■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サブウーファー Perustus の試聴
やっと、Harmonia の サブウーファー部 Perustus の設計ができたので、
とりあえず、片チャンネル分を作ってみました。

perustus_i


上の画像は、内部の様子です。
2つのバスレフポートは、両方とも底面についています。
第一空気室のポートは背面につけても良さそうですが、今回は底面にしています。

もちろん、このままでは、ポートがふさがっていて音は出ないので、
底面にキャスターを取り付けて、底面と床の間に空間を確保する必要があります。

裏板の一部を着脱可能にして、
吸音材やポートの調節をできるようにしています。
第一空気室(小さい方の空気室)に手を入れるには、裏板を外してから、
ウーファーも外さないといけないので、少し面倒ですね。

Korvaの作るエンクロージャーにしては珍しく、補強でガチガチに固めております。
スピーカースタンドとして使う必要上、ある程度の強度が要求されるのと、
サブウーファーの板鳴りによって、
フルレンジ部の音場感が阻害されるのを避けたかったためです。

perustus+kirkas


まだ、内部に吸音材を貼る必要があるため、側板を接着していない状態ですが、
フルレンジ部のKirkasと組み合わせて試聴してみました。

3Wayのそこそこ大掛かりなシステムですが、
なかなかどうして、最初から音がまとまっていますね。

フルレンジとサブウーファーのクロスオーバー付近も、音が混濁する感じはなく、
男性ボーカルに、ダクトの質感が混じる感じもありません。
これはなかなか期待できそうな感じですよ。

女性ボーカルなどの、ほとんど低音なんかはいっていない様なソースでも、
サブウーファーがあると、ぐっと音のリアリティーが増して、
そこに誰かがいるような実在感があります。

そして、映画のサウンドトラックなどの、低音が盛大に入ったソースでは、
気持ち悪くなるくらいの超低音の出力があります。

試しにWave Gene で、低音のサイン波を入力してみると、
30Hz-40Hzあたりで、強い共振があり、
側板にKirkasや重りを載せた状態でも、
板がバタバタと振動して、少しずつずれていきます。
30Hz以下も出力がありますが、
側板を接着してない状態だと、正確に測定できません。

第一空気室の吸音材と第一ダクトのチューニングが難しそうですが、
今回のPerustusは、なかなか上手くいったようです。

この程度(29リットル)のコンパクトなサブウーファーでワイドレンジが実現できるのは、
メインのKirkasのユニットが、能率86dBの8cmフルレンジだから可能なことで、
もしこれが、能率98dB程度の20cmフルレンジなんかだと、
単純計算で120リットル程度のサブウーファーが必要になり、
考えただけでも気が遠くなります。
関連記事
スポンサーサイト


Harmonia | 10:14:45 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
素晴らしい
フルレンジ側が密閉型なのが、特に有効ですね。

しかし良い密閉型スピーカーですね。
2013-11-20 水 19:29:03 | URL | 木工大好き [編集]
ヨネさん、コメントありがとうございます^^

逆ホーンの密閉型はなかなか良いようですよ。
シミュレーションでは普通の密閉型と変わらないようですが、
細長い形状(伸ばすと)なので、空気バネが柔らかくなるためか、
圧迫感がなく、意外とのびのびと鳴るようです。
2013-11-21 木 09:53:39 | URL | Korva [編集]
羨ましい
kaneyaです。サブウーファーは口径の大きいユニットを使う必要があるかと思ってましたので、8cmユニットで30Hz帯まで出しているのが羨ましいです。

私の方は10cm口径を使っても50Hzくらいまでしか出せなかったので。

能率の良いフルレンジを見つけて、再挑戦してみようかな。
2013-11-21 木 21:08:44 | URL | kaneya [編集]
kaneyaさん、コメントありがとうございます^^

フルレンジ部は8cmですが、サブウーファーは13cmですので、
振動板の面積は、10cmの2倍程度ですね。
やはりウーファーは、ある程度の口径は必要だと思いますが、
両面バスレフの場合は、容積とダクトからなる共振系の質量と慣性に逆らってブンブン振り回す駆動力が必要なので、
ウーファーは磁気回路とボイスコイルからなる駆動系の強力なタイプが良いような気がします。

それと、超低域まで出すには、アンプは真空管でない方がいいと思います。
真空管アンプは、出力トランスの直流磁化を避けるために、ローカットフィルターが入っているはずです。
2013-11-22 金 08:55:26 | URL | Korva [編集]
訪問ありがとうございました
はじめまして ブログを始めてまだ一ヶ月にも満たない新米です。私のブログに訪問していただいた足跡を見つけました。まだまだ見てくれる人が少ないのでとても嬉しかったです。音楽は好きですが 音の事はちっともわからないし、音が聞こえれば良い位の感覚しかありません。そんな私のところに 突然宇宙人見たいな人がやって来たんで ふふ おかしくなってしまいました。会った事も話した事もない人とこうやって知り合いになるなんてブログって面白いですね、感激しています。あそうそう耳と言えば三木富雄さんという彫刻家の方が耳だけの彫刻を作っていましたよね、ミラノの割と中心になぜかその三木富雄さんの耳みたいな飾りのある建物があるんです。時々その前を通りながら耳に魅せられた人って案外居るんだなと思っていましたがもう一人ここに、、。音の事わからないながらすこし興味を持ってブログ読ませてもらいます、案外知らないうちに音の魅力に取り付かれたりするかもしれないです。どうもありがとうございました。新しい世界に興味いっぱいです。「応援クリック」   あき
2013-11-25 月 22:36:27 | URL | あき [編集]
あき様、ご訪問ありがとうございます^^

実は、よく拝見してるスピリチュアル系のサイト
「自由人のカルマヨガノート」様のコメント欄からお伺いしたのですが、
イタリアがお好きなんですね。
私も、イタリアは好きな国の上位ですから、イタリアのことが知りたくなったらまたご訪問させていただきます。
時々、海外の方からもスピーカについて、お問い合わせが来るのですが、
そう言えば、最初の問い合わせはイタリアの方でしたね。
宇宙人ですか・・・なぜかよく言われます。
あるスピ系の方にも、あなたは地球で転生をくり返してきた人ではなく、
魂が宇宙人ですねと言われたこともありますし、
昔の友人とも、なんだか異星人の中で暮らしてる感じだよね、
という話でしみじみと共感したこともありましたね。
変な話で済みません^^;
2013-11-26 火 10:23:30 | URL | Korva [編集]
こんばんは
今日のFC2ブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いしま
2013-11-29 金 19:48:39 | URL | 友遊クラブ [編集]
友遊クラブ様、
ブログランキングの見方がよくわからないのですが、
こちらこそよろしくお願いします。
最近はスピーカーばかりですが、
将棋は子供の頃好きでよくやっていました。
2013-11-30 土 10:56:24 | URL | Korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ