■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Parallel Bass Reflex Enclosure
さて、また、妄想スピーカーのお話です。

parallel_bass_refrex

上の画像がそれですが、
名前はとりあえず、Parallel Bass Reflex Enclosure としておきます。
パラレル・バスレフ ですね。

それぞれが、チューニング周波数の異なる、
複数のバスレフ・エンクロージャーを、
パラレル駆動できないかと考えたものです。

上の画像では、2つのバスレフ・エンクロージャーが、細い音道で繋がっており、
その音道に、ドライバーを設置してあります。

この場合、音道の2つの出口(2つの矢印の部分)は、それぞれ、
ドライバーの振動板背面の挙動と同じ挙動をするはずです。

そして、音道の2つの出口の振動によって、
振動エネルギーを与えられた、2つ空気室は、
それぞれが、チューニング周波数の異なる、
独立したバスレフ・エンクロージャーとして、
機能する可能性があるのではないか?ということです。

似たようなエンクロージャーとして、鈴木氏の MCAP が有名ですが、
MCAP は、ダブル・バスレフのパラレル駆動となっているのに対して、
こちらの方は、シングル・バスレフのパラレル駆動となります。

parallel_bass_refrex2

もちろん、空気室は、2つだけではなく、
上の画像のように3つでも良いですし、4つでも良いのですが、
もし、このエンクロージャーが、原理的に動作可能であれば、
全ての空気室のダクトが、シングル・バスレフのダクトの挙動と同じく、
ドライバーの振動版の前面と同相で振動するはずなので、
ダブル・バスレフのような、位相の問題が無く、
周波数特性上に、ディップが生じないというメリットが考えられます。
関連記事
スポンサーサイト


妄想スピーカー | 11:23:12 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
パラレル・バスレフとは面白い構造ですね。
ドライバーのすぐ後ろに板があります。
背面の音は上下には抜けるのでしょうが、
邪魔にならないのかと心配になります。
これは多少は共鳴管のように作動するのでしょうか。

こうして構造図を眺めていると、
BLHは、背面の音をラッパで指向性を付けて全部出す。
バスレフは、一部の音だけを小さな孔から少し出す。
バスレフは孔を沢山開けても、位相は揃えやすいのでしょうが、
低音増強効果はBLHよりもだいぶ弱い、と素人目には思えます。

ところでバスレフは、背面の音が狭い箱の中で
こもってしまい、モゴモゴした音になりやすい
ということはないのでしょうか。
2016-02-04 木 20:40:54 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
バーソさん、コメントありがとうございます^^
ぱっと見ただけで、このエンクロージャーの問題点を見抜く
バーソさんの洞察力は素晴らしいですね。

おっしゃるとおり、音道部分は、共鳴管として機能するはずです。
それを避けるために、音道部分を何回か折り返すとか、
軽く吸音材を詰めるなどの方法が考えられますが、
一応、今のところ予定しているのが、
音道をドライバーの後ろのほうに伸ばして、
ドライバーの所で折り返すU字形の音道にして、
音道の出口をすぼめる形にして、
音道には、ポリエステルの綿を軽く充填する方法を考えています。
こうすることで、音道の共鳴が抑えられるとともに、
各空気室の独立性も高められると思います。

BLHとバスレフの違いについては、バーソさんのおっしゃるとおり、
低域の増強効果に違いがあるので、
BLHは高能率タイプのドライバー向き、
バスレフは中能率のドライバー向き、
密閉式は低能率向きという傾向はあります。

そして、やはり、バスレフや密閉式などの
背圧の高くなるものは、ドライバーの動作にリミッターが掛かるので、
開放感に欠ける、もごもごした音になりやすいですね・・・
2016-02-05 金 10:01:59 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ