■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

戦争できる国?
憲法解釈の変更によって、
集団的自衛権の行使ができるようになったということで、
日本が「戦争ができる国」になったとかなんとか、色々と騒がしいようですね。

先ず、戦争ができる国の何が問題なんでしょうか?
日本以外は、どの国も戦争できる国なんですけど。
どちらかというと、戦争できる国に取り囲まれた、戦争をできない国の方が、
より深刻な問題を抱えているような気がしますが。

それに、「できる」 と 「する」 の間には、大きな隔絶があります。

常に悪いことがしたくてウズウズしているけれども、
チャンスがなくて、それができない状態の人と、
悪いことができるチャンスはいくらでもあるが、
したくないのでしない人、どちらがいいんでしょうね?

日本の隣国は、日本のように戦争を忌み嫌う平和国家ではなく、
問題解決の手段として、軍事力を行使することを厭わない危険な国です。

戦争というのは、こちらから仕掛けなくても、
相手の方から仕掛けてくれば、いやおうなしに巻き込まれるものです。

その場合、
戦争ができない場合は、侵略されるがままになり、国民は悲惨な目に遭いますが、
戦争ができる国であれば、侵略者を追い返すことができ、国民の安全も守られるわけです。

他国が攻めてきた場合の選択肢は、

1.戦争をする
2.侵略される

の二つしかありません。
この場合、1に反対するのは、結果的に、2に賛成するということになります。

であれば、本当に、戦争=悪、なんでしょうか?
単なる偏見とか、先入観なんじゃないでしょうか?

良いか悪いかは相対的なものです。
もし、侵略されるよりも、戦争する方が相対的に良ければ、
必ずしも、戦争=悪、とは言えなくなります。

例えば、A国がB国に侵攻を開始した場合、
B国内の、戦争に賛成するグループと、戦争に反対するグループ、
どちらが正しいでしょうか?
戦争をすれば独立を保てるかもしれませんが、
しなければ、A国に侵略され併合されるまでです。
そして、その過程で起こりえるB国の惨状は、肯定されるべきものでしょうか?

集団的自衛権に反対する人は、他国からの攻撃に対して、
どのように対処するのかの、具体的なビジョンに欠けているような気がするんですが、
この辺のことは、一体どういう風に考えているのでしょうか?
まさか、日本なんか無くなっても良いと思っているわけではないとは思いますが・・・
Korvaの目には、単に、戦争を連想させるものに対しての嫌悪感から、
反射的に反対しているだけのようにも映るんですが・・・

日本の方から、他国に対して戦争を仕掛ける可能性を心配しているのなら、
それこそ、杞憂というものだと思います。
なぜなら、日本人の中には、他国を侵略したいと考える人なんか、ほとんどいませんから。
口さがないネットの中でも、そういう意見を見ることはありません。
そして、もし、政治家の中にそういう人が一人でもいれば、世論の袋叩きにあうはずです。

アメリカの戦争に巻き込まれる可能性がある、という意見もありますが、
アメリカも日本の戦争に巻き込まれる可能性がある以上、
これは、ある程度、仕方のないことです。
国と国との関係は、相互主義が基本ですから。

それが嫌なら、日米安保も危ういですね。
日米安保が解消されても、日本だけで自国を守れる状態にすれば、
アメリカの戦争に巻き込まれる可能性がなくなりますから、
Korva的には、それでもいいかなとも思いますが、
この場合、アメリカの核の傘から出るので、
日本は自力で核武装する必要があります。

日本が核武装をすると言うと、心理的な抵抗があるとは思います。
しかし、例えば、
日本と中国が通常兵器で戦えば、日本が勝利する可能性が高いです。
この場合、中国の選択肢は、

1.大人しく敗戦国になる
2.核兵器を使って戦勝国になる

ちなみに、核兵器による甚大な被害を受けた経験のある日本人には、
核兵器に対する感情的な拒絶感がありますが、
日本人以外には、その様なものはありません。

はっきり言って、日本の隣国は現在進行形の侵略国家です。
ネットでも、日本を攻撃しろという意見が溢れているようですね。
しかも、日本人に対する憎悪教育が行われている国です。
戦争を放棄して侵略を許せば、チベットやウイグルよりも、もっと悲惨なことが行われます。

病気になりたくて病気になる人や、
事故に遭いたくて事故に遭う人なんかいるんでしょうか?
そんなこと考えるのも嫌だと思っても、
向こうから勝手にやってくるのです。

誰だって、戦争なんかはしたくないのは同じですが、
どうやれば戦争を避けられるかを常識的に考えた場合、
日本に戦争を仕掛けても確実に負けるので、
日本に戦争を仕掛けるのは止めておこう、
という状態にしておくのが、もっとも確実な方法だと思うんですが・・・

今のところ、尖閣諸島が奪われずにすんでいるのは、
憲法9条が神通力を発揮してるからではなく、
背景に、日本とアメリカの軍事力があるおかげです。

こんなことを書いていると、バリバリの右翼だと思われそうですが、
どちらかと言えば、Korvaは、リベラルかつ平和主義的な人間ですよ。
いや、本当に(笑)

ただ、悲しいことですが、この世界において、平和は、
戦争を忌み嫌う平和主義的な国が、好戦的な国に対して、相対的に、
より大きな軍事力を持つことで達成されるという、パラドックスがあると感じています。

そして、
平和国家の軍事力 > 好戦的な国の軍事力
という、戦争が起こりにくい状態を維持したまま、少しずつ軍縮を進めて、
最終的には、全ての国が軍備を廃止して、
戦争の起こりえない世界が達成されるのが理想かなと思います。
関連記事
スポンサーサイト


未分類 | 09:06:45 | トラックバック(0) | コメント(7)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-07-03 木 11:20:05 | | [編集]
個人的に感じていることなので、妄想に近いかも。

今までは中東からの石油タンカーはアメリカ軍が目を光らせていたのですが、今のアメリカは、大統領が中東は平和になったと宣言し、撤退し、現在紛争中です。現アメリカ大統領は、それでも兵を撤退させていくでしょう。ですから、現日本総理は日本のエネルギーを守るために中東に自衛隊を増員するでしょう。

福島原発が大地を汚しました。後はアンゴルモアの大王が進軍すれば、ヨハネの予言が・・・・。

新世紀になったはずなのに、まだ世紀末を引きずっている気がします。

あくまでも、妄想ですから、外れることを願います。
2014-07-03 木 23:50:41 | URL | kaneya [編集]
kaneyaさん、コメントありがとうございます^^

どうも、日本人は古代イスラエル民族と
何かしらのかかわりがあるという話もありますし、
ハルマゲドンの舞台は日本になるという予言もあり、
色々と気がかりなことは多いですね。

しかし、日月神示には、高級神霊や高級霊でも、
未来のことは正確にはわからないとあるようですし、
理想世界に移行する前には、
何も分からない神や霊に憑かれた預言者が、
多く現れるともあるようですね。

なので、予言というのは、
あまり気にしないほうがいいのかもしれませんね。
というか、気にしてもしょうがないです^^;
2014-07-04 金 08:53:03 | URL | Korva [編集]
訪問ありがとうございました。

難しい問題ですね。

戦争を経験された方の話に、しっかりと耳を傾けるべきだと思います。

自分の子どもに、悲惨な運命は辿って欲しくありません。
2014-07-05 土 10:20:47 | URL | 紘絵 [編集]
紘絵さま、コメントありがとうございます^^

戦争に反対する人の気持ちは痛いほど分かります。
しかし、大きな悲惨を避けるために、
小さい悲惨を容認することは避けられないこともあるかなと思います。

自分の子供に交通事故にあってほしくないと言って、
自動車を廃止すべきだという人がいないのは、
自分の生活に身近に関わる利益だからです。
残念ながら、自分の利益や便利な生活のためには、
多少の犠牲はしょうがないというのが、人々の無意識的な判断です。

かと言って、私はその犠牲を容認してるわけではありませんよ。

今の日本では、毎年、自殺者が3万人も出ます。
多分、今の競争社会では、
優しくて大人しくて自罰的で人を押しのけることができないような人から、
先にどんどん死んでいくのでしょう。
そして、我が強くて他罰的で人を押しのけることが平気な人が生き残る・・・

そして、誰もそんなことは気にしてはいません。
僅か十年足らずで、私が住んでいる水戸市がなくなる人口です。

想像上の戦争で人が死ぬ可能性には大声を上げて反対するけれども、
平和なときに、目の前で、現実に、
こういう人たちが死んでいくことには誰も異を唱えません。
本当に馬鹿馬鹿しい世界です・・・
2014-07-05 土 10:57:09 | URL | Korva [編集]
はじめまして。

たまたまブログを拝見して、こんなに嬉しいと思ったことはありません。
私も言いたい事・・・といったら失礼ですね・・・それ以上の事をおっしゃって下さっているからです。
こんなに真っ当な事を、こんなに理路整然と見事に論じられているのを読ませて頂き、心の底から感動しました。
集団的自衛権、その他の過去記事も拝読しました。全く賛成です。
中立的な立場から読めるように、一から丁寧にご説明されているのも素晴らしいことで、こうした主張を丹念にしていけるなんて、とても胆力がおありだと思います。
おっしゃっている事は、純粋に理論的な帰結として当然なことばかりで、偏った主義でも趣味でもないと思います。

どちらかで、ご自身のことを「あまり言語的な思考を行わない」と書かれていたかと思いますが、Korva 様の言語的な思考力の高さは際立っていらっしゃると思います。
きっと、いろんな才能をお持ちなのですね。

日本を、なくなって良いと思っている人たちは、いるかもしれませんね。
「国なんてなければ、戦争も起こらない」と、大真面目に考えているインテリの人たちがいて、暗澹たる気持ちになります。
チベットやウイグルで起こっている事を見ていないのか、と思います。

貴ブログ、リンクを貼らせて頂いて、よろしいでしょうか。
どうぞよろしくお願い致します。
2014-07-22 火 00:14:49 | URL | Ariane [編集]
Ariane様、コメントありがとうございます^^

ご共感いただき、とても嬉しいです。
文章を書くことには、トラウマとコンプレックスがあるので、
自分の書いた文章を褒められると、なんだか居心地が悪い感じです(笑)

どうも、インテリだとか善人だとか思われたいという欲求があると、
思考的な制限がかかるようですね。
マスコミも、平和だとか平等だとか人権だとか安全だとか、
まともな人ならば、普通は反対できないようなスローガンを掲げて、
問題の本質をずらそうとするので、なかなかたちが悪いです。

リンクのお話は、よろしくお願いいたします。
こちらからも、リンクさせていただきます。
2014-07-22 火 11:52:37 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ