■プロフィール

Korva

Author:Korva

コルバのブログへようこそ♪
"Korva"とはフィンランド語で「耳」という意味。なぜかスピーカーのことを考えてると幸せ。よい音とは何か、そして理想のスピーカーとは何かを日々考え追求しています。

ホームページは → こちら

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Laulu-D10 の製作開始

Laulu-d10


Halmonia と Korkea-B10 の設計と平行して、
10cm用のバスレフ・エンクロージャーの Laulu-D10 の製作を始めました。
Halmonia と Korkea-B10 は、設計に時間がかかりそうなので・・・

このLaulu-D10は、以前から作りたいと思っていた、
デュアル・ポート(デュアル・ダクト)バスレフです。
長さの違うポートを、2本 備えています。
もちろん、異なる長さのポートが複数あっても、
バスレフとして機能する場合の、共振周波数は単一です。

市販品でも、バスレフポートが2つのものはありますが、
それは、同じ長さのポートが2つの、ツイン・ポート・バスレフなので、
デュアル・ポート・バスレフとはコンセプトが違います。

余談ですが、この"Dual"という単語には、
性質の異なる2つのものというニュアンスがあるので、
Korvaは、デュアル BLH とか デュアル・ポートとか言っています。
日本で言うところの、ダブル・コーンも、
性質の異なる大小2つのコーンということで、
英語圏ではデュアル・コーンと言うようです。
ツインだと、同じものが2つ、
ダブルだと、通常サイズの同じものが2倍と言うニュアンスでしょうか?

バスレフポートは、空気室+ポートという共振系により、
低い周波数で共振し、低域の補強をするのは普通に知られた動作ですが、
バスレフポート自体が、共鳴管としての動作により、
中域や高域で余計なノイズを発生させてしまうという弊害もあります。

筒を吹いてみれば分かりますが、「ポーポー」鳴りますよね。
楽器のパンフルートみたいなものです。
それと同じ現象で、バスレフポートも、
その長さに応じて、一定の周波数でポーポー鳴るわけです。
ただし、バスレフポートの場合、
容積の空気バネが、ハイカットフィルターとして機能するので、
パンフルートのように大きな音ではポーポー鳴りませんが。

このデュアルポート・バスレフは、
長さの違う2本のポートによって、ポート自体の共鳴周波数を分散して、
特定の周波数での強い共鳴音の発生を抑え、
付帯音が少なく、癖の無い中・高音を実現しようという方式です。

バスレフポートが共鳴管として発生する付帯音の大きさは、
ポートの断面積に比例するので、
このLaulu-D10のように、細いポートの場合は、
付帯音自体が小さい筈なので、デュアルポートにしても、
実際に耳で聴いて効果が分かるかどうかは怪しい感じですが・・・
断面積の大きなポートの場合は、効果的かもしれませんね。

しかし、原理的には、この方式により、
ポートの発する付帯音自体は少なくなるはずなので、
普通のシングルポート・バスレフよりは、
中域・高域のクオリティーは向上するのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト


Laulu-D10 | 10:20:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ