FC2ブログ
 
■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Monolith-E08
ずっと作りたくて、なかなか作れずにいた Monolith-E08 を、やっと作りました。

monolith-e08_20170916


今、エージング中ですが、音に厚みがあり、開放的に朗々と鳴ります。
ボーカルは、小口径らしくない厚みと艶やかさとエレガントさがあります。
低音も、解像度が高く、音階も明確で、反応も素早い感じです。
チェロなどは、弓が弦を引っかくゴリゴリした硬い質感も、リアルに表現します。

Monolith-E08 は Extended Dual BLH で、Monolith-E08A と同じ構造ですが、
Monolith-E08A は、Alpair-6p 専用エンクロージャーで、
Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーです。

Alpair-6p は、非常に優れた8cmフルレンジ・ドライバーですが、
8cmフルレンジとしては、ドライバーを取り付ける穴(バッフル・ホール)が大きいことから、
スパイラルBLH などでは空気室も大きくなってしまうため、
BLH としては理想的な設計ができない場合があり、
Monolith-E08A も、少し大きめの空気室を持っていました。

その様なことから、Monolith-E08A は、
ミッド・ローの帯域が少し薄めかなと感じることがありましたが、
癖がなく、聴き疲れしにくく、クラシックなどには好適な音でもあるので、
まぁ、これはこれで良いかという感じで、使っておりました。

しかし、今回の Monolith-E08 は、汎用エンクロージャーということもあり、
ドライバーに由来する制限もなかったので、何の妥協点もなく設計できました。

BLH は構造的に複雑なため、
理想的な設計と、ルックスの良さを両立するのが難しいのですが、
今回の Monolith-E08 では、これを完全に両立できたかなと思います。

Monolith-E08 は、
音の良さ、理想的な設計、デザインの良さ、
この三つを高いレベルで纏めることができていると思いますし、
Korva の考える 「 理想的な BLH 」 というものを、
やっと形にすることができたかなと感じています。

関連記事
スポンサーサイト


Monolith-E08 | 13:39:57 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
エージング中でも、いい音が出ているようですね。

> 音に厚みがあり、開放的に朗々と鳴ります。
「音に厚みがある」とは痩せてない音、情報量が多い音、
そして重厚な音というようなニュアンスも感じるのですが、
「開放的に朗々と鳴る」というのは、音離れがよく、
密閉箱のような詰まり感がないという意味ですかね。
この方式は通常のバスレフ式より背面に空間が多いので、
さぞかし軽快に、繊細に、気分よく鳴るのだろうと感じます。

というようなことを書かなくてもKorvaさんが名文で書いてありました。
> ボーカルは、小口径らしくない厚みと艶やかさとエレガントさがあります。
> 低音も、解像度が高く、音階も明確で、反応も素早い感じです。
> チェロなどは、弓が弦を引っかくゴリゴリした硬い質感も、リアルに表現します。

昔はオーディオ雑誌をよく読みました。
オーディオ評論家というのは、耳が良いだけではなく、
音質をうまく言い表せる、言葉の巧みな人ですね。
表現がうまい人の文章を読んでいると、
実際に再生音を聴いているような気持ちになったものです。

Korvaさんは設計の部分の説明も上手で、感心しています。
「何の妥協点もなく」とか「完全に両立できた」とか
「理想的な BLH 」 というものを、やっと形にすることができた」
と言われると、ぜひ一度聴いてみたいという気になります。^^)
2017-09-23 土 19:51:36 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^

私は文才がないのを自覚しているので、
バーソさんのように文才のある方に褒められると、
なんだか、からかわれているような気分になりますが、
ありがとうございます^^

最近は、あまり文章には拘らないようにしています。
色々と表現を考えるというのが、面倒臭いというのもありますが、
人の文章を読んでいると、
特に何の変哲もないような朴訥な文章であっても、
その人の思いや人柄が伝わってくるようなものは、
なんとも言えず、深い味わいがあってよいものだなぁと感じることが多く、
私の乾いた単純な文章も、まぁ、それはそれで、
自分らしくて良いのかもしれないな、とも思います。

Monolith-E08 は、ちょっと面白い鳴り方をします。
ユニットから音が出ている感じではなく、空間が鳴っているような・・・
BLH によくある、冷たく硬い音ではなく、
ウォームで厚みのある音ですね。
2017-09-24 日 13:25:50 | URL | Korva [編集]
からかうつもりなど全くありませんよ。
Korvaさんのことは、私のたった一人のオーディオ愛好仲間だと
思っていますので、そんなことを一瞬たりとも思ったことはありません。

言葉の表現法はいろいろあると思います。
修辞がうまくて、うっとりするような美文調に書く人もいれば、
ポンポンとリズムで調子よく書く人もいます。
長岡さんは内容のユニークさで読者を惹きつける人です。
作家でもオーディオ評論家でも同じで、書き方はいろいろあります。

Korvaさんの文章は相当練られているようで、誤植はなく、
文章構造からも言葉の端々からも、細やかな神経がうかがえます。

どうも私の言葉が足りなかったようですが、
飾り言葉を使わず、簡潔明快にわかりやすく書かれている文章も
同じく名文の範疇に入るのですよ。

からかおうというような意味など全然ないですからね。
でも、そう思わせたのであれば、大変失礼しました。
2017-09-25 月 13:22:40 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^

バーソさんに そういう意図があるのだろうということではなく、
単に、私が文才がないというのを自覚しているので、
文才のある方に褒められると、主観的に、
そう感じるというだけのことです。

そして、今 気付いたのですが、
どうも、文章に凝ったりするのが、
格好をつけているようで恥ずかしい、という意識もあるようです。
他の人の凝った文章を見ても、そのようには感じないので、
そういう余計な意識は無くしていったほうが良いですね。

かえってご心配をおかけしたようで、申し訳ありません<(_ _)>
2017-09-27 水 11:24:11 | URL | Korva [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-10-07 土 13:55:27 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。