■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

シンクロニシティー
最近 気分が欝っぽくて、こういう気分のときは、
なぜか理屈っぽい文章が書けないので、
ブログもHPのほうも更新が滞りがちです。

他の方のブログで、
シンクロニシティーについての記事を読んでいて、
色々と感じることがあったので少々・・・

シンクロニシティーと言うのは、
最初にユングの唱えだした概念だと思いますが、
一言で言えば、「意味ある偶然」のことです。

korvaはよく、スピリチュアル系のブログを拝見するのですが、
ある問題について考えながら、スピリチュアル系のブログ゙を覗くと、
その日の記事が、正にその問題の話だったりすることがよくありますし、
テーマだけではなく、話の内容自体、自分の考えてることと同じだったりします。

これは、テレパシー的な現象なのか、波長の法則で、
似たもの同士が引き寄せられる現象なのかはわかりませんが、
なかなか興味深い現象ではあります。

Korvaは子供の頃から、自分の考えていることが、
他の人に筒抜けになっているような感覚があるのですが、
ふと思い浮かんだことを口にすると、
相手が、今ちょうどそのことを考えていたということもよくあります。
特に、性格の似ている人だと、そういうシンクロ現象が多くなる気がします。

そういえば、学校の先生が家庭訪問で家に来たとき、
母が、「この子は人の考えを読むんですよ」なんて言ってましたが・・・

ユングによれば、人の意識は顕在意識、無意識、集合無意識に分けられ、
集合無意識の領域では、他の人とつながっていると言う話なんですが、
どうもこれは、個人的な印象だと、荒唐無稽な話でもないだろうなと感じます。

もしかすると、Korvaのように、言語的な思考をあまりしないタイプの方が、
無意識の領域と、つながりやすかったりするのかもしれません。

話は変わって、Korvaが好きな歌手の谷山浩子さん。
彼女は、彼女自身も、彼女の歌も、
マスコミへの露出頻度が非常に低いのですが、
なんとなく、ラジオを付けてみたら彼女が出ていたとか、
彼女の歌が流れていたとか、
彼女のコンサートの録音を放送する予定日の告知をやっていた、
とかいうことが、以前はよくありました。
Korvaはラジオを聴くこと自体が珍しく、
彼女がしょっちゅうラジオに出てるわけでもないので、
こういうことが続くと、ピンポイント過ぎて妙な気分になりました。

おかげで、「101人 屋久島コンサート」など、
非常に貴重な音源も録音できましたし、
特に、彼女の歌の中でも一番好きな「恋人の種」は、
アルバムに入っているものよりも、ずっと好みだったので、
それこそ、テープが擦り切れるほど、毎日何回も聴いていました。

で、ピンポイントといえば、もうかなり昔の話ですが、
ある日 TVをつけて、なんとなくチャンネルをNHK教育に合わせたところ、
「みんなの歌」の製作の様子を紹介する短い番組をやっていたのですが、
それに谷山浩子さんが映っていて、目が点になりました。
そのときに初めて、動く彼女の映像を見たと思います。

今ではYouTubeなどで、いくらでも動く彼女の映像が見れますが、
当時はそういうものがなかったので、非常に貴重な感じでした。
彼女のビデオ、「谷山浩子コンサート with ねこ森アンサンブル」
も廃盤でしたし・・・

その番組では、少し大きなテーブルに何人かの人がいて、
何かの会議しているような様子だったと記憶しています。
こちらが谷山浩子さんです、という紹介があったわけではないので、
絶対にそうだとは言えませんが、多分そうでしょう(笑)

基本的に彼女がTVに出ることは、ほとんどありませんし、
Korvaが毎日、一日中、教育TVを監視してるわけでもないので、
これは確率的には、相当低いはずです。

どうも、人間は、五感では認識できないところで起きている事象についても、
無意識的に、察知できる機能が備わっているのではないでしょうか。

しかし最近は、ネットで好きなときにいくらでも見られると言う意識があるせいか、
この手のシンクロニシティーが、なかなか起きないようです。

ちなみに、果てしなく、どうでもいい余談ですが、
「人類ネコ科」という漫画に、
谷山舞奈(たにやま まいな)というキャラクターが出てくるのですが、
このネーミングには、ちょっと失礼な意味があるようです。
この漫画の単行本に、言葉は正確ではありませんが、
「谷山さんがマイナーだと言う意味では決して決して・・・谷山さんごめんなさい!」
というような話があったと記憶しています。

それで思いだしましたが、
ある人と雑談していたとき、好きな歌手の話題になり、
どうせ知らないだろうなと思いつつ、谷山さんの名前を挙げたところ、
「それはまた、随分マイナーな・・・」
という、ストレートな感想が返ってきて、
ファンとしては、一応 知られていて嬉しいような、
悲しいような、妙な気分になったとがありますが・・・
今よりネットが普及していない頃だったので、
まぁ、知っているだけでも相当 珍しいんですけどね。

「え~!知ってるんだ、びっくり。好きな曲とかある?」
「歌の方は聴いたことないんですけどね~」
「へ~そうなんだ。じゃあ何で知ってるの?」
「ふふ~ん♪ どうしてでしょう?」

今 推測するに、谷山さんのエッセイ、
「浩子の半熟コンピュータ」を読んだのであろうと思いますが・・・
確か当時は、PC雑誌で連載中だったはず。
谷山さんは自分のマイナーさを、よくネタにしてましたから。

hanjukucom


上は、2冊も買ってしまった「浩子の半熟コンピュータ」
まぁ、似てるんですけど、どうせなら、もう少し美化すべきかと・・・
この本は、コンピューター黎明期の頃の懐かしい話があったりと、
8ビット世代としては、なかなか楽しめました。

しかし、実家の方に置いてきたので、こっちでは読むことができなくて、
また読みたいなーと思っていたところ、たまたま、
ブックオフで状態の良いものが105円で売っていたので、
もう一冊買ってしまったのですが、
ブックオフに谷山さんの本があるのも結構 珍しいのです。

最近は、ネットの普及で、
谷山さんの情報に簡単に接することができるので、
以前よりは、知っている人が増えたような気がしますが、
増えているのは情報量だけだったりして・・・

で、シンクロニシティーに話を戻すと、
ある昔の友人について、彼は今頃どうしているのかなぁ、
などと考えながら、ブックオフをブラブラしながら、
ある本を手に取り、ペラペラとページをめっくていたところ、
偶然、彼の書いた記事に遭遇して、
彼のそのときの状況などを知ることができた、ということがありました。
ちなみに、彼は物書きではないので、世の中に彼の書いた記事が、
ありふれているわけではありません。
おそらく、そのブックオフで、彼の記事はそれだけでしょう。

これなんかは、ピンポイント過ぎて、
確率的に考えると、まずありえない話なんですが、
こういう不思議なことって、ちょくちょく起こってませんか?

人生は偶然の積み重ねというのはよく聞きますが、
単なる偶然と言うよりは、意味ある偶然の積み重ねだと感じます。
非常に意図された偶然というか、巧妙に仕組まれた偶然というか・・・

特に、誰と出会ってどういう経験をするかということについては、
単なる偶然ではなく、何かしらの意図された計画と言うか、
生まれる前に、あの世での打ち合わせのようなもの、
または、集合無意識の領域での打ち合わせのようなものが、
あるのではないかと感じています。
関連記事
スポンサーサイト


スピリチュアル | 08:18:17 | トラックバック(0) | コメント(13)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-05-06 火 15:57:27 | | [編集]
おはようございます!

以前こちらの記事を読んでとても共感し、
コメントを書こうと思いつつ、
そのままになってしまっていました・・(@_@)

シンクロニシティのお話、すごく良く分かります。
ワタクシもKorva様ほどではありませんが、
考えていたこととシンクロする本に出会ったり、
偶然きいたラジオや人との話の中に、
今自分が心の中で問題としていることのヒントが
潜んでいた、などということがよくあります。
また、突如として第六感が働き、
「今日はあのお店、臨時休業かも」
と思うと本当にそうだったり。

昨日、親しくさせていただいているブロガーさんの記事に、
いわゆる「ワンネス」とは何かを、
哲学的に考察したものがありました。
やはり我々の世界は三次元ですから、
物質と精神、自己と他者など、
世界はバラバラに分かれているように見えますが、
実はもっと高次元ではすべてはいっしょくたになっていて、
Korva様のような感性の鋭い方はその領域につながりやすく、
他者の思考が読み取れたり、頻繁にシンクロが起こったり
するのかもしれませんね。

ところで谷山浩子さんですが、
ワタクシ昔とてもよく聴いていました。大好きでした^^
懐かしく思い出しました。ありがとうございます。
2014-05-17 土 08:25:12 | URL | まーさん [編集]
まーさん様、コメントありがとうございます^^

ご共感いただき、嬉しいです。
まーさん様の言うとおり、高い次元というか、
心の深いところでは、他の人とつながっているんだろうな感じます。

人の脳は、コンピューターでもあると同時に、
チューナーでもあるという話もありますし、
人が意識的に、自分の能力に制限を掛けなければ、
人間は結構いろんなことが出来るのかもしれませんね。

まーさん様も、谷山さんの歌をよく聴いていたとは!
それは嬉しい偶然です^^

私が本格的に、谷山さんのファンになったのは、
ラジオで偶然「冷たい水の中を君と歩いていく」という歌を聴いて、
衝撃を受けてからなのですが、
谷山さんは、このアルバムから歌の作り方を変えたそうです。

それまでは、詩を作ってから曲をつけるという方法だったのが、
このアルバムからは、曲を作ってから詩を作るという方法に変えたそうです。
だからなのか、このアルバムより前の曲よりも、
それ以降の曲に好きなものが多いです。
2014-05-17 土 10:34:55 | URL | Korva [編集]
シンクロニシティといえば、自分の描いた絵のキャラクターが暗い表情だったり、悲しげな表情だったりすると、自分の身によからぬことが起こったりします。

描き手の心情がキャラクターの表情にも反映されるのかもしれませんが、これから起こることを自分の絵のキャラクターが憂えてるようにも見えます。
2015-10-03 土 22:07:35 | URL | ponch [編集]
ponchさん、コメントありがとうございます^^

そういうことってあるでしょうね・・・
多分、何か無意識的な予感があるのではないでしょうか?

ある歌が気になって、そればかり聴いていたら、
その歌詞のようなことが起こったりということが、
時々ありました。

そういう予感があるから、その歌が気になるのか、
そういう心境だから、そのようなことが起こるのかは、
分りませんが・・・
2015-10-04 日 08:59:23 | URL | korva [編集]
こんにちは^^
korvaさんのシンクロ体験
すごすぎて、ビックリしました。

もう、それは偶然ではありえませんね。

やはり、波動は同じ波動と共鳴するのでは
ないでしょうか? (^^)
2016-10-09 日 14:10:07 | URL | 坊主おじさん [編集]
坊主おじさん、コメントありがとうございます^^

私は、割と不思議な経験が多いからか、
スピリチュアリズムに関心があるのですが、
超自然的な事柄については、
実際に自分に起こったことに基づいて、
考えたいと思っています。

世間一般のスピリチュアリズムは、
ベストセラーになったスピリチュアル本を信じる宗教なのだと感じます。
実際に、書かれていることに反することを言うだけで、
悪とか闇の勢力扱いされたりしますし。

坊主おじさんの、死にそうになったときの話は、
私も臨死体験があるので、共感しながら読みました。
そのうち、気が向いたら書くかもしれません。
2016-10-09 日 14:36:22 | URL | Korva [編集]
お邪魔します
書きたいこと、いっぱいありますが
なるべく少しにします。

「言語的な思考をあまりしないタイプの方が、
無意識の領域と、つながりやすかったりする」


なんか、私もそんな風に感じます。
子供達も私も言語的思考が苦手ですが
Korvaさんのような感覚で生きている部分、
けっこう多いと思います。


「性格の似ている人だと、
そういうシンクロ現象が多くなる気がします。」


私も数年前まではそんな風に思っていました。
ですが、今は少し解釈が広がっています。
(←偉そう?)


というのは、
まだアメリカにおりました当時、
今から10年余り前の夏休みでしたが、
(私はまったくお相手のことを
特別に意識したことはなかったのですが)

ご自身の思いの中で
私にどうしても会いたくない
(私に不誠実なことをした
と思っておられたようで)、
と私を避けていた
日本人のお母さんが、
私が新宿駅から
JRの電車に乗り込んだら
同じ車両の
そのドアの真ん前に立っていました。

彼女も私も共にアメリカに住んでいました。
お相手は耳まで真っ赤になってしまって・・・。


そういう場合というのは、
「性格が似ているからシンクロした」
のではなくて、
宇宙がそのような
(Korvaさんの言葉をお借りすれば)
「意味ある偶然」
を作ることによって
二人ともに何かを考えさせようとした・・・のかな?
なんて思ったりしています。


今日はこの辺にしておきます。
やっぱり短く書くのが苦手です。
また遊びにお邪魔させてください。
2016-11-03 木 11:26:17 | URL | HeartLiberty [編集]
HeartLibertyさん、コメントありがとうございます^^

HeartLibertyさんは、
長い文章を書くのが得意なようで、うらやましいです。
文才というのは、それだけで食べていけるような才能なので・・・
私は、要約のような簡潔なものしか書けません。

シンクロというと、妻が私の考えていることを、
考えているまさにその瞬間に口にするとか、
反対に私が妻の考えていることを、その瞬間に口にするとか、
しょっちゅうあって、「あ、またテレパった!」とか言っています。
性格的には、全然似てないような気がするので、
似てなくても、そういう現象は珍しくないようですね。

新宿駅でのお話は、非常に不思議な体験でしたね・・・
そういうことがあると、
どうしても見えない世界のことが気になりますよね。
新宿駅と言えば、私が新宿駅の駅前を歩いていたとき、
人ごみを掻き分けながら、私に直進してくる人がいたので、
なんだろうか?と思っていたら、宗教の勧誘でした(笑)
いかにも、そういう事柄に理解を示しそうな
オーラが出ていたのでしょうか・・・
2016-11-03 木 12:35:40 | URL | Korva [編集]
おはようございます
困っちゃってます。
上記のコメントを読んでも
Korvaさんの考えや思想的なもの(?)
の書かれている記事を読んでも、
他の方々とのコメント欄での
やりとりを拝見しても
「どう短く描こうか・・・?」と・・・。

文章のこと、お褒めいただきましたが
(ありがとうございますm(_ _)m)
長い文章を書くのが『得意』なのではなく、
『短く書けない。』が、
ほんと、正しい言い方です。

ほら・・・こんなつまらないことで
もうこんなにいっぱい書いてしまった。



奥さまとの間で
「あ、またテレパった事件」が
頻発されるようですね!
そういうことを
この世で出会った人々との間で
多く気づけば気づくほど、
けっこう大変なことが起こっても
「生きるってことはオモシロイ!」
としみじみと感じられるのではないですか?


「自分の魂が消滅しても、
それを残念に思う自分はいません。」

とのこと。
他の人がKorvaさんのことをどう思おうが
自分の納得で歩んで来ているから、
というのも関係ありそうですか?


Korvaさんの文章の内容が
ほんとうにとてもおもしろいです。
物書きをお仕事にできそうなほど
とても上手でおられて
何よりcomfortableに感じます。

宗教の勧誘、
普通は後ろからとか横からとか
さりげなく声を掛けますよね?
そんな大胆な迫り方でも
Korvaさんは聞いてくれる人だと
その方は感じたのでしょうか?

「オーラ」・・・
ブログって、とてもたくさんの理由で
〝本当にお話ししたいことは話せない場所"
(わかりやすく書くことができにくい場所?)
だと感じています。
Korvaさんもこの気持ち、常に抱えながら
書いておられるのではないかと思いました。

Korvaさんの別のブログに行って
そこでまた書きますね!
2016-11-05 土 08:06:33 | URL | HeartLiberty [編集]
HeartLiberty さん、コメントありがとうございます^^

私の文章は、スピリチュアル系の人が見ると、
頭にくる内容が多いと思いますが、
comfortable ですか・・・ちょっと(かなり)意外です(笑)
わざと、反論を聞きたくて書いてるようなところもあるので・・・

魂が消滅しても残念に思わないと言うのは、
自分の魂が消滅してしまったら、
何かを考えることも感じることもなくなるので、
夢を見ていないときの眠りのようなもので、
何の悩みも苦痛もない、根本的な救いのようなものに
感じるからです。

私は、天国や地獄というのも、実際にはなくて、
単に、自分がそこにいて、心地よく感じるかどうかによって
決まるものだと思います。
天国と言われる場所にいても、
自分には苦痛かもしれませんし、
地獄にいても、そこが楽しければ、
特に何の問題も無いような気がします。

あの世にも、色々な集団があって、
自分の集団を天国、他の集団を地獄だと、
言っているのだと思います。
こっちの水は甘いよ、あっちの水は苦いよ、
という感じですかね・・・
主観的には、確かに、そう感じるのでしょうけど。
どんな集団も、勢力を拡大したいわけですが、
単に、自分に合うかどうかだなぁと思います。
残念ながら、私には、
どんな集団も合わないような気がしますが(笑)
2016-11-05 土 10:09:32 | URL | Korva [編集]
突然ですが・・・
リンク、ありがとうございます、とてもうれしくて、早速こちらからも貼らせていただきました。
で、過去記事を、カテゴリに沿って見ていて、びっくり、谷山浩子は私も夫も息子も大好きなアーティストです。う~ん感激。
スピリチャルはよく分かりませんが、形のないもの、見えないものを大切にする姿勢は大事だと思っています。
過去記事へのコメントですみません、これからもよろしくお願いします^^

2017-01-10 火 23:10:20 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさん、コメントありがとうございます^^
こちらこそよろしくお願いいたします<(_ _)>

こちらから勝手にリンクさせていただきましたが、
そちらからもリンクしていただき、ありがとうございます。

ナカリママさんも旦那様も息子様も、
谷山さんが好きなんですね。
谷山さんのファンは結構 珍しいので、ずいぶん奇遇ですね!
割と好きなアーティストというのは、いくらかいるのですが、
大好きと言えるアーティストは、谷山さんくらいしかいません。
なんだか、ワナワナするような懐かしい感覚があるのです。

スピリチュアルは、私の場合は、客観的に確認できたり、
少なくとも、主観的に経験できないことは重視しないので、
他の方と考え方が違っている部分が多いと思います。
スピリチュアリストは、単に本にそう書いていたというだけでも、
自分が気に入れば、どんどん教義化していくようなところがあって、
そういうことをしているうちに、
エゴがどんどん強化されていくのが観察できます。

気に入らなくても事実ということや、
気に入っても事実ではない、
ということはいくらでもありますよね。
2017-01-11 水 09:34:19 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ