■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

朝日新聞の訂正記事
朝日新聞が、今日の朝刊で、慰安婦の強制連行の根拠にしていた、
吉田氏の著書に対する見解を訂正したようです。


「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断
http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html

Korvaが慰安婦の記事を書いて、すぐのことだったので、
不思議なシンクロニシティーを感じます・・・

そして、今日付けの朝日の記事で、以下のようなものもあります。

「挺身隊」との混同 当時は研究が乏しく同一視
http://www.asahi.com/articles/ASG7M01HKG7LUTIL067.html

女子挺身隊は、戦時下で女性を軍需工場などに動員した「女子勤労挺身隊」を指し、慰安婦とはまったく別です。当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、誤用しました。

とのことですが、どう考えても、
人々の無知に付け込んで意図的にやってましたよね。
ネットで、段々と真実が広まってきたので、
これ以上、嘘をつきとおすのは難しいと判断したのでしょう。

しかし、国家や民族の尊厳に関わる重大な事柄について、
確かな裏づけも取れないまま、無責任な報道を繰り返すことで、
これだけ日本を貶めてきたことに対して、
朝日新聞は、これから、どのように責任をとっていくのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


歴史 | 10:22:13 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんばんは^^
朝日新聞の訂正記事、出ましたね!!
慰安婦問題について、もう多くの人に情報が共有されているから、これ以上嘘を言っていられなくなったのだろうなぁ、と私も思いました。
でも、慰安婦問題だけではありませんよね・・・。

意図的に嘘を書いて印象操作をし、後で小さく訂正記事を出すようなことをする新聞もあるようですね。
マスコミは情報操作をするから、ネットで、いろんな情報にアクセスできるようになって、良かったと思います。
2014-08-05 火 23:30:23 | URL | Ariane [編集]
Arianeさま、コメントありがとうございます^^

本当に、ネット様様という感じです。
TVを見るときなどは、両方の意見が紹介されていない場合は、
印象操作かも?なんて疑いながら見る癖が付いてしまいました。
疑い深くなったかもしれませんが、情報リテラシーは向上したかもしれません。

新聞の訂正記事などは、
本来なら1面にドーンと載せなきゃ意味ないですよね。
わざと見つからないように小さく載せて、でも既成事実を作って、
後から言い逃れができるようにという感じです。

日本を取り巻く問題は多いですが、
私も元々は左寄りでお花畑な思想が好きなタイプなので、
左寄りな人たちの欠点というのが気になります。
基本的に、教条主義的で思考停止タイプが多いのです。
良い人でいたいために、思考が停止するんですよね・・・
2014-08-06 水 11:38:06 | URL | Korva [編集]
こんばんは。

先日たまたまYouTubeで、櫻井よしこ氏が従軍慰安婦問題について韓国人論客3人を論破する番組を見ました。そこでは桜井氏も、吉田氏の証言虚偽の問題や挺身隊問題等について、理路整然とその不当性を述べておられました。
氏の結論は「国家間において歴史認識が一致するということは(どの国であっても)ありえない。まずはそれを前提として、我々は今後の国と国との在り方を考えていかねばならない」でした。全くもって正論、しかし韓国人論客はこれにも何か微妙に論点のずれた情緒的見解を差しはさんでおりました。

我が家では読売新聞を取っておりますが、今日の1面、4面、11面、そして社説と、かなりの紙面を割いてこの問題を取り扱っておりました。当然のことと思います。
従軍慰安婦問題のような虚偽を20年間放置していた新聞社の姿勢は、全くもって理解の範疇を越えておりますが、それのみならず、朝日新聞がこれまで行ってきた「日本たたき」の数々、ここに何の意味があるのか、この際ですから率直に説明していただきたい(出来るわけありませんが)という気持ちです。

ワタクシ学生時代、全学連の副委員長から「君は視野が狭い」と罵倒されたことがあります(笑)呆れて二の句が継げませんでした。
とある左傾の学生活動家たちとも、その頃面識がありましたが、あまりにも独善的、他者を論破することにのみ執着し、学生の本分である学問はほったらかし、「我々の目的を遂行するためには親の金を使い倒す」と言ってはばからず、多額の仕送りをしてもらっているその姿勢に心底呆れ、それ以来彼らからは完全に離れました。

当時のことを思い出し、つい熱くなってしまいました・・・汗

とにかく、金子みすゞ「みんなちがってみんないい」の思想が、ワタクシの心を含め地球上にくまなく広がっていくことを願ってやみません。
2014-08-06 水 20:20:14 | URL | まーさん [編集]
まーさん様、コメントありがとうございます^^

本当に、国家間で歴史認識が一致することは不可能だと思います。
中韓がよく「正しい歴史認識」なんて言っているのを聞くと、
この人たち頭 大丈夫かな?なんて思いますが、
彼らも本気で言ってるわけではなく、印象操作のために言ってるわけですが・・・

左傾の人たちも、戦勝国の歴史観のみを持ち上げますが、
負けたほうから見た歴史観も、無視されていますが、また真実ですよね。
なので、歴史認識は、両方の視点を学ぶべきだと感じます。
片方のみだと、いわゆる洗脳になりますから。
片方だけなら、まだ何も知れないほうが、偏りが無くていいですね。

以前、左寄りのスピ系のあるブログを読んでいたのですが、
反日色が鮮明になってきて、呆れて読まなくなりました。
特に愛国である必要もないとは思いますが、
反日というのは何かしら不純な動機を感じます・・・
その方の主張は、ほぼ反日国の右翼と同じという感じで、
日本に対する憎しみのようなものが動機にあって、
反日国の正義を利用して日本を叩きたいのだろうなと感じました。
まぁ、朝日新聞と同じですね。
表面上は奇麗事を言って、人々の善意に訴えるという体裁なので、
結構屈折した人だなぁなんて思いましたが・・・

「みんなちがってみんないい」が本当ですよね。
違うから良いとも言えますし、
違っていることに意味があるとも言えますよね。
競争が激しくなるほど、価値観が統一されてくるので、
息苦しくておかしな世の中になってくるのかなと思います。
2014-08-07 木 08:56:00 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ