■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Monolith-08 と Korkea-B10
8cmフルレンジ用のデュアルBLHの Monolith-08 と、
10cmフルレンジ用のデュアルBLHの Korkea-B10 の設計が完了しました。

Monolith-08 は、既に部材を用意しているので、
今年中には組み立てて、音だしをできるかなと思います。
Korkea-B10 の方は、今年中には無理っぽいですね・・・

年初に、Monolith-08 と Korkea-B10 は完成させると言っていたような気がしますが、
言うは易しで、実行するのはなかなか骨が折れますね。

最近は、「効率的にできる板取り」というのも条件に入れているので、
設計しては没、設計しては没の繰り返しで、
なかなか思うようには、開発が進んでいきません。

Monolith-08 は、
去年の年末に設計したものより、少し小型化して、
音道構成を多少 変更することで、
何とか、サブロク板1枚から1ペア作れる設計におさまりました。

Korkea-B10 の方は、盛大に板の無駄が発生しますが、
10cm用のデュアルBLHは、サブロク板から部材を切り出すには、
大きさが中途半端なので、妥協のない設計にした場合は、
どういう風に設計しても、無駄の発生は避けられないようです。

12cmとか13cm用だと、効率的な板取ができますが、
選べるフルレンジ・ドライバーが、非常に限られてきますからねぇ・・・

それに、10cmフルレンジ用のBLHは、
フルレンジ1発のシステムとしては、ベストかもしれないなぁと最近は感じています。

と言うのは、10cmフルレンジは、選択肢も豊富ですし、
高域の質にも問題が少なく、低域も結構 豊かですし、
普通の使い方をしている分には、不足感を感じることが、ほとんどありません。

しかし、超低音が豊富に含まれる、映画のサウンドトラックなどを、大音量で再生すると、
コーンが盛大にバタバタするので、壊れるんじゃないかと、恐ろしくなりますが、
これは、いかんともしがたい小口径の宿命ですね・・・
関連記事
スポンサーサイト


スピーカー | 13:11:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ