■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

おそらく究極のバックロードホーン?
さて、またKorvaの妄想ネタですよ^^;

今年は、Laulu-D10 と Halmonia と Korkea-B10 で手一杯なので、
作るとしても来年になると思いますが・・・

それは、おそらく究極のバックロードホーン、
スタガード・バックロードホーン(Staggered Back Loaded Horn)です。

スタガー・バックロード・ホーン

上の画像がそれですが、
空気室と長さの違うホーンをそれぞれ2つ備えています。
スタガード・バスレフのBLH版ということで、
スタガードBLHと言うことですね。
呼び方は、それぞれの人が自分の分かりやすいように呼べばいいのですが、
とりあえず、このブログでは、スタガードBLHと呼ぶことにして、
一つの空気室に2つのホーンが接続された、デュアルBLH(下図)と区別したいと思います。

デュアル・バックロード・ホーン

このスタガードBLHの何が究極かというと、
長さの違うホーンによってピークやディップを均すことが出来るのに加えて、
それぞれのホーンを、その再生帯域に特化した設計にすることが出来、
なおかつそれぞれのホーンを独立して駆動できると言うことです。

以前シミュレーションによるデュアルBLHの設計法を紹介しましたが、
あれは厳密に言えば、スタガードBLHの設計法です。
デュアルBLHでもシミュレーションの結果は近似すると考えられますが、
スタガードBLHであれば、既存のシミュレーションソフトで、
特性をかなり正確にシミュレートすることができるので、
設計においても比較的容易になり、これもスタガードBLHの大きなアドバンテージです。

BLHの魅力を味わうと言う意味においては、小さいホーンの方が有利です。
大きいホーンは、どうしても音がぼわんぼわんしてしまいますし、
ホーンの駆動力を上げるために、強力なドライバーを採用しても、
ドライバーの音色とホーンの音色の乖離は大きくなります。
ホーンを長く大きくするとどうしても空気バネが柔らかくなり、
トランジェント特性の優れた硬く速い低音というのは再生困難になります。

しかし、スタガードBLHであれば、ショートホーンは、
ロングホーンの挙動から完全に独立して、
別のドライバーにより、軽々と駆動することができるので、
ロングホーンによってローエンドを伸ばしつつ、
ショートホーンによってトランジェント特性に優れた低音の再生も可能になります。

実用的なサイズというこになると、
8cmフルレンジ2発と言う感じになると思います。
板取から言うと、10cm2発でもいけそうですが、かなり巨大になりますね・・・

SBLH_20131105


デザイン的には、上の絵の様な感じになると思います。
ちょっと格好良くないですか?

Korvaにしては珍しく、前面開口型ですが、
BLHでしか味わえない音の世界ということになると、
やはり前面開口型かなぁと・・・
ドンッ!バンッ!という激しい衝撃音はBLHでしか出せませんし、
それが最も良く再現できるのは前面開口型かなと。
いわゆるドンパチ系の再生に特化した感じですかね・・・
まぁ、予定なので、すぐにころころ変わりますけどね。
関連記事
スポンサーサイト


バックロードホーン | 10:55:43 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
聞いてみたいです。
面白そうなアイディアですね。
Torvi-S10でFOSTEX FF105WK がいいなぁと感じているので、多少大きくなっても10cmユニットでの音を聞いてみたいですね。
2013-11-06 水 23:24:33 | URL | ぶんちん [編集]
ぶんちんさま、その節はありがとうございました^^

シミュレーションでは、
かなり低域をフラットにすることができる方式ですので期待していますが、
実際はどうなるかは分かりません・・・
しかし、BLHはシミュレーションより、
実際の方がフラットになることも多いようです。

8cmか10cmかは、
実際に設計して、板取が効率的な方を作る予定です。
91cm*182cmの板から作るので、
10cm2発なら、高さ91cmのフロア型になると思います。
2013-11-07 木 16:17:20 | URL | korva [編集]
遅ればせながら・・・。

フロントホーンもつけて3ホーンスピーカーとして昨年度のStereo誌コンテストに参加している鈴木清一郎氏のホームページで、音道長の違うバックロードホーンを同時に鳴らして問題なしだったので制作したと書かれていました。ですから、全く問題なく動作できると思います。

私はやったことがないのですが、スピーカー工作の本によると、ユニットを2個並べて鳴らすと、振動板の面積が増えることによって低域はやや強まり、音の干渉によって高域はやや弱まるそうです。それも考えに入れてユニットを選ぶ必要があるかもしれません。
2013-11-08 金 19:59:31 | URL | kaneya [編集]
kaneyaさん、情報ありがとうございます^^

なるほど、鈴木氏の長さの違うBLHを同時に鳴らすというのは、
シンプルで分かりやすい実験ですね。

ユニットは複数使用で、低域の空振りが減るようですね。
高域の相互干渉による減衰は、
小口径フルレンジだとそれほど問題にならないようです。
8cm2発のLaulu-SD08では、それほどハイ落ちにはなりませんでした。
10cm2発だとそれよりはハイ落ちになりそうですが・・・
Mark Audioの10cmの紙コーンとメタルコーンの同時使用というのも面白そうです。
紙コーンの方はハイ落ちなので、相互干渉が減りそうです。
2013-11-09 土 10:52:46 | URL | korva [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ