■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
耳守神社
久しぶりの更新となります。

先月は(今も)少し疲労が溜まっていて、
一度もブログを更新できませんでした ^^;

先日、気分転換に、パートナーと、
茨城県小美玉市にある「耳守神社」に行ってきました。

mimimori_2017_1


耳守神社は、日本に一つだけしかない耳の神社ということで、
オーディオ・マニアとしては、少々気になる神社なのです。

mimimori_2017_2


この神社の由来は、

第3代常陸大掾繁盛の五男・五郎左衛門兼忠(後に飯塚と名乗る)の千代姫という娘が
7歳になっても耳が聞こえず、夫婦は思案の末、熊野神社に娘の耳が治るよう願をかけ、
満願を迎えた朝不思議なことに千代姫の耳が聞こえるようになった。
やがて千代姫は成長して33歳になったある日、風邪がもとで床に伏してしまった。
病は悪化する一方で、ついに明日をも知れぬ身となった千代姫は両親に
「われ亡き後に社を建ててもらえれば、耳の病を守護せん」と言って息を引きとった。
遺言通り両親は千代姫愛用の鏡をご神体として栗又四ケの地に社壇を設けて
「耳守」と号して祭礼を営み続けた―。
しかし、1590年(天正18)大掾氏は佐竹氏に滅ぼされ、
一族である飯塚氏も同じ運命をたどったので耳守神社も無くなり祭礼も断絶したが、
その後、地元の人たちが神社を建て直し、
姫の命日の9月9日には祭礼も執り行われている。

ということのようです。

耳の神様なので、33歳で・・・、ということなのでしょうか。

momomori_2017_3


豆腐をお供えすると、ご利益があるらしいのですが、
おそらく、千代姫さまの好物だったのでしょうね。

お社には、願い事を書いた竹筒が沢山 吊るされていましたが、
「耳が筒抜けになるように」という願いが込められているのでしょうか。

もともとは、耳の病気を治してくれる神様だということで、
「耳が悪くなりませんように」という願い事は、
少しずうずうしいかなとは思いつつ・・・
祈願をしてまいりました。

momomori_2017_4


そして、参拝をした後は、耳守神社の前にある駐車場で、
のどかな風景を眺めつつ、お弁当をいただきました。

mimimori_2017_5


この日は、久しぶりに暖かくて、
少しだけ春を感じさせる陽光の中でいただくお弁当が
美味しかったです^^
スポンサーサイト


ドライブ | 13:49:47 | トラックバック(0) | コメント(9)
コメント
茨城県には耳守神社なんてあるんですね。はじめて聞きました。
お弁当美味しそうですねー(^o^)
しばらく更新がないので気になってましたが、今はお元気そうでよかったです。
自分も先月は個展で忙しくて疲労コンバイン状態でした(>_<)

2017-03-01 水 15:03:45 | URL | ponch [編集]
お疲れが溜まっているカラダが
サイコーに喜びそうなお弁当ですね。
見た目にも思わず目尻が下がりました。

ぜんぜん別の場所ですが、知っている神社が
階段も鳥居も境内もよく似た感じで
ちょっとだけびっくりしました。

日本に唯一の耳の神社があるなんて・・・。
お願いごと、叶えずに置かなさそうですね。
2017-03-03 金 01:28:05 | URL | HeartLiberty [編集]
ponchさん、コメントありがとうございます^^
お返事が遅くなり、すみません。

疲労コンバイン(笑)ですか、大変でしたね。
個展なんかですと、肉体的な疲労に加えて、
精神的な疲労も溜まりそうで、
私なんかは、考えただけで疲れてしまいそうです(笑)
これから少しごゆっくりできると良いですね^^
2017-03-05 日 10:58:10 | URL | Korva [編集]
HeartLibertyさん、コメントありがとうございます^^

似ている神社があるのですか。
それは少々興味深いですね。

今のところ、耳は悪くないので、
特にご利益を期待して行ったわけではなく、
気分転換のためのドライブのような感じです。

この神社の近くに、河童の神社があるそうなので、
機会があれば、行ってみたいと思っています。
2017-03-05 日 11:03:43 | URL | Korva [編集]
私もご利益が欲しいです
さすがに齢60を過ぎて、さらに耳の調子は下降気味です。新たに導入したBATPROIIは18kHz~150kHzという、10代の若者でないと鳴っているのかさえ分からないものなので、ジィジとしては本当に困ってしまっています。。。^^;
ああ、10代、20代の耳が欲しい。。。
2017-03-07 火 21:09:38 | URL | LE8T [編集]
LE8Tさん、コメントありがとうございます^^

加齢によって、段々と機能が衰えるのは残念ですが、
できるだけ維持したいですよね。

私は、耳の方はまだ大丈夫なようですが、
最近、目の衰えがひどくて、少々不安になります^^;

音楽には、特に人の声には、
あまり超高音が含まれていないようなので、
10kHz辺りまで聞こえれば、
特に問題は無い様な気もがしますが・・・
2017-03-10 金 11:44:47 | URL | Korva [編集]
Korvaさん、こんばんは (*^▽^)/

河童の神社なんていうのがあるのですね?!

神社の話で思い出しました。
(ご存知かもしれないですが)
淡路島には7つの神社があって、
それをみんな線で結ぶと
北斗七星の形になるそうです!
(ホントかな? )

5年ほど前に淡路島に行ったときには
2つの神社にしか行かなかったのですが、
あと5つもあったなんて・・・。
淡路島にいるあいだ中、
なんだかタイムスリップしたような感じでした。

島への旅が終わって、明石大橋から
車で本土に向かって走っていると、
あまりにたくさんのライトで
本土中が埋め尽くされていて圧倒されました。

あのときは、一度 「島で生まれ育つ。」
という経験をしてみたいな〜と思いました (*^▽^*)
2017-03-22 水 20:21:18 | URL | HeartLiberty [編集]
HeartLibertyさん、コメントありがとうございます^^

宗教施設の配置は、
天体と関係がある場合が多いようですね。
エジプトのピラミッドや、
古代の中南米の文明の宗教施設にも、
そういう話があるようですね。
昔の人は、よく夜空を見て、
そこに神秘を感じていたのでしょうね。

私は、島よりは、山の方に魅力を感じます。
島の方がのほほんとしているような気もしますが、
閉ざされた空間に、少し怖さを感じたりもします。
2017-03-26 日 09:17:20 | URL | Korva [編集]
こんにちは (^^)
"神秘(=神の秘密)" とは良く言ったものですね。

ナスカで有名な地上絵も、
「高次元文明たちの絵」であり
多くの有益な情報を古代人に教え、

「残された人類が
 ”大いなるすべてと繋がった上での”
 人類の発展を望んだ。」


との解釈があるようですが
とても筋の通った話だなあと思っています。

最近、島でしばらく過ごした娘の話を聞き
ますます島のイメージが
ホント、 ”のほほん” ・・・もそうですが、
人間以外の生物との関係の ”無理のなさ”
が感じられて良いな〜と思っていました。

”閉ざされた空間” とか ”怖さ”
という感じ方もあるのですね!
2017-03-27 月 11:26:34 | URL | HeartLiberty [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。