■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今年のサギソウ
今年も成就院池公園に、パートナーとサギソウを見に行きました。

sagisou2014a


時期的には、少し早めの、8月3日でしたが、
枯れた花やしおれた花がなく、みずみずしいサギソウを鑑賞できたので、
かえって良かったかもしれません。

sagisou2014c


実は昨年も、最盛期の頃に見に行ったのですが、
疲れていたのか、結局UPできずじまいで、少々もったいないことをしました。

昨年は、ちょうどサギソウの品評会が開かれている日に行ったので、
サギソウを育てている方たちの作品も楽しめましたし、
無料のかき氷などもご馳走になりました。

sagisou2014b


カメラは、コンパクト・デジカメの OLYMPUS SZ-14 ですが、
被写体が小さいと、望遠にして背景をぼかせるので、結構良い雰囲気に写ります。

今年は、咲き始めの時期だったので、
Korva達以外には、ほとんど花見客もいなくて、ゆっくりと鑑賞できました。

sagisou2014e


サギソウ独特の透明感や、繊細な美しさに心を打たれます・・・

何の理由があって、こんな形をしているのか不思議ですが、
本当に飛翔する白鷺のような姿です。


帰る途中、久しぶりに BOOK OFF に寄ってみたところ、
サン=テグジュペリの「夜間飛行」と、
スピッツのアルバムの「フェイクファー」が気になったので、買ってみました。
このアルバムには、スピッツの曲の中で一番好きな「楓」が収められています。

fake fur


ジャケットの女性が、池脇千鶴に似ていますね。
そういえば、パートナーも昔、池脇千鶴に似ていました。
なんとなく・・・
関連記事
スポンサーサイト


自然 | 11:05:28 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
サギソウを初めて知りました。
とても綺麗で神秘的ですね。
白と緑のコントラストの画は、とても好きで、思わずコメントしました。
2014-08-31 日 08:57:20 | URL | Onoe [編集]
Onoeさま、コメントありがとうございます^^

サギソウは、自生地が限られているので、
知らない方のほうが多いかもしれませんね。
ちなみに、ここ茨城では絶滅寸前だそうです・・・

私も白と緑のコントラストは大好きです。
清楚でシンプルな、植物本来の美しさがありますよね。
2014-08-31 日 11:09:32 | URL | Korva [編集]
こんにちは^^
サギソウは、シラサギそっくりで可愛いお花ですよね。
背景が暈けていると、白いお花が浮き上がって、より神秘的な感じがしますね。

この前、母がボランティアの会をやっている話をしましたが、その会の名前が「サギソウの会」というんです。
実家の辺りは昔サギが多くいたらしく、地名に「鷺」が入っている所が二カ所ほどあります。
母が喜ぶので、私もサギソウを見かけると写真を撮ってあげたりしています。
去年はお花屋さんで見つけて、鉢植えを実家に持っていったのですが、時期を過ぎても咲いていないところを見ると、今年は咲かなかったようですね(笑)
家で育てるのは、ちょっと難しいのかな、と思いました。
2014-08-31 日 13:17:36 | URL | Ariane [編集]
Ariane さま、コメントありがとうございます^^

Arianeさんの55mm/f1.2のすさまじいボケ味ほどではありませんが、
被写体が白くて繊細な形なので、
背景がボケるとより神秘的で幽玄な感じに見えますね。

Ariane さんの過去記事を読んでいて、
お母様の「サギソウの会」の話題があったので、
不思議な偶然を感じて、何かコメントしようと思ったのですが、
上手いコメントが思い浮かばず、結局コメントしませんでしたが・・・
お母様もサギソウが好きなんですねぇ。
私もサギソウには色々と思い入れがあって、一番好きな花なのです^^

でも、色々と気難しい植物で、栽培は難しいですね。
去年の品評会では、栽培の上手な方々の作品を見て、
これは自分には無理だな~と思いましたが・・・

そういえば、どうでもいい話ですが、
最近ウォーキングの途中で、若いカップルが鷺を見て、
「何、あの鳥?首が長~い」
「う~ん、ニワトリ?」
なんて、会話をしていて、ずっこけそうになりました(笑)
2014-08-31 日 16:13:35 | URL | Korva [編集]
サギソウ、清楚でとても可憐ですね^^
城と緑のコントラストがとても印象的です。

ワタクシの両親が、こうしたひっそりとした花を好んでいたので
何となく懐かしい知人に会った気がいたします。

偶然ですがワタクシも先日本屋で『夜間飛行』が気になり、
手に取りました。
昔むかしに読んだきりで、お恥ずかしながらストーリーの細部は
忘れてしまいました…

スッピツ・・・「空も飛べるはず」を昔すごく聴きました。
知人がいつもカラオケで熱唱していたので(笑)
彼はドラマーの崎山氏のことを知っていたらしく、
(どの程度の知り合いかは分かりませんが)
「こんなに売れちゃって感無量」
みたいなことを言っていたような(笑)

2014-09-01 月 11:11:28 | URL | まーさん [編集]
まーさん様、コメントありがとうございます^^

ご両親がサギソウを好きなのですか。
結構 色んな所にサギソウが好きな方がいるのですねぇ。
割と地味目の花なので、なんとなく意外です・・・

本は星の数ほどあるのに、
『夜間飛行』のお話は、不思議な偶然ですね。
夏になると、なぜか、
サン=テグジュペリの『星の王子さま』が読みたくなるので、
最近また読んだのですが、
彼の他の本も読みたくなって買ってみたのです。

スピッツの「空も飛べるはず」は、私も大好きですよ^^
車に乗っているときは、
スピッツのベストアルバムをかけていることが多いです。
「ゴミできらめく世界が僕たちを拒んでも」とか
「色褪せながらひび割れながら輝くすべを求めて」
なんていうフレーズをよく思いつきますよね。
この人の作詞センスは普通じゃないなぁと感じます。
2014-09-01 月 21:45:35 | URL | Korva [編集]
おはようございます、お邪魔します。
真っ白できれいですね!
美しい色だなあ(*^_^*)
2014-09-02 火 09:30:57 | URL | ジャム [編集]
ジャム様、コメントありがとうございます^^

美しいですよね・・・
野の花の美しさを眺めていると、世の中の色々な問題を忘れて、
世界の完全性を垣間見ているような気分になります。
2014-09-02 火 16:51:54 | URL | Korva [編集]
サギソウって水はけのいい湿地じゃないと育たないって前記事で見ましたが、水はけのいい湿地ってスポンジみたいなのをいうんですね。

前記事のコメントの続きになってしまってすみませんでした。
2015-09-20 日 23:41:43 | URL | ponch [編集]
ponchさん、コメントありがとうございます^^

そうですね。
なので、ミズゴケなど、保水性が良くて、
通気性も良いもので育てると、良く育ちます。
サギソウにご興味があるようですね^^
手間がかかる割には、夏期が短いので「コノヤロウ」な感じですが・・・
最近の私は、人が育てたのを見て満足しています。
2015-09-21 月 08:07:15 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ