■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

NFJ USB Audio Converter
NFJ の USB Audio Converter のキットを組み立てました。

nfj_usb_dac_20160727


上の画像がそれですが、文庫本の半分程度の大きさしかありません。

デザイン的には、それほどでもありませんが、
Korva は、小さくて可愛いものが好きなので、
こういうものは、結構 好みではあります。

サイドの放熱フィンが良い感じですが、サイドにしかフィンが無いのは、
おそらく、他の機器を積み重ねることを想定しているのでしょうか・・・

これは、デジタル→デジタル変換と、
デジタル→アナログ変換をするオーディオ・コンバーターですが、
Korva は専ら、DAC として使用しています。

nfj_usb_dac_i_20160727


上の画像は、基盤の様子です。

基本的な部品構成を知っている方は判ると思いますが、
最初から、フル改造という感じです。
(そのうち、改造の説明記事を書きたいと思います)

この基盤は非常に小さいので、
半田付けしていると、目がチカチカしてきますね・・・
でも、やはり、電子キットを組み立てるのは楽しいものです^^

音のほうは、ナチュラル・サウンドで、十分に満足できるものです。
手元にある、3台のDAC の中では、これが最も気に入っています。

Topping D2 と比べると、低域のゴロンゴロンした硬さは負けていますが、
それ以外は全て、こちら(NFJ)が上回っていると感じます。
S.M.S.L SD-1955+ と比べても、特に負けている要素は無いようです。

PCM2704 というチップは、最大で16bit 48kHz までのD-A変換しか出来ませんが、
アナログ的に、スムーズで滑らかな変換をする、優れたチップのようです。

D2 のチップも、PCM2704 ですが、音は結構 違って、D2 は音が硬いです。
ロー・パス・フィルターが、NFJ の方はパッシブで、
D2 の方はアクティブというのが影響しているのかもしれません。

使い勝手は、D2 が一番良くて、
NFJ の方は、一度 電源を落としたり、USBケーブルを外したりすると、
パソコンが認識しなくなるので、パソコンを再起動する必要があります。
D2 は、電源を落としてから、また電源を入れても、普通に認識されます。
関連記事
スポンサーサイト


DAC | 12:46:12 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
USB Audio Converterは使ったことがないですが、
最近のデジタル機器は本当に軽薄短小になりましたね。
長岡さんの本を読んでいた頃は、アンプでもスピーカーでも
ターンテーブルでも、何でも重いほうがいいのだ、
なんて言われて鉛を乗せるのが流行ったことを思い出します。
アンプのパーツについてはよくわかりませんが、
巨大なトランスなどがないのが頼り気なさそうに見えます。
でもこれで十分な音が出るのですね。
デジタル時代になっても、真空管の熱心なファンもいて、
趣味の世界とは面白いものだと思います。
2016-07-31 日 11:58:33 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^

長岡さんの頃は、重厚長大なものが、音も良いという感じでしたね。
今でも、トランスを使うものや、スピーカなど、振動が生じるものは、
鉛を乗せて振動を抑制するのも有効かもしれませんね。

バーソさんは、DACを使ってないのですか。
ということは、パソコンのイヤホンジャックから、
デジタルアンプに繋いでいるのですね。
DACを使うと、多分、音がクリアーになり、
低域方向にレンジが伸びると思いますが、
スピーカーが小型の場合は、低域は、
あまり変わらないかもしれませんね。

真空管と言えば、最近、FX-AUDIOの
真空管ラインアンプを入手しました。
そのうち、これの記事を書きますが、
なかなか良い感じですよ^^
2016-07-31 日 14:25:31 | URL | Korva [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-08-01 月 15:50:10 | | [編集]
文庫本の半分程度とはコンパクトですねー。
今持ってるスマホの充電器は結構大きいので
このくらいコンパクトになってくれない
ものかと思います。
2016-08-09 火 10:27:33 | URL | ponch [編集]
ponchさん、コメントありがとうございます。

機能が同じなら、小さい方が良いですね。
特にスマホ充電時なんかは、携帯することもあるので、
小さいに越したことはないですね~

しかし、コンピューターの進化はすごいものです、
私の子供のころから考えてみると、
スマホなんかは、スーパーコンピューターが
手のひらサイズになったようなものです。
2016-08-09 火 11:37:42 | URL | Korva [編集]
こんにちは
DACを、思い切ってというか、励まされてというか、
やっと買いましたよ。遅かったですが。
昨日注文したのに、さきほど届きました。早いですね。
Signstek]MUSE Audio USB-DAC(3,165円)と、ピンケーブル(486円)。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00X9TY8ZW/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

アンプが4,980円送料別だったので、合計でも1万円以下。
まあ、今はこういうものが安く買えますね。感心します。
中国製でも、ハズレに遭わなければ、大いに支持します。

ボリュームを上げると怒られるのと、住まいは交通騒音が多いので、
あまりよくわからないというのが正直なところですが、
全体に抜けがよくなり、透明感がアップしたように感じます。
箱から鳴っているという感じが薄れました。
低域に伸びるというのは、あまりよくわかりません。

PCの横に置いているフォステクスのP1000-E(1,436円)の音が
オーディオっぽくなりましたよ。気分的にですが。(笑)
2016-11-19 土 14:36:11 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^

DACを買ったのですね。
調べてみると、バーソさんのDACも、PCM2704のようですね。
このチップは、16bit,48kHz までしか再生できませんが、
音質自体は、ナチュラルで評判が良いようですね。
私のDACもPCM2704ですが、特に不満は感じません。

スピーカーが、コンパクトなバスレフ・タイプだと、
あまり低域が変わらないかもしれませんし、
バーソさんのDACは、外部電源ではなく、
USBバス・パワーのようなので、
外部電源式よりは、特性的に、
低域を欲張ることができないのかもしれませんね・・・


2016-11-19 土 15:59:22 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ