■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Harmonia のミッドロー

halmonia20131206


Harmoniaのフルレンジ部の Kirkas にカンナをかけて目違いを払い、仕上げをしました。
もちろん、音は変わりませんが、見た目が綺麗になると音も良くなったように感じます。

サブウーファー部のPerustus もダクトの調節をして、
Kirkasと上手く繋がるように、チューニングしております。

しかし、このサブウーファーは8cmのシステムには、オーバースペックかもしれません。
8cmフルレンジの薄めの中低域から60Hz辺りでいきなり力感がみなぎってきて、
40Hz辺りでは、部屋のフスマなどがバタバタと共振を始めます。
音色的には、Kirkasとのつながりには違和感を感じないのですが、
エネルギー感が上手くつながっていないような気もします。

しかし、25Hz辺りまでグリップするので、音楽の最低域まで軽々と再生し、
8cmのシステムとは思えない余裕のある鳴りっぷりです。
フルオーケストラでも、苦しげな様子はなく、
スケールの大きい音が楽々と出てきます。

やはり、音のスケール感は、各音域の絶対的な量ではなく、
相対的な量が大切なのではないかと感じます。
どういうことかと言うと、
低域の絶対的な量が多くても、中域・高域の量がそれより多ければ、
スケール感の乏しい、貧相な音になりますが、
反対に、低域の絶対的な音量が少なくても、
中域・高域の量が、低域に比べて相対的に少なく、
聴感的なf特がピラミッドバランスになっていれば、
スケール感のある雄大な音になるということです。
なので、いくら大きなシステムでも、f特がハイ上がりならば、
特に低域の感度が鈍くなる小音量再生の時は、スケール感の乏しい音になるはずです。

とは言っても、このHarmoniaがパーフェクトというわけでもなく、
中低域(ミッドロー)の表現力が分かりやすいチェロの独奏などを、
いま開発中の10cmのバスレフシステムのLaulu-D10と聴き比べると、
Harmoniaは、その帯域での表現力が僅かに劣るようです。
単独で聴いて不満を感じるレベルでないのは幸いですが、
Laulu-D10と聴き比べると、違いがあるということです。

多分、フルレンジ部のKirkasが密閉型なので、
エンクロージャーに収めることでf0が上昇する以外は、
インピーダンス特性がユニットの元々のインピーダンス特性とほとんど変わらず、
フルレンジ部のミッドロー(f0付近)でのインピーダンスが高いままなので、
8cmフルレンジのボイスコイルに流れる電流が少なくなり、
その帯域での駆動力が減ることで、
その帯域での表現力も乏しくなっているような気がします。

8cmフルレンジのミッドローは、
ホーンなどで負荷をかけない場合は、インピーダンスが低くならないので、
振動板から出る音は、ボイスコイルで駆動されて出る音というよりは、
振動系が持つ固有振動数に従い、慣性でブラブラすることで出る音なので、
どうしても表現力が低くなってしまうようです。

8cmフルレンジと比べると、10cmフルレンジの方が、f0の周波数が低く、
ミッドローでのインピーダンスが低い分、
その帯域での駆動力も増し、表現力も豊かになるのだと考えられます

8cmでも、Mark Audio のAlpair6なんかだと、f0が10cm並に低いので、
ミッドローの表現力も10cm並に豊かかもしれませんねぇ・・・うーむ、気になる・・・
関連記事
スポンサーサイト


Harmonia | 11:43:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ