■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

NFJ Little Susie
NFJ (North Flat Japan) で、リトル・スージーという可愛い名前の、
電源用の外部キャパシタを2セット買ってみました。

little susie


以前から、アンプとDACの電源用に、こういうものがあればいいなぁと思っていたところ、
blue*dropのスピーカーのユーザーの方に、リトル・スージーの情報を教えていただきました。

そして、早速NFJのブログを覗いてみたところ、ちょうどオークションに出品中だったので、
DAC用とアンプ用に、2つ買ってみたわけです。

スイッチング電源のスイッチングノイズは可聴域外という事ですが、
トランス式の電源に比べると、ヒリヒリした感じや、ザワザワした感じがあり、
特に高域での滑らかさやエレガントさが足りないような気がするので、
この製品によって、電源の品質が上がれば、
そういう点も、少は改善するだろうと思っています。

このキャパシタボードには、ノイズフィルターも搭載されているので、
電源ノイズに脆弱な機器には、特に有効かもしれませんね。

ちなみに、Korvaの使っているS.M.S.L.のDACは、音は良いのですが、
電源ノイズや電圧の変動に対して、非常に脆弱で、
蛍光灯を点けたり消したりするだけで音が出なくなるので、
この製品の効果には期待しています。

そのうち、プリアンプも導入したいなぁと思っているので、
もう一つ買っておいてもよかったかもしれませんね。

このリトルスージーは組み立てても、
実際に使うためには、入・出力端子が別途 必要なので、
それを入手するまでは、効果の程を確認することは出来ません。
実際に使えるようになったら、またレーポートしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


オーディオ | 10:01:27 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
キャパシタ
お久ぶりです。
ヨネです。

実は!
LM3886・DCアンプ(二台有ります)にも同じ物でわ無いのですが、キャパシタが入ってます。

トロイダルトランスよりも電源アダプターに組み込んだ場合は、効果抜群かも知れませんね。


同じLM3886のDCアンプですが、キャパシタの有り無しで大分音が変わりますから!
スピーカーのキャラクターに依って有り無を使い分けています。

でわ失礼します。
2014-06-06 金 09:40:11 | URL | 木工大好き [編集]
追記です。
コモンモードノイズフィルタです。
失礼しました。
2014-06-06 金 11:55:35 | URL | 木工大好き [編集]
お久しぶりです!
コメントありがとうございます^^

LM3886は、なかなか評判が良いようですね。
このキャパシタは、トロイダルトランスを使ったような高品位なものより、
あまり品質の良くない小さなACアダプターに使ったほうが
多分 効果的だろうと予想していますが・・・
結果が楽しみです。
2014-06-07 土 09:45:02 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ