■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Uzu-10III の試聴
さて、Uzu-10III が完成したので、試聴しています。

uzu-10iii_20141004


Uzu-10シリーズは、これで3代目になりますが、
今回のUzu-10III は、非常に良い出来です。

1代目と2代目にあったホーン鳴きが、Uzu-10III では感じられませんし、
ホーンロードが掛かる帯域と掛からない帯域の
音色の違いから生じるボーカル帯域の揺らぎも極小で、
ヘッドフォンと聴き比べをしなければ、見つけられないレベルです。

最近は、音道のコーナーに少量の吸音材を使う、SAC技術を採用しているのですが、
この技術は結構 有効なようで、ホーン鳴きや、高い帯域での雑味、洞穴感などの、
BLHで生じがちな欠点を、かなり解消してくれるようです。

uzu-10iii_i


上の画像は、Uzu-10III の内部構造です。
ホーン長を少し延長し、ホーンの広がり方を滑らかにするために、
音道を蛇行させた部分が、2箇所あります。

基本的な設計は、前回作ったAlku-S10とほとんど同じで、
違いと言えば、ドライバーの取り付け位置と、
ホーンの折り曲げ方くらいなので、音も非常に良く似ています。

今のところ、Uzu-10III の方が、僅かに低域の厚みがあるかもしれません。
Alku-S10 の方が、Uzu-10IIIより、ホーンが数cm長いので、
原理的には、ローエンドが少し伸びて、量感は少し減るはずです。

基本的に、BLHのエンクロージャーが持つ、
低域全体のエネルギー量は、エンクロージャーの容積に比例します。
そして、エンクロージャーの容積が一定の場合、
低域の量感は、ホーンの長さの2乗に反比例します。

なので、Uzu-10III のように、コンパクトなエンクロージャーで、
十分な低域の量感を得るためには、
ホーンをあまり長くしないのがコツだと言えます。

例えば、ホーンの長さを1.41倍にする場合、
同じ低域の量感を得るために、
必要となるエンクロージャーの容積は2倍になりますが、
ホーンの長さの2乗に比例して容積を増やせば、
同じクオリティーの音が得られるわけでもなく、
容積を増やすと、どうしても、低音がボヨンボヨンしてくるので、
ドライバーの音と、エンクロージャーの音との乖離が大きくなり、
システムとしての一体感も低下するので、
どこかで妥協してバランスをとらなければなりません。

Uzu-10III では、コンパクトな割には低音の量感も十分で、
ポップスなどでは低音多過な場合も多いようですが、
ドスンと来てほしい所で、ちゃんとドスンと来てくれるので、
聴いていて物足りない感じがありません。
関連記事
スポンサーサイト


Uzu-10 | 10:09:42 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
こんにちはー
おお、相変わらず、見事な仕上がりですね。ほれぼれします。
これほど音道がきれいだと、後面がガラスだったらいいのにと
思ったりしますが、音の反射が難しいのでしょう。
あ、でもアクリル製のスピーカーが売られてますね。

「音道を蛇行させた部分」。
一箇所は、写真の右側面にありますが、もう一箇所は
一番下の開口部付近の出っ張りがそうだろうと思うのですが、
その逆L字形板の長い板(音道方向)にあるのは補強なんでしょうか。

Alku-S10との違いを聴いてみたいものです。
2014-10-04 土 10:42:09 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
☆バーソ☆さま、コメントありがとうございます^^

さすがに、透明にして、お見せするほどのものではありませんが、
お褒めいただき、嬉しいです^^

L字型の部分は、補強的な意味もありますが、
この部分も、音道を延長するために、蛇行させつつ、
ホーンの広がりが、よりスムーズになる様にとの意図もあります。

そのうち、ブログかHPの方に書くつもりですが、
音響迷路としての出力も馬鹿にできないと言うか、
非常に重要な帯域での出力に関わっているので、
ユニットのf0に最適化するホーン長にすべく、
音道を蛇行させたりと、微妙に音道の長さを調節しています。

Uzu-10III とAlku-S10は、一聴すれば、
違うスピーカーだというのは分かると思いますが、
非常によく似た音で、クオリティーの違いも、特には感じません。
2014-10-05 日 11:06:21 | URL | Korva [編集]
こんばんは。

とても綺麗なスピーカーの形成ですね!

音は目に見えない上にすぐに消え去ってしまうものなので、とても扱いが難しく、奥深いものですよね。
ホーンの持つ特性を活かしつつ、他の周波数成分とのバランスや位相など、色々と難しい面があるのでしょうね。
でもそれだけに、種々工夫する楽しみもあるのかなと思います。

自分も、いつかはこだわりのオーディオ空間とシステムを持ちたいなと思います。
といいつつ、今は、イヤホンでチビチビ音を聞く毎日ですが。。。
2014-10-08 水 01:47:18 | URL | ドナ夫 [編集]
ドナ夫さま、コメントありがとうございます^^

おっしゃる通り、ユニットからの音と、ホーンからの音の、
周波数特性とか、位相とかの問題は結構難しいですし、
ユニットの音色とホーンの音色の違いも、なかなか頭の痛い問題です。
バックロードホーンの製作は、バックロードホーンで、
いかにバックロードホーンぽくない普通の音を出すかと言う、
矛盾に満ちた作業でもあります(笑)

イヤホンも、頭の中に音場ができるという不自然さを除けば、
音質的には、高い水準にありますし、
どこでも聞けるという、スピーカーにはないメリットもありますよね。

最近は、ウォーキングに凝っているのですが、
携帯オーディオプレーヤで音楽を聴きながら、
走ったり歩いたりしている人が多いです。
こういう楽しみは、イヤホンがなくてはできません。

私の場合は、見た景色の印象が、
頭の中で勝手に音楽に変換されるので、
携帯プレーヤーいらずです^^
2014-10-08 水 09:45:02 | URL | Korva [編集]
こんにちは、ヨネです。
korvaさんのホームページに掲載されておりますUzu-10IIを北海道旭川市の工業高等専門学校の学生さんが物づくりの一環で製作し、今月開催する学際で展示する事になりました。

製作する学生さんは、私の知り合いの教え子なので是非聴きに行きたいのですが、残念ながら土日は仕事で行けませんが!
良い作品になると思います。

ここの学生は未来のハイテク技術のエンジニア候補生ですが、アナログ系の技術に目を向けてくれるのはなんとも嬉しいですね。
では失礼します。
2014-10-14 火 09:48:27 | URL | 木工大好き [編集]
ヨネさん、コメントありがとうございます^^

それは非常に興味深いお話ですねぇ。
使う材料によっても、違う音になるので、
どのような音になるのでしょうか。
実際に聴けないのが残念です。

最近作った、Uzu-10IIIに比べると、
Uzu-10IIは、ホーンが強く効いて派手な音なので、
PA的に展示するには良いかもしれませんね。
一人でじっくり聴くには、今回のUzu-10IIIが良い感じです。
Uzu-10IIIの設計図も、近日公開予定です^^
2014-10-14 火 21:54:33 | URL | Korva [編集]
有り難う
こんにちは ヨネです。

設計図の公開と吸音材の配置と量まで掲載して頂けたので、参考になります。

>Uzu-10IIは、ホーンが強く効いて派手な音なので、
PA的に展示するには良いかもしれませんね。

今回はFE103Enを使用するようですので、小型ユニットから大音量が飛び出すと皆驚くかもですね。
僕のTangBandも提供しても良いと思ってますがネジ穴径が違うのでアウターバッフルが必要になりますのでFEで行くと思います。
2014-10-16 木 09:33:09 | URL | 木工大好き [編集]
ヨネさん、コメントありがとうございます^^

なるほど、そうですか。
最初に、TangBandのユニットのネジ穴にあわせていれば、
Fostexのユニットも、両方 使えましたね・・・

大音量と言えば、
耐入力は、TangBandの50W と Fostex の15W は、
大きな差がありますが、
実際に出せる音の大きさは、それほどの差はないような印象がします。
まぁ、壊れるまでの大きな音を出さないので、
本当のところは分かりませんが(笑)
2014-10-16 木 21:10:29 | URL | Korva [編集]
訂正です。
ヨネです。
ネジ穴径ではなくてバッフル開口径でしたね。。。

私もスピーカーが作りたいです(笑)
2014-10-16 木 22:18:50 | URL | 木工大好き [編集]
なるほど、バッフル開口径だと、変更もままなりませんね・・・

ヨネさんのスピーカー製作記は楽しいので、
新作を楽しみにしております^^
2014-10-17 金 06:58:15 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ