■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

パラレル・バスレフ Laulu-P08 の製作開始
以前、妄想スピーカーで紹介したパラレル・バスレフの試作機、
Laulu-P08 の製作を開始しました。

laulu-p08_20161004


バスレフ・エンクロージャーにしては、部材が多いですね。

バスレフの並列駆動方式としては、鈴木氏のMCAPが有名ですが、
パラレル・バスレフは、MCAP とは、共振系の構造が違い、
MCAP は、ダブル・バスレフの並列駆動なのに対して、
パラレル・バスレフは、シングル・バスレフの並列駆動となります。

パラレル・バスレフで期待されるメリットとしては、
ダクトで再生する帯域で、MCAP より、位相の回転が少なくなり、
ディップを生じにくいという可能性が考えられますが、
そもそも、パラレル・バスレフが、原理的に動作可能なのかどうか不明なので、
不安と期待の入り混じった気持ちですが、
まぁ、請うご期待と言ったところでしょうか・・・

Korva の作るエンクロージャーは、構造的に複雑なものが多いですが、
これは、Korva が、音色的に小口径のフルレンジ・ドライバーが好きなため、
低域の再生帯域を拡大させるために、
エンクロージャーによって規定されるの性能の限界を、
ブレイク・スルーするための工夫が、どうしても必要だから、
という理由が大きいと思います。

Laulu-P08 は、試作機とは言え、設計にはかなり拘っているので、
失敗すると、少し凹みそうですが、
成功すれば、バスレフ・エンクロージャーの可能性がさらに広がり、
デュアルBLH などの、BLH システムとともに、
究極のフルレンジ・システムへの、
別ルートを提供する方式になる可能性も、十分あります。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-P08 | 10:18:19 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
超初心者な質問で申し訳ないのですが、バスレフとエンクロージャーって何ですか。
あとMCAPって何のキャップですか。何だかかっぺの質問ばかりで済みませんでした。
2016-10-04 火 15:44:30 | URL | ponch [編集]
ponchさん、コメントありがとうございます^^

エンクロージャーと言うのは、スピーカーの「箱」のことです。
バスレフというのは、ごく一般的なスピーカーの方式で、
普通に売っているのは、このバスレフ・タイプのものですね。

そして、バスレフという方式は、
箱と箱に開いている穴の「共鳴」によって低音を増強するのですが、
MCAP というのは、この共鳴音の周波数が複数設定できる方式で、
鈴木氏という方が開発した、バスレフの新しい方式です。
2016-10-04 火 16:02:39 | URL | Korva [編集]
こんばんは^^
スピーカーのテストは、
どのような音楽を流して
されるのでしょうか?

テストに適した音楽とか
あるものなのでしょうか?

2016-10-04 火 18:23:51 | URL | 坊主おじさん [編集]
坊主おじさん、コメントありがとうございます^^

テストに適した音楽と言うと、割と思いつきませんね。
楽器の音は、どんな音でも、そういう音の楽器だと感じてしまうので、
聴き慣れた人の声が、テストに適していると思います。
人の聴覚は、人の声に対しては、非常に敏感で、
特に、聴き慣れた人の声であれば、
ちょっとした変化からでも、体調の違いを感じ取れるくらいなので、
スピーカーのテストでも、人の声が適していると思います。
2016-10-04 火 21:22:33 | URL | Korva [編集]
MCAPというのを検索しましたら、箱をうしろに4つ組み合わせたのが
ありました。ここまでスピーカーユニット背面の音をいじくったら
肝心の原音の質が崩れないのだろうかと素人目には思えましたが、
長岡さんが考案したダブルバスレフもいろいろ発展形があるのですね。

MCAPに比べたら、パラレル・バスレフ方式は原音の質が崩れにくいという
基本利点があるように素人目に思えるのですが、そういう狙いなんでしょうか。

Laulu-P08のフロントバッフルは、開口部が大きく見えますが、
8㎝口径ぐらいでしょうから、完成時には再生音が凝縮していて、
締まった低音がダクトから噴き出してくるように感じました。
2016-10-05 水 18:56:41 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、こめんとありがとうございます^^

ダブル・バスレフは、ダクトが直列に2つ繋がっているので、
どうしても、位相が回転し、ディップが発生してしまいますが、
パラレル・バスレフは、複数のダクトが、
振動版前面と同相で振動すると考えられるので、
ディップが発生しにくいのではないかと考えています。

私もそうですし、一般的に日本人はシンプルなものを好みますが、
共振のコントロールでは、複雑なものの方が、
比較的、癖が少なくなると、私の経験からは感じています。

それと、人の聴覚は、ノイズの発生を認識できますが、
歪の発生は認識できないのではないかと感じています。
先ず、原音を聴く方法がなく、
たとえ原音を知っていても、
原音から歪が発生した音を聴いたときには、
原音とは音色が違うと感じるくらいで、
それが歪だと認識できるかどうかは疑問です。
2016-10-06 木 09:49:10 | URL | Korva [編集]
期待しています!
Laulu-D10の記事を読みましたが、その更なる進化版でしょうか?
バスレフタイプの新しい試しみとして凄く期待しています。
2016-10-12 水 07:38:44 | URL | Aotoku [編集]
Aotokuさま、コメントありがとうございます^^

Laulu-D10の進化版とも言えますが、
Laulu-P08は構造的にかなり異なっており、
再生帯域の拡大の方に主眼があります。
ちょうど昨日完成して、試聴していますが、
どうやら上手くいったようです。
2016-10-12 水 09:21:25 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ