■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-10 完成!
Monolith-10 が完成しました。

monolith-10_20250621


外見はのっぺりしていますが、
ミニマリズムを極めたシンプルなデザインで、
Korva的には、とても気に入っております。

内部構造は、下のようになっています。

monolith-10i_20150621


構造的には、2重スパイラルホーンで、Monolith-08 とよく似ていますが、
こちらの方は板取の制限が無かったので、音道構成が素直だと思います。

音のほうは、我ながら、素晴らしいですねぇ・・・
ここまで、意図したとおりの音が出るのは珍しいです。

音に厚みがありながらも、繊細で、癖が無く自然です。
シングルBLHが持っている、音質的な限界をブレイクスルーしています・・・

シングルBLHは、負荷がかかる帯域と、かからない帯域があるので、
メガホンっぽい独特の音色が乗りますが、
デュアルBLHは低域全体に広く浅く負荷がかかるせいか、
BLH独特のカラーレーションがなく、極めて自然な音色です。

ボーカル再生も、自然かつリアルで、
シングルBLHのような音色的な癖は、まったく感じません。
ボーカルについては、パーフェクトと言って良いと思います。

そして、シングルBLHは、
ホーン負荷のかからない帯域ではコーンがバタバタしますが、
デュアルBLHは、低域全体に広く負荷がかかるためか、
低域での大入力にも、コーンがバタバタしません。
これは、ドップラー歪みを減らす上でも、
実質的な耐入力を増す上でも、有利な特徴です。

低域は、小口径らしくない厚みがありますが、ブヨブヨにふやけた感じではなく、
適度な硬さがあり、解像度は高く、音階も明確で、欠点らしい欠点はありません。

低域の質感も自然で、音色的な癖がありません。
エンクロージャーによって無理やり再生しているような違和感がなく、
コーンの音とシームレスに溶け合っています。

そして、ホーン負荷の掛からない中域・高域では、
実質的に、後面開放型の構造なので、
音に押し詰まった感じがなく、のびのびと開放的に鳴ります。

Monolith-10 は、フロントバッフルの面積が大きいので、
ルックス的には音場感が悪そうに見えますが、
実際は、音がエンクロージャーに張り付かず、
空間に遊離し散乱します。

Monolith-10 の音は、
シングルBLHが原理的に持つ欠点からも、
バスレフや密閉型が持つ欠点からも、
解放されたものだと感じます。

欠点と言えるのは、
10cmドライバー用のエンクロージャーとしては、大きすぎる事だけですが、
設置面積自体は、それほど大きくはありません。

そして、ドライバーの Alpair-7P も素晴らしいですね。
この大きなエンクロージャーを、いとも軽々と駆動します。
もっと大きくても大丈夫な感じですね。
関連記事
スポンサーサイト


Monolith-10 | 12:26:32 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
完成、おめでとうございます。
正面から見た形がさっぱりして上品でいいですね。
そして相変わらず見事にきれいな音道です。
素人目には、ホーンの初めのほうの隙間が細いので
笛のような音が出ないかと思えるのですが、
レビューを読むと、繊細で、癖がなく、自然。
ボーカルがパーフェクトということなら、
ナチュラルな最高の音なんでしょう。
音が空間に遊離し散乱します、なんて言われると、
前に座ってじっくり聴いてみたいと思いました。
今回は開口部付近に、切り口を斜めにカットした
薄い小さな整流板(?)が貼ってないのですね。
2015-06-21 日 18:54:21 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
☆バーソ☆様、コメントありがとうございます^^

私のBLHは空気室の容積が大きめなので、
笛のような、いわゆる「ホーホー鳴き」は出にくいと思います。
BLH専用のQ値の小さいドライバーだと、かなり高い帯域まで、
ホーンを効かせなければ、低音が痩せるので、
空気室を小さくしますが、そういう場合だと、
「ホーホー鳴き」が出やすいかもしれません。

整流板については、シングルBLHは癖が多いので、
音質向上のための工夫の一つとして、使ったりしますが、
前回の、8cmドライバー用のMonolith-08 では、
そういう工夫をしなくても、十分高い品質の再生音が得られたので、
今回も使用していません。
デュアルBLHでも、使ったほうが、
音質的には良いのだろうと思いますが、
エンクロージャーがあまり重くなると、仕上げ作業のときに、
エンクロージャーを持ち上げて向きを変えるたびに、
動悸がして大変なのです^^;
2015-06-22 月 08:58:26 | URL | korva [編集]
ほほう!
スピーカーも凝っていけばここまでいくものですか!
きっとすばらしい音でしょう。
私はバイクが好きなのですが、往年のヨシムラやモリワキのマフラーの音を再現しようと工夫しています。
なかなかうまくいきませんが、写真を拝見して、音作りの難しさを改めて知りました。
いやあ、音って難しいです。
2015-06-23 火 22:50:07 | URL | yama [編集]
yamaさま、コメントありがとうございます^^

私も昔、ホンダのモンキーとかゴリラとかダックスとか、
ルックス的に、あの手の小さい原付バイクが好きで、
ダックスに乗っていたことがあります。
でも、私の場合、バイクの音がうるさすぎて馴染めませんでした。
普通に純正のマフラーですが・・・

結局、バイクは諦めて、ロードレーサータイプの自転車に乗っていましたが、
これは、思いっきりこぐと、原付よりスピードが出て爽快でした。

多分、yamaさまのバイクは、原付なんかとは違う、
「ドッドッドッド」と、腹に響くような低音なんでしょうね。
こういうのは、うるさくなくて良いですよね。
2015-06-24 水 08:36:55 | URL | korva [編集]
愉快!
オーディオはシンプルかつミニマムに、というKorvaさんのコンセプトに共感しながらたくさんの作品を拝見(そしてYouTubeで拝聴)してきましたが、Monolith-10の外見はひとつの到達点ではないでしょうか。

姿を見ているだけで、お気に入りの音楽を聴いている時のような心地よさを感じます。

しかし、マルチウェイのスピーカーに馴れ親しんだ方がこのスピーカーを見たら、ウーファーやスコーカーを探して後ろに回り込みそうですね(笑)

ちなみに、この作品もお願いすればお頒けいただけるのでしょうか?
2015-06-30 火 22:18:39 | URL | やみくろ [編集]
やみくろ様、コメントありがとうございます^^
そして、その節は、とんだ失礼をいたしました<(_ _)>

私は、根っからのミニマリストなので、どうしてもシンプルを極めたくなります。
Monolith-10は、構造的には、最も複雑なスピーカーですが・・・
オーディオ・システム全体としては、シンプルな方だと思います。

Monolith-10 のルックスは、好みにもよりますが、
音質的には、久々の自信作で、音の自然さ、素直さ、癖の少なさなど、
シングルBLHとは、次元が違う感じがします。

もちろん、ご注文は承ります。
詳しいことは、メールの方からお願いいたします。
2015-07-01 水 09:16:38 | URL | korva [編集]
初めまして
初めてコメントします。よろしくお願いします。
今までTrovi-f08,Uzu-10Ⅲを作らせていだだきました。
BLHには珍しい癖のない音で満足しています。
主にJazzの女性ボーカルを聞いています。
ただ、加齢で高音域が聞こえにくくなった耳では吸音材の調整に
若干苦労しています。中々適量が判断できません。
さて、今回の作品もボーカルにぴったりということでワクワクしております。
当方にCHR-70というマークオーディオのユニットが眠っておりまして、
是非この作品をシルバーウイーク中に制作したいと思っております。
つきましては、板取等詳しい製作記事を公開していただけないでしょうか
勝手なお願いで申し訳ありません。
2015-09-05 土 12:20:06 | URL | ねこ侍 [編集]
ねこ侍さま、コメントありがとうございます^^

Torvi-F08 と Uzu-10III をご製作いただいたということで、
設計者としてはうれしい限りです。

Monolith シリーズは、商品化する予定ですので、
多分、設計図を公開することはないと思います。
バージョンが進んでいけば、
古いバージョンを公開するかもしれませんが。
最近、シンプルでコンパクトな
8cm用のデュアルBLHを設計したのですが、
その音が良ければ公開するかもしれません。
2015-09-06 日 09:19:36 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ