■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

SAC - Sound Absorbing Corner
Torvi-SL08 を少しマイナーチェンジしたものを試聴しています。

torvi-sl08_sac


マイナーチェンジといっても、下の画像のように、
音道のコーナーの数箇所に、少し吸音材を使用しただけですが。

SAC

BLHのコーナーでは、音道の高さが、最大で、
音道の高さ*√2倍まで広がります。
この広がった部分に、吸音材を入れることで、
ホーンの広がり方がよりスムーズになると同時に、
高い周波数で発生する共鳴音や、
対向面間で発生する定在波の発生も、
抑制できると考えられます。

実際に聴いた印象では、ボーカルが随分すっきりとして、
あまりBLHのボーカルという感じがしません。

このような吸音材の使い方をすることで、
ホーン自体が、高い帯域で共鳴しにくくなっているようで、
ボーカル帯域の濁りが少なくなっているのだと考えられます。
吸音材無しに比べると、素直で聞き飽きない音になっています。

ホーンのダンピングも良くなっているようで、
ホーンの響きが収まるのも素早くなっていると感じます。

しかし、ミッドローの、BLHらしいバリバリした質感も少なくなるので、
チェロの演奏などを聴くと、ある種の生々しいリアリティーも一歩 後退するようです。

やはり、吸音材の影響で、低音の倍音の排出も少なくなるためか、
開口部をダンプしたBLHのように、低音のエッジが少し丸くなるようです。

高い周波数の音ほど直進性が高いので、
コーナーの吸音材で吸音されやすくなりますが、
低い周波数の音は、音道のカーブに沿って道なりに進み、
この程度の吸音材では吸音されにくいので、
低音の量感には、それほど影響がないようです。

BLHらしい鳴りっぷりの良さという点では、
吸音材を使わないほうが良いようですが、
システムとしての完成度という点では、
吸音材を使ったほうが、癖が少なくて良いと感じます。

器楽曲ばかり聴くのなら、吸音材無しでも良い感じですが、
ボーカルものをメインに聴く場合は、
吸音材を使ったほうが、明らかに良い感じです。
関連記事
スポンサーサイト


バックロードホーン | 10:06:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ