■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大塚成就院池公園の鷺草
先日(8月14日)に、パートナーのSormiと
水戸市の大塚成就院池公園のサギソウを見に行きました。
鷺草(サギソウ)は日本各地に自生している野生らんの一種で、
現在は絶滅が危惧されている貴重な植物です。

成就院公園


現在では、地元のボランティアの方々が、公園内の湿地帯の一角を
自生地として復元しようと、球根を移植してサギソウの世話をされているそうです。
このような活動は、素晴らしいと思います。

公園標識


公園と言えば、遊具を置いて木を数本植えておしまい、と言う感じのところが多いですが、
成就院池公園のように、公園の一角をビオトープにして、
その地の絶滅危惧種などを育てて大切すれば、
周辺のお年寄りなども嬉々として、そのボランティアに参加しそうだし、
公園で遊ぶ子供も、そういう活動を見て、自然の美しさやはかなさを感じ、
自然を大切にしようとする心が芽生えるんじゃないかなぁ。

Korvaはサギソウには思い入れが強く、何回か育ててみたのですが、
まだ2回しか花を咲かせたことがありません。

何せこの植物は、「日当たりが良く水はけの良い湿地」という、
かなり矛盾した場所が好きなので、初心者には栽培が難しいのです。

色々試した結果、底に軽石を敷き、その上にミズゴケを入れた植木鉢を、
水を張った大きな発砲スチロールの箱に、軽石の部分を水没させ、
ミズゴケの部分を水の上に出して、サギソウをミズゴケの部分で育てる、
という栽培方法が上手く行きました。

もちろん、水は毎日ミズゴケにかけて、発泡スチロールの古い水を溢れさせて、
新しい水と入れ替える必要があるので、大変面倒です。
しかし、この栽培方法は、見た目が人工的かつ美しくないので興冷めですが・・・

今回、ネットで調べて、自然の中でサギソウを見られる場所を見つけたので、
これはぜひ見なければと言うわけで、行ってきたのですが、
ベストな状態のサギソウを見るには、もう数日 早い方がいいようですね。

途中道に迷ってしまいましたが、公園の近くにあるコンビニの店員さんに尋ねたところ、
公園の場所を親切に教えてくださいました。
有難うございました <(_ _)>

成就院池公園遊歩道


公園内の湿地の遊歩道をてくてく歩いていくと、
途中でザリガニを発見しました。
そして、遊歩道とは反対側の鮮やかな緑地に、目的の白い点々が・・・
どうやら、遠回りをしたようです。

周りの雑木林では、アブラゼミが耳障りな濁声でけたたましく鳴き、
この夏の不快な暑さを一層盛り上げていましたが、
成就院池公園の湿地帯の、この小さな一角では、
鷺草がその名の通り、飛翔する鷺さながらの姿で、
純白の涼しげな花を咲かせて、ひっそりと佇んでいました。

サギソウ1


凛とした草姿、
繊細で透明感のある儚げな花姿、
完璧な美しさです・・・

サギソウ2


「この世で一番美しい植物」
うだるような盛夏に、可憐で涼しげな花を咲かせる鷺草を見て、
Korvaはそう思うのです。

来年は、一番良い時期に行って、
さらに美しい鷺草を見たいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


自然 | 11:33:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
鷺草って子供の頃から名前だけは知ってましたが、現在は絶滅危惧種なんですね(ビックリ)

「水はけのいい湿地」ってどこから突っ込んだらいいんでしょうか。そもそも湿ってるから湿地なわけで。ドロドロしてない泥沼みたいなものでしょうか。
2015-09-18 金 01:47:58 | URL | ponch [編集]
ponchさん、コメントありがとうございます^^

イメージとしては、しっとりしていても、
ベちゃべちゃしていないスポンジのような感じです。
根が常に水分を吸収できる状態じゃないと嫌だが、
同時に空気にも触れていたいという
気難しい植物なんだと思います。
なので、育てるとなると、結構 手間のかかる植物なのです。
2015-09-18 金 07:03:31 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ