■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

チプカシの王様? A158W
今回は、Korva が密かに、
「チプカシの王様」なのではないかと思っている A158W です。
なぜ、A158W がチープ・カシオの王様だと思うのかというと、
コスト的に極めて制限されていながら、モノ としてのバランスが良く、
非常に完成度の高い製品に仕上げられていると、感じるからです

a158w


同じく、Korva のお気に入りであるチプカシの B640W と比べると、
タイマーが無いことや、月の表示がないことなど、
機能的には、B640W に劣りますが、
価格的には、B640W の半額以下です。

a158w_b640w


液晶表示は、B640W の方が、
フォントの線が太くて、ぱっと見の視認性が高いですが、
A158W は、フォントの線が細く、上品な印象を受けますし、
フォントの縦横の比率のバランスが良く、美しく見えます。

A158W の欠点として、バック・ライトが暗いということが、よく言われます。
明るい場所で、バック・ライトを使うと、確かに、貧弱な光量ですが、
実際に暗い場所で使う場合には、しっかり秒まで読み取れるので、
実用的には、不足の無い光量だと思います。
それに、バック・ライトの光量を抑えた方が、
電池が長持ちするというメリットもあります。
使用している電池は、どちらも CR2016 で、
電池寿命は、A158W の 7年 に対して、
B640W は 3年 しかありません。
このことから、A158W には、できるだけ電池寿命を長くしようとする
設計思想があるのだろうと思います。

ケースのデザインは、どちらも、機能美を感じさせる、シンプルなもので、
嫌味がなく、飽きの来ないデザインだと感じます。
カシオのデザインには首を傾げるものが多いですが、
この2つは、なかなか完成度の高いものだと思います。
B640W は、割と上品で大人っぽい感じがしますが、
A158W は、少し学生的な雰囲気を感じさせます。

そして、A158W の文字盤のデザインは、
1980年代の雰囲気を醸し出しています。
この時代のデザインは、エレガントさには欠けますが、
A158W の文字盤は、色彩が控えめなので、
遠くから見ると、黒っぽい文字盤に見えて、変な派手さは感じませんし、
近くから見ても、割とシックな感じに見えます。

チプカシについて、「ノスタルジー」ということがよく言われますが、
A158W のように、特定の年代を感じさせるデザインのものは、
多感な時期に、その年代を過ごした者には、
特に、ノスタルジーを感じさせてくれるものではないでしょうか。
これを腕にはめて、学生時代の気分でも思い出して、
ノスタルジーに浸るのも、悪くないと思います。

こういうタイプのデジタル・ウォッチは、
若者向けのデジタル・ウォッチということで、
"Youth Digital" というカテゴリーに分けられていますが、
Korva は、若い頃、
デジタル的なことに大きな関心があり、関わりも深かったので、
余計に、こういうタイプの デジタル・ウォッチ に、
ノスタルジーを感じるのかもしれません。

A158W のケースは樹脂製で、クローム・メッキ が施されています。
テカテカした質感のメッキが、チープさに拍車をかけていますが、
なかなか丈夫なメッキのようで、
結構 使い込んでも、一向に剥げる気配がありません。

そして、B640W の風防は、
なぜか意外と軟らかく、傷がつきやすいのですが、
A158W の風防は、アクリル製なのは同じですが、
比較的 丈夫な様で傷がつきにくく、
耐久性では、A158W に分があるようです。

a158w2


A158W を時計単体として見ると、いかにもチープな感じがしますが、
実際に腕にはめてみると、結構 様になったりします。
服と同じで、好みのものでも似合わないものや、
好みではなくても似合う物というものも、あるようですね。

もともと、チプカシは、子供に持たせるような、
安物の腕時計ということもあるのだろうと思いますが、
サイズ的には やや小ぶりの ボーイズ・サイズ のものが多く、
手首の細い人には、ちょうど良い大きさなので、
重宝することが多いのではないかと思います。

a158w3


ベルトは金属製ですが、
ウレタン・ベルトのように突っ張る感じが無く、
装着感は意外に良いと感じます。
ケースとベルトの、デザイン的な調和も良いですね。

A158W の唯一の欠点と言えるのは、
質感が安っぽく、高級感が無いことだけですが、
これは、実際に安物なのでしかたがありません。
チープなものが可愛いと思う人が使えば、
これも特に、欠点だとは言えませんね。
関連記事
スポンサーサイト


腕時計 | 11:02:39 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
こんばんは~
チプカシという言葉は初耳ですが、意味はすぐわかりました。
型番で検索したら、ずいぶん安いのですね~。驚きました。
時計の電池の交換代プラス何百円です。
ケースは合成樹脂。バンドはステンレス。
よくこんな価格で出来るものです。
レビューを見たら、35年ぶりぐらいに再会できたというのが
ありました。ロングセラーのデザインなんですね。
そういえば昔のアメリカ映画で見たような気もします。

私は、アナログ式で針の多いクロノグラフが好きですが、
時針と分針と秒針以外の針の位置は気にしたことがありません。
つまり飾りに過ぎないような付加機能を喜んでいます。
これも昔の何分の一かで買えるようになりました。
amazonで自動巻のクロノグラフが数千円で買えるので、
最近、二個買いましたよ。ちょっと重いですが。

実用的にはこちらの時計のほうがはるかに上そうです。
Korvaさんは多分アナログ派だろうと思っていましたよ。(^^♪
2017-07-09 日 18:46:46 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^

バーソさんも、やはり腕時計が好きなようですね。
私も、もともとの美意識としては、
アナログ時計の方が、圧倒的に好きなのですが、
サイズ的に合うものが少ないのと、
デジタルは色々と便利な機能があるので、
使っているうちに段々と愛着が湧いてくる、
というのもありますね。

やっぱり男性は、針の沢山ついたクロノグラフは好きですよね^^
私も以前、ホームセンター内の時計店で、
セイコーの SNDA27P1 というクロノグラフを買ったことがあります。
セイコーのクロノグラフが、なぜこんなに安く売っているのだろうと、
訝しみながら、でもデザイン的に非常に自分好みだったので、
買ったのですが、半年もしないうちに電池が切れてしまいました。
電池がなくなる前に、原価に近い価格でも売ってしまいたかったのでしょうね。
電池交換のために、裏蓋を開けると傷がつくので、新品では売れなくなりますし。
これも、自分にはサイズが大きすぎたので、電池交換せずに、お蔵入りしました。
機械式のクロノグラフを買ったこともありますが、
リューズを回すのが、指の皮がむけそうになるくらい重くて、
これも早々に売ってしまいました。

バーソさんの記事は味わい深いので、
腕時計の記事も読んでみたいなぁと思います。
2017-07-10 月 09:05:32 | URL | Korva [編集]
Korva さん、こんにちは^^

Korva さんは製品の完成度について、独自の美意識をお持ちのようですね。

多感な時期に流行っていたデザインや音楽は、ノスタルジーを感じさせてくれますね。
私も1980年代の学生時代には、特別な懐かしさがあります。
(Korva さんとは、ちょっと歳が違うと思うのですが・・・。)
そういえば、何となくうっすらと、その頃、男性はこのような時計をしていたかな、という気もします。

ノスタルジーといえば、私が最新の記事に付けた音楽のタイトルが「ノスタルジア」なのです。
もしかしたら、Korva さんのこちらの記事を読んで、このタームが潜在意識の中にあったのかしらと、今ちょっと思いました^^
2017-07-17 月 16:03:44 | URL | Ariane [編集]
Ariane さん、コメントありがとうございます^^

こういうタイプの製品は、
私のもともとの美意識とはかけ離れたものですが、
いったん自分の美意識から離れて、よくよく見てみると、
少しずつ魅力がわかってくるので、世の中に、
良いと思えるものが少しずつ増えて、楽しいと思います。

小学生の頃、スーパー・カー・ブームがあったのですが、
友人が格好良いと言っていた車が、
私には非常に格好悪く見えていました。
スーパーカー図鑑を眺めながら、
なぜこの車が良く見えるのだろうかと不思議だったのですが、
何日か眺めているうちに、ある日、
その車のデザインの良さがわかって、
しかも、自分が良いと思っていた車よりも、
高度なデザインだということにも気づいて、
少し衝撃を受けたことがありました。
それ以来、第一印象で好きだと思えなくても、
よく解っていないだけかもしれないなと、
思うことも多いです。
2017-07-17 月 21:27:53 | URL | Korva [編集]
チプカシって何かと思いきや、カシオのことだったんですねー。
時計は値段より性能だと思いますが、たしかにデジタル表示はアナログ表示よりもチープに見えてしまいますね。
最後のアナログ世代の自分が親に買ってもらった時計はアナログ時計でしたが、アナログ世代はアナログ時計にはとかく思い入れがありますよね。
もっともスマホとか持ち歩くようになったら、時計をはめる習慣もとんと無くなってしまいました(^q^)
2017-07-19 水 16:59:15 | URL | ponch [編集]
ponch さん、コメントありがとうございます^^

そうですね。
いくら材質を高級にしても、デザインを工夫しても、
デジタル時計は、液晶表示な時点で、
どうしてもチープに見えてしまいますし、
なんとなく、思い入れや愛着を持ちにくい感じもしますね。

そう言えば、ponch さんは、
絵を描くのもアナログ派のようですね。
私は昔(中学生の頃)、パソコンでお絵かきソフトなど作って、
絵を描いて遊んでいましたが、その頃は絵を描くのより、
ソフトを作るのが楽しかったです。
2017-07-19 水 17:27:47 | URL | Korva [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-19 水 20:03:11 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-22 土 10:20:06 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ