■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

デュアル・バックロードホーンの試聴感想など

デュアル・バックロードホーン1


上の画像は、先日完成したデュアル・バックロードホーンです。
左下にロング・ホーンの開口部が見えますね。
画像では薄型に見えますが、奥行きが結構あります。

下の画像は、反対側(右上)から撮影したものです。
ショート・ホーンの開口部が見えます。

デュアル・バックロードホーン2


結構 均整の取れたスタイルになったかなと思います。
ドライバーの取り付け位置は、音質的には左右非対称が好ましいと思いますが、
今回は視覚的な安定感を優先して、左右対称にしました。
その影響で、ロング・ホーンに180°の折り返しが1箇所増えてしまいました。

ショート・ホーンの折り返しは、全て90°です。
ショート・ホーンが受け持つ帯域は、比較的高く 耳につきやすい周波数なので、
音質を優先して、癖の少ない完全なスパイラル・ホーンとしました。

肝心の音ですが、なかなか良いです。
失敗覚悟で作ったエンクロージャーですが、
思いのほか、傑作が出来たのではないかと思っています。

このエンクロージャーは複雑で、設計も制作も難しかったので、
少し贔屓目に、音を評価しているかもしれませんが・・・
とりあえず、今のところは良い音に聞こえます。

周波数特性は、完全にフラットとはいかず、
f0cの影響で160Hzあたりが盛り上がっています。
190Hz-200Hzは少し薄いです。
160Hzから下は、だら下がりに50Hzまで伸び、再生限界は40Hz。

ショート・ホーンと ロングホーンは、意図したとおりに、
それぞれ独立して機能しているようです。

音は神経質なところが無く、どんなジャンルでも無難にこなします。
ゆったりと鳴るので、クラシックも意外と良い感じで、
深々とした低音が心地よく感じます。

ボーカルは、癖がないと感じたNuttikorva-Sよりも、さらに癖が無く、
バックロードホーンらしくない、非常に滑らかで素直な再生音です。

しかし、このエンクロージャーは本当に癖が無く感じます。
ホーンが2本あるおかげで、ホーンで発生する癖、歪み、定在波などが
上手く分散されているのかもしれません。

音の解像度や粒立ち 低音のゴリゴリ感は、もう一歩というところですが、
その原因はFF85WKにあると思われます。
もともと、このドライバーはバスレフ用で、それ程解像度の高い音質ではないのです。
しかし、FF85WKとこのエンクロージャーの組み合わせは、決して悪くありません。
上品で、長時間聴いていても、聴き疲れしません。

駆動力強化のために、FF85WKにキャンセリング・マグネットを付けてみましたが、
低音にゴリゴリ・バリバリした バックロード・ホーンらしさと凄みが加わりました。
FE83Enもそうですが、バックロードで使う場合は、キャンセリング・マグネットは有効なようです。

このスピーカーを聴いていて不思議に感じるのは、音自体の解像度や粒立ちは普通なのに、
それぞれの楽器の表情がよく判ると言うか、音の見通しが良く情報量が多いということです。

シングル・バックロードホーンは、ピークやディップが強く現れるので、
特定の音域や楽器が強調されることで、他の音域や楽器がマスキングされてしまい、
解像度は良くても、聴感上の情報量が少なくなるという現象があるのかもしれません。

このエンクロージャーは成功と言えそうですが、心残りがあるとすれば、
もう少し開口面積を大きくしたかったことです。
デュアル・バックロードホーンは、ホーンが2本あるので、
どうしても開口面積が小さくなってしまいます。
しかし、8cm口径でこれ以上ホーンを大きくすると、かなりボワボワした音になりそうなので、
理想に近づけるためには、より大口径のドライバーを使う必要があります。

最初の予定通り、12cm口径のドライバーで作れば、
f0も低いので、かなり 理想に近いものが出来そうです。
8cmドライバーはf0もQtsも高いので結構難しいのです。
関連記事
スポンサーサイト


Korkea | 22:23:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ