-10 金 14:31:48 | URL | 坊主おじさん [編集]
坊主おじさん、コメントありがとうございます^^

金魚たちは、今も元気です。
最近は2匹の個性の違いも判ってきて、
観察していると面白いものです。
段々と大きくなってきたので、そろそろ
大きめの水槽に移す必要があるかもしれません。

「価値とは、客観的に存在するというよりは
そのものを観察する人間との関係性によって生じるもの」
というの、おっしゃるとおりだと感じます。
そして、感じる価値によって、関係性も変わってきますね。
私の好きな「星の王子さま」に、
子供たちは、ぼろぼろの人形に多くの時間を費やし、
そのぼろぼろの人形は、彼らにとってかけがえの無いものになる。
だから、子供たちは幸せだ、というような場面があります。
客観的には、ゴミ同然でも、主観的には、宝物なんですよね。
なので、人が大切にしているものは、
自分からはゴミのように見えても、
尊重しなければいけないなと感じます。
2018-08-11 土 10:03:39 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ