■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

さよならブラックバードの後書き
考えているだけでも、少し心が荒んでくる記事を続けて書いてしまったので、
今回は、ネットで読んで、じんわりと優しい気持になった、
景山民夫氏の『さよならブラックバード』の後書きの一部を紹介させていただきます。

彼の著作は、十代の頃、『遠くの海から来たCOO』とエッセイ集を読んだくらいですが、
今となっては、内容を思い出そうとしても、なかなか思い出せません。
でも、この短い後書きの一部は、ずっと記憶に残りそうです・・・




僕はいまから八年程前に長女を亡くしました。

彼女は生まれたときから重い障害をもった子供で、
十八年間の人生の中で一度も自分の力でベッドから起き上がることが出来ない生活を送り、
そして死にました。

生まれてすぐからミルクが巧く飲めず、いつまでたっても首が据わらないままで、
やがて視力が、そして聴力が失われ、身体の発育も健常児に較べればずっと悪く、
四肢の関節は曲がり、自分の手で食事を摂ることも出来ないままで生涯を終えました。

最後の七年間は親戚の経営する病院に入院し、
僕自身は仕事が忙しかったせいもあって、月に三、四度病院に見舞いに行くのが精一杯、
という状態で良い父親とはいえなかったかもしれません。

それでも見舞いにいったときに天気がいいと、
僕は娘を抱いて窓際に連れて行き、太陽の光を浴びさせてやることにしていました。

すると、視力のないはずの彼女が、光を感じ取ってさも嬉しそうにニッコリと笑うのです。
目は見えなくとも光を感じ取る事はできるのです。

それは父親である私にとっても至福の時間でした。

さて、ここからはちょっと不思議な話になります。

急な死だったために、僕があわてて病院に駆けつけたのは死後一時間ほどしてからでした。
娘は既に冷たくなっていて、一八歳にしてはずいぶん小さな体をベッドに横たえていました。

その夜、通夜が営まれ、お棺に入れられて祭壇に安置されている娘の遺体を目にしたとき、
僕はなぜか「あ、もう肉体から魂が抜け出してしまっている」と感じたのです。

ふと祭壇の上の方を見ると、そこに娘がポコンと浮かんでいました。
それは、生前の肉体の姿ではなく、白く光る玉のように僕の目には見えました。

無事にお通夜を終え、僕は翌日の葬儀に備える為に教会の駐車場にあった車に戻りました。
車のエンジンをかけたときに、僕は助手席に死んだ娘がいる事に気がつきました。
さっきと同じ光る球体のようでした。「一緒にお家に帰るか」と僕は娘に声をかけました。
彼女は、「うん、一緒に帰る」と答えました。

不思議なことです。

生きているときは、言葉が喋れないために一度も会話をしたことがない彼女と、
死んだ後ではまるで普通の人と同様に会話ができるのです。

といっても、それは鼓膜から通して伝わってくるものではなく、
直接僕の心に語りかけてくるテレパシーのような通信手段でしたが、
それでも意思は完全に通じあっていました。

いろいろなことを語り合いながら、車を運転していくと、途中で雨が降り始めました。
家に着いたときもまだ雨は降り続いており、
彼女は「そうかぁ、雨ってこういうものなんだ」と感激していました。
ずっと室内で暮らしていた彼女は、雨というものを実体験したことがなかったのです。

その後、娘は(ヘンな話ですが)自分の葬儀にも出席し、
しばらく我が家に滞在していました。

その間に
「お前はなんであんな不自由な身体を選んで生まれてきたのだ」
と尋ねたことがあります。
娘の答えはこうでした。

「他の理由はあるけど、私が生まれる前のパパの心の状態のままだと、
 パパは弱者に対してのやさしさが持てない人になっていたかもしれないの。
 それで私は重い障害をもってパパの娘に生まれたの」

この言葉は僕にとって目からウロコが落ちるようなものでした。

たしかに、思い返してみれば当時の僕にはそういった傾向があったのかもしれません。
やがて娘は、「もう天に帰るから」と言って去っていきました。

痛く、辛く、悲しい人生ではあったと思いますが、
彼女の一生は無駄でも敗北でもありませんでした。
障害をもつ子として生まれて、僕に思いやりの大切さを気づかせてくれたのですから。

これはすべて本当の話です。

もう一度言いましょう。
どんな人生でも無駄や敗北はないのです。
大切なのは無駄や敗北とみえたことから、何を学び取るか、なのです。
関連記事
スポンサーサイト


スピリチュアル | 12:28:45 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
Korva さん、こんにちは^^
不思議なお話ですね。
そういえば、祖父のお葬式の写真に二枚ほど、大きなオレンジ色っぽい光(火の玉?)が写っているんです。

実家では母方の祖母と一緒に暮らしていましたが、祖母は晩年10年ほど認知症で寝たきりでした。
その祖母が亡くなった後で、母は祖母のことを、「ああした形で、最後まで私を育ててくれた」と言っていました。
母はもともと、祖母と仲が悪かったのですが・・・。
今は認知症家族のサポートをするボランティアをしています。

「どんな人生にも無駄や敗北はなく、そう見えることから、何を学び取るかが大切」という言葉、胸にしみます。
私はこの数年、なにかと世の中に対する失望感と、それに対する自分の無力感、敗北感に付きまとわれがちでしたが、それが何を意味するのか、もう一度考えてみたいと思います。
2014-08-04 月 10:50:44 | URL | Ariane [編集]
Ariane様、コメントありがとうございます^^

お葬式の写真といえば、小学生の頃、
同級生が「家に怖い写真があるから見せてあげる」
と言って持ってきたのが、お葬式かお通夜の写真で、
亡くなった方の顔が参列者の方々を、
天井の隅の方から見おろしているというものでした。
私自身、心霊体験が割りと多い方なので、
まぁ、こういうことってあるだろうな~程度でしたが・・・
しかし、最近は不思議なことに、そういうのが全く無いですね。
いや、あるほうが不思議なのでした(笑)

その様に考えることができるお母様は立派ですね。
その様なボランティアも、なかなかできることではないと思います。
そして、その様に考えてもらえるおばあ様も本望だと思います。
一番のご供養かもしれませんね。

感情的には許せなくても、自分の魂のためにも、
結局は許すしかないよなぁとか、
感情的には手放せなくても、
結局は諦めるしかないよなぁなんてことが多いですよね。
でも、その様に手放すことで、その経験の意味づけが自然と変わってきて、
いつも間にかに、それが自分にとって大切な意味のあることだったんだな、
なんて思うようになることも多いですよね。
これは何か、自己欺瞞的なものがあるのかもしれないなぁと思いつつも、
物事の一般的な意味づけに囚われて苦しんでいるよりも、
非常識な意味づけでも、私の人生はネガティブな要素が多いですが、
そういう一般的にはネガティブな要素の中にも、
美しいものを見出せた方が何かと楽しいなぁなんて思ってます。
2014-08-04 月 12:37:27 | URL | Korva [編集]
初めまして。
おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。
景山民夫さんはご自身の最後も私にとっては衝撃的でしたので、お嬢さんの事も含めて、心の中に残っています。
日常生活の中で五感に頼る生活を続ける大方の我々は、大切なもう一つの耳を研ぎすませる必要が更にあるようですね。
これからもどうぞ宜しく!
2014-08-17 日 01:57:17 | URL | yokoblueplanet [編集]
yokoblueplanetさま、コメントありがとうございます^^

私も当時、景山さんが火に巻かれて亡くなったというニュースを、
TVで見たときは、ショックを受けました。
そういうこともあって、彼のことは強く印象に残っているのかもしれませんね。
お嬢さんのことは、そのときはまだ知りませんでしたが・・・

彼女自身の解決したい問題というのがあったんだろうなとは思いますが、
弱者への思いやりというものに気付いてほしくて、
そういう体で、彼の元に生まれてくるほどの、
愛と勇気の大きさには頭が下がります・・・

私の好きな『星の王子さま』の中の、
「本当に大切なものは目に見えない」という言葉が、
年を重ねるごとに、真実性を増してきています。
そういえば、夢の中で、バオバブの意味がすっきりと解ったんですが、
目が覚めてしばらくすると、また解らなくなってしまいました・・・
2014-08-17 日 10:00:47 | URL | Korva [編集]
 スピーカー関係のカテゴリはバックロードホーンなど、以前に少し拝見したことがあるのですが、スピリチュアルの二つ目の記事は今回初めて知りました。

 助手席の娘さんといろいろなことをずーっと語り合ったのですか。
 雨の話や、娘さんが自分の葬儀にも出席した話もすごいですが、なぜ不自由な身体で生まれてきたのかの話には驚かされました。
 『神との対話』の本によれば、重い障害を背負って生まれてきた魂は非常に高度な魂で、愛の動機からそうしたのだと言われていますが、娘さんの話は、そういう例なんでしょう。私は実際にこんな経験を聞いたのは初めてです。

 私も「どんな人生でも無駄や敗北はない」と思い、励まされてもいるのですが、この記事からもあらためてその思いを強めることができました。こういう経験を正直に書く人は少ないのですが、よい経験の記事をありがとうございます。
2015-07-06 月 12:19:46 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
☆バーソ☆ さん、コメントありがとうございます^^

これは、私自身の話ではなく、
作家の景山民夫さんの体験談を紹介させていただいたものです。

私も、『神との対話』は読みました。
障害を持って生まれてくる元々の動機は、
愛であったというのはその通りだと思います。
障害がプラスに働く場合も、マイナスに働く場合もあると思いますが、
「被害者意識」が強いと、マイナスに働く場合が多くなるような気がします。
そして、障害を持った状態で、考え方が物質的になったり、
損得勘定が強くになったりすると、被害者意識も強くなると感じます。
障害を持った方が、常識的な考え方を持ったままであれば、
どうしても、被害者意識を持たざるを得ませんが、
そうでない方は、やはり、非常に高度な魂を持った方でしょうね。
2015-07-07 火 08:36:25 | URL | korva [編集]
こんにちは
あららー、おっちょこちょいなもので、お恥ずかしい限りです。
いただいたコメントと、スピリチュアルのカテゴリの①を読んで、
Korvaさんの関心事と経験を知り、次の②に行ったら、
「僕はいまから八年程前に長女を亡くしました。」
の文章が真っ先に目に飛び込んで、かなり驚いたものですから、
その経験を何度か読み返しているうちに、その前のイントロ部分は
すっかり忘れてしまいました。失礼しました。

景山民夫さんも妙な死に方ですね。事故とも自殺とも思えません。
伊丹十三さんも妙な死に方をしましたが、ふたりともお洒落で、
自分の美学を持っていて、人生では成功者に見えた人でした。
M.モンローの場合と同じで、なんだか怪しいものを感じます。

>「被害者意識」が強いと、マイナスに働く場合が多くなるような気がします。
 被害者意識が強く、わがままな人も時々見かけますね。かわいそうな状況にあるので、感情移入して同情するようにはしているのですが。

 どんな魂も地上に生まれるときに過去の記憶はすべてリセットされるそうなので、そう考えると、重度の障害者として生まれてきた高度な魂でも、やはり地上での経験が自分の学びになるという益があるのでしょうか。

 もし自分が障害をもって生まれてきた原因がじつは犠牲的精神と愛であったと分かっていれば、こんどは「被害者意識」ではなく「優越感」や「高慢さ」が生じるかもしれませんから、これもまた難しい問題になりますね。

 私は最近は、前世や過去はどうであれ、いま自分が感じていることに応じて自分と他の人に誠実に生きていれば、そして人生を自分なりに楽しめていれば、それでいいのだろうと思うようになりました。
(慈善活動や平和運動に真剣に打ち込んでいる方からは非難されるかもしれませんが、人が何をするかは前世からおおむね定まっているように思います)
2015-07-07 火 10:35:30 | URL | ☆バーソ☆ [編集]
自分のやったことは自分に返ってくるという、カルマの法則がもしあるなら、
収支のバランスは取れているはずなので、
被害者意識や加害者意識は不要な気がするんですよね。
特に根拠のないものについては、どちらも非常に有害だと感じます。

>どんな魂も地上に生まれるときに過去の記憶はすべてリセットされるそうなので

隠されていたほうが楽しめるものというのがありますよね。
コンピューターゲームなども、背景を知らなければ知らないほど楽しいもので、
どういう風にプログラミングされているのかが分かると楽しめませんし、
人生もそれと同じで、知識と意識の幅を限定しなければ、
この物質次元の醍醐味を堪能できないという側面があるなと思います。

>私は最近は、前世や過去はどうであれ、いま自分が感じていることに応じて
>自分と他の人に誠実に生きていれば、そして人生を自分なりに楽しめていれば、
>それでいいのだろうと思うようになりました。
>人が何をするかは前世からおおむね定まっているように思います

全く同感です。
人はそうそう偉くなったり優れた存在になったりできませんよね。
単に、何かの上下意識に基づいて、偉くなったと感じているだけで・・・
スピ系の世界でも、そういう知識が多いほうが偉いみたいな人もいますが・・・

私も、結構 運命論者です(笑)
割と長い間、魂の救いを求めてさまよっていた時期がありました。
そのときは、キリスト教とか心理学とか結構勉強したんですが、
そういうものとは関係ない方法で、
心の問題があっさりと解決してしまいました。
このいきさつが偶然にしてはできすぎているので、
始めから予定されていたことなのだろうと考えるのが、
一番自然で腑に落ちるのです。
2015-07-07 火 13:45:24 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ