■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

8cm標準バスレフ
デュアル・バックロードホーンは、パーツ数が普通のバックロードホーンの2倍はあるので、
1つ作る手間と時間で、バスレフ・エンクロージャーを何個作れるのだろうかと考えてしまいます。
少なくとも、軽く4個は作れそうですね。
そんなことを考えていると、無性にシンプルなエンクロージャーを作りたくなってきました。
そういうわけで、8cmフルレンジ・ドライバー用の標準エンクロージャーを作ることにしました。

以前、SPEDという大変 優れたスピーカー設計ソフトで、6リットルの8cmバスレフを設計して、
作った事がありますが、その時は低音不足で失敗しました。
失敗の原因は、容積が大きすぎたのと、fdが低すぎたことです。
設計上は、やや大きめの容積で、fdもやや低めで、低音をフラットに伸ばすことが出来ますが、
そのような設計だと、実際に聴いてみた時に、
中低音が痩せて高音が強調された厚みの無いリアリティーに欠ける音になってしまいますので、
設計上では、低音がやや盛り上がる感じにしたほうが、
実際に聴いてみたときに、自然で厚みのある音になるようです。
この6ℓのエンクロージャーは、詰め物で容積を減らすと(4~5ℓ)、
音に厚みが出て結構いい感じになりましたが。

今回作る8cmドライバー用の標準エンクロージャーは、容積は約4.5リットル、fdは95Hzです。
fdはもう少し低目を狙えそうですが、欲張ると大抵上手く行きません。
試聴で、fdが高いと感じれば、もう少し低くしますが。

4.5ℓバスレフ1


制作中のエンクロージャーです。
小さくて可愛い感じです。

スピーカーを作る時は、このようなガラステーブルが便利です。
板ガラスは完全に平面なので、組み立てるときに狂いが生じないのです。
床などは微妙に波打っているので、特にバックロードホーンなどを組み立てるときは、
コンマ1ミリ単位の狂いが生じて、後で厄介なことになります。

4.5ℓバスレフ2


裏板は傾斜させています。
こうすることで、定在波の発生を防ぎ、癖の無い中高音を再生する狙いがあります。
市販品にも、時々見られる手法ですね。
デッドスペースにターミナルを取り付ければ、ターミナルの出っ張りもなくなるので一石二鳥です。

4.5ℓバスレフ3


このエンクロージャーは、モニター的に使いたいので、
ドライバーを何度取り替えても、ネジ穴が馬鹿にならないように、ツメ付きナットを使いました。
このツメ付きナットは、4本のツメのうち、ドライバー取り付け穴に出っ張る1本を
ヤスリで削り落とす必要があるので、その作業が大変です。

ドライバーの取り付け穴は、内側を削って傾斜をつけることで、
ドライバー背面の空気の流れを妨げないようにしています。
板が薄い場合は、それ程必要が無いのですが、一応 念の為。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-08 | 10:54:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ