■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-10
8cmフルレンジ用の、
デュアル・バックロードホーン Monolith-08 が非常に上手く行ったので、
今度は、10cmフルレンジ用の Monolith-10 を作ってみたいと思います。

Monolith-08 は、
Korvaのデュアル・BLHの設計理論が正しいかどうかを検証するための、
テスト機的な意味合いが大きかったのですが、
これが、思いの外というか、理論どおりの結果が得られ、
特に欠点らしい欠点もなく、BLHとしては、非の打ち所のない、
完璧と言ってもいい再生音が得られました。

最初のデュアルBLHの Korkea-08 を作ってから、色々と検証した結果、
ホーンの長さの比率や、ホーンの容積の比率など、
一応、Korvaなりの理論が確定し、
それを Monolith-08 で検証した結果、
その理論の正しさを確認できたということです。

Monolith-08は、1枚のサブロク板から、1ペア作るという制約があったので、
Korvaの希望よりは、少し短めのホーンになりましたが、
実際の音楽鑑賞では、ローエンドの伸びの不足感もありませんし、
ミッドーローの厚みも十分で、ボーカルの癖もなく、
音楽性の高さと、モニターとしても使えるレベルの、
正確性を兼ね備えた音だと感じます。

10cm用のMonolith-10では、板取りの制約もなくして、
サブロク板1枚から1台、2枚で1ペア、作る予定ですが、
一応は、究極の10cmフルレンジ1発のシステムを目指しています。

構造は、Monolith-08と同じく、2重スパイラルホーンですが、音道構成は少し違って、
MonolithタイプのデュアルBLHを設計した当初、念頭にあった音道構成です。
Monolith-08は、板取りの合理性の追求のため、
音道構成が最初の希望通りにはいかなかったのです。

この音道の変更によって、音が良くなることはないと思いますが、
横幅が少し広がるので、中域の厚みが少し増し、
見た目も、より「モノリス」っぽくはなるだろうと思います。

Monolith-10が完成したら、13cmフルレンジ用の、
底面開口型のデュアルBLH Korkea-B13の予定です。
関連記事
スポンサーサイト


Monolith-10 | 09:41:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ