■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-08a の製作開始
Mark Audio の 8cmフルレンジ・ドライバー、Alpair-6p 専用の
デュアルBLH Monolith-08a の製作を開始しました。

monolith-08a


初代 Monolith-08 は、1枚の三六板から1ペア作る設計で、板取に制限が在りましたが、
今回の Monolith-08a は、板取の制限の無い理想的な設計で、
8cmフルレンジの限界に挑戦する作品です。

Alpair-6p は、軽量振動版の 8cmフルレンジとしては、
fs が 74Hz と、10cmフルレンジ並みに低くて、
設計によっては、10cmフルレンジと同等の再生帯域を期待できるはずですし、
トランジェント特性は、10cmより優れています。

もちろん、10cmフルレンジ並みの大音量再生は期待できませんが、
非常識な大音量で聴くのでなければ、8cmでも特に問題はありません。

最近は、Alpair-6p なんかもそうですが、
Tang Band からも、W3-2141 (下図)のように、fs が 75Hzと、
10cmフルレンジ並みに低い 8cmフルレンジが出ており、
興味をそそられますね・・・

W3-2141

磁気回路が巨大で、フェイズ・プラグも個性的ですし、
なかなかのルックスですね。

そのうち、Tang Band 用の Monolith も作りたいと思っています。

小口径ドライバーで、広大な周波数レンジというのは、
スピーカー・ビルダーの夢の一つですが、
最近の高性能な小口径フルレンジの登場によって、
8cmフルレンジ一発で、
音楽に必要な帯域の全てをカバーできるスピーカーの実現も、
非現実的な目標でもなくなりつつあると感じます。
関連記事
スポンサーサイト


Monolith-08a | 10:18:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
形状を見るとW3-2141のほうが高級そうですが、このエッジはラバーですか。
日立のLo-Dというギャザードエッジの高価な2ウェイスピーカーを思い出しました。
Alpair6Pのほうはマグネットが小さいように見えますが、値段は2倍以上。
コーンはフォステクスに似ています。軽さに気を使っているのでしょうか。
デュアルBLHに入れると開放的で軽やかな音がしそうで、完成が楽しみです。
2016-02-27 土 13:08:28 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^

Monolith-08aの完成を楽しみにしていただき、ありがとうございます。

Alpair-6p のほうが、価格的には高いですが、
どう見ても、W3-2141 のほうが高級そうに見えますねぇ・・・
耐入力も、瞬間最大入力が50Wと信じられない数値ですし、
長大なストロークを許容する構造のようで、低音も良さそうです。

W3-2141 はエッジも特徴的ですね。
ニコンが1/4000秒のシャッタースピードを実現するために、
チタン製のシャッター幕にトンボの羽の網目のような、
ハニカム構造を施して、軽くて丈夫なシャッター幕を
実現した話を思い出しました。
W3-2141 のエッジも、低いfsを実現するために、
そのような、軟らかくて丈夫な構造が必要だったのかも知れませんね。
2016-02-27 土 14:32:04 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ