■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Uzu-10 の改良型
久しぶりに、スピーカの新プロジェクトです。
名前はまだ決めていませんが、Uzu-10 の改良型です。

project20140904


Uzu-10 は音も良く、サブロク板1枚から1ペア作れて、
経済性にも優れたエンクロージャーでしたが、
完全なスパイラル・バックロードホーンなので、ルックスに難がありました。

というわけで、今回の改良型は、主にルックスの改善を意図していますが、
コーナーにセットした場合でも、壁からある程度、ドライバーの距離が保てるなど、
使い勝手の改善も意図しています。

最近は、ずっとデュアル・バックロードホーンの設計をやっていたのですが、
手計算でデュアルBLHの設計をやるのは、膨大な時間がかかり、
少々 限界を感じてきたので、ちょっと仕切りなおしをして、
これからは表計算ソフトを使って設計しようと思っています。

シングルBLHの設計などは、手計算でも特に問題を感じませんが、
デュアルBLHは、どこかを1mm変更しただけでも、全ての値が変わってしまい、
その都度、2つのホーンの比率や、ホーンのカーブも確認する必要があったりと、
設計の難易度の次元が違いすぎて、人力だけでは限界があるのです。

とういわけで、手計算で行う、デュアルBLHの設計に疲れて、
今回は、お手軽な息抜きプロジェクトという感じですが、
基本的な設計は、Uzu-10 と共通なので、
音的には変にはならないはずです。

まぁ、ルックスを改善したとは言っても、エンクロージャーの各辺の比率は変わらず、
依然として、ずんぐりした形なので、それほどスマートにはなりませんが・・・
関連記事
スポンサーサイト


Alku-S10 | 10:31:09 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんにちは。初コメです。
箱の構造の話が面白くて、お邪魔するようになりました。
スピーカーはまったく素人ですが、長岡さんのファンでした。
今回のバックロードホーンはカタチが美しいですね。
精度もよく、ぴったと接着できそうです。

特に180度の折り返し部分。音が右方向から左方向に転じた直後に
一枚分出っ張り(段差)を付けたところがかっこいいと思いました。
これは最後の開口部を少しでもホーン状にしたいためなんでしょうか。

90度の曲がり角の内側板(5箇所ですか)が少し出っ張るように
造られ、その長さも少しずつ長めになっていて、これも凝ってますね。
2014-09-07 日 12:04:45 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
☆バーソ☆様、はじめまして。
コメントありがとうございます^^
私も、時々訪問させていただいております。
思索と文章の素晴らしさに、いつも敬服しております。

長岡さんの発想と文章は本当に面白いですよね。
私も大の長岡ファンです。

この音道の美しさが分かるとは、かなりのマニアですね(笑)
お察しのとおり、180度の折り返し部分の構造は、
回転半径を大きくすること以外にも、
ホーンがスムーズに広がることも意図しています。
今回のは、我ながら、なかなか良い音道構成だと思っています^^
2014-09-07 日 15:29:11 | URL | Korva [編集]
こんばんは
すみません。前回のコメントを入れる場所を間違えて、
ひとつ前のここに入れてしまいました。
それにバックロードではなく、スパイラルホーンと書くべきでした。

私のスピーカーボックス工作は、だいぶ昔の話になりますが、
アシダヴォックスという名の安い16cmシングルコーンを
合板でつくった裏面開放箱に入れて聴いたことがあります。
柔らかい、耳あたりのいい音がしたのを覚えています。
コーン紙がペナペナで薄く、帯域が狭かったためでしょうか。
2014-09-08 月 21:52:57 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
☆バーソ☆さま、コメントありがとうございます^^

音道がスパイラル状になっているバックロードホーンなので、
バックロードホーンで間違いはありません。

アシダヴォックスの16cmの音は聞いたことはありませんが、
一応 知っています。
ロクハン好きの喫茶店(だったかな?)の方のHPで拝見しました。
アシダヴォックスの16cmは評判がいいようですね。

ダイトーボイスのDS-16 という非常に安価な16cmが、
これと似ているのではないかと想像しています。
DS-16はダブルコーンですが、コーンが薄くて、フィックスドエッジで、
アシダヴォックスの16cmと構造が似ているようです。
音はかさつきがありますが、柔らかくナチュラルで、低音も意外と出ます。
そのうちこれで、平面バッフルか、
後面開放箱を作ろうと思っているのですが・・・
2014-09-09 火 12:38:06 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ